(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第八章 性知識に関するタブー n.2

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第8章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

 第八章 性知識に関するタブー n.2

 性的な事実についてほとんど語らないことは(も),大部分は異なる部門に属することであるが,少なくとも部分的には,同じような動機に根ざしている。無知のままにしておかなくてはならなかったのは,最初は,女性だけであり,女性の無知は,男性支配に向けての一助として望まれた(のであった)。けれども,しだいに女性は,無知こそ貞節(性的美徳)にとって不可欠なものだという見解を黙認するようになった。そして,部分的には彼女らの影響を通して,子供や若い人々は(も),男女を問わず,性に関する事柄についてはできるだけ無知であるべきだと考えられるようになった。この段階で,その動機は,支配の(ための)動機ではなくなる,不合理なタブーの領域へと移っていった。無知が望ましいかどうかという問いは,絶対に吟味されず,無知は害を及ぼすという証拠を示すことは違法でさえある。この問題についてのテキスト(検討材料)として,1929年4月25日付けの「マンチェスター・ガーディアン」紙から,次の抜粋を引用してもよいであろう。
 アメリカのリベラル派の人々は,メアリー・ウェア・デネット夫人裁判の結果に衝撃を受けている。夫人は,猥褻文書を郵送した罪で,昨日,ブルックリンの連邦陪審(員団)から有罪の評決を受けたことが判明した。デネット夫人は,子供のために性の基本的な事実を品位ある言葉で説明した,評価も高く,広く使用されている,パンフレットの著者である。夫人は,5年の禁固刑か,あるいは,一千ドルの罰金か,あるいは,この両方の判決を下される事態に直面している。
 有名なソーシャル・ワーカーであるデネット夫人は,成人した二人の息子の母親であり,もともと二人を教育するために,11年前にこのパンフレットを書いたのだった。医学雑誌に掲載され,編集者の依頼でパンフレット形式でリプリントされた(ものであった)。多数の指導的な医師,牧師,社会学者の推奨を得ており,すでに数千部がYMCAやYWCAによって配布されている。ニューヨーク郊外の高級住宅地であるブロンクスビルの市立学校システムにおいてさえも使用されてきたものである。
 ニューイングランド出身の連邦判事で裁判長のウォレン・B・バローズは,上述(前述)の事実をすべて無視し,証言しようと待機していた高名な教育者や医師たちが意見を述べること(証言台に立つこと)も,有名な著述家によるデネット夫人の著作を是認する意見を陪審員団が聞くことも拒否した。裁判は,事実上,年配のブルックリンの既婚の男性たちで構成されている陪審員団に,パンフレットを音読して聞かせることで成り立っていた(音読するだけで終わった)。陪審員はすべて,H・L・メンケンやハヴュロック・エリスの著書を一冊も読んだことがないという理由で選ばれていた。読んでいないというテスト(確認)は,検察官(注:prosecuting attorney 米国の検察官)によってなされた。
 「ニューヨーク・ワールド」紙が,もしデネット夫人の著作の配布が許可されなければ米国の若者に性の事実に関する平明かつ率直な説明をする見込みはまったくない,と言っているのは正しいことは,明らかであると思われる。この訴訟事件は,上級裁判所に控訴されることになるだろうが,そこでの判決は,最大の関心をもって待たれるであろう。

Chapter VIII: The Taboo on sex knowledge, n.2

Reticence about sexual facts, though it belongs in the main to a different department, has had its origin, at least in part, in a similar motive. It was at first only females who were to be kept ignorant, and their ignorance was desired as a help towards masculine domination. Gradually, however, women acquiesced in the view that ignorance is essential to virtue, and partly through their influence it came to be thought that children and young people, whether male or female, should be as ignorant as possible on sexual subjects. At this stage the motive ceased to be one of domination and passed into the region of irrational taboo. The question whether ignorance is desirable is never examined, and it is even illegal to bring evidence to show that ignorance does harm. I may take, as my text on this subject, the following extract from the Manchester Guardian of April 25, 1929:
American Liberals are shocked by the outcome of the court trial of Mrs. Mary Ware Dennett, who was yesterday found guilty by a Federal jury in Brooklyn of sending obscene literature through the mails. Mrs. Dennett is the author of a highly praised and widely used pamphlet giving in dignified language the elementary facts of sex for children. She is faced with a possible sentence of five years' imprisonment or a dine of £1,000 or both.
Mrs. Dennett, a well-known social worker, is the mother of two grown-up sons, and originally wrote the pamphlet eleven years ago for their instruction. It was printed in a medical magazine and reprinted in pamphlet form at the request of the editor. It has the endorsement of scores of leading physicians, clergymen, and sociologists, and many thousands of copies have been distributed by the Young Men's and Young Women's Christian Associations. It has even been used in the municipal school system of Bronxville, a fashionable suburb of New York.
The Federal judge, Warren B. Burrows, from New England, who presided, ruled out all the foregoing facts, and refused to let any of the distinguished educators and physicians who were waiting to testify take their stand or permit the jury to hear endorsements of Mrs. Dennett's work by prominent authors. The trial virtually consisted of the reading of the pamphlet aloud to a jury of elderly Brooklyn married men, all of whom had been chosen because they had never read any of the works of H. L. Mencken or Havelock Ellis, a test applied by the prosecuting attorney.
It seems clear that the New York World is correct when it says that if Mrs. Dennett's work is not permitted to circulate then there is no hope of putting any plain, honest statement of the facts of sex before young people in America. The case will be the subject of an appeal to a higher court, whose decision will be awaited with the greatest interest.
(掲載日:2016.08.06 /更新日: )