(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』

第3章「家父長制度」 n.1(松下彰良・訳)

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第3章イントロ累積索引 Contents(総目次)

第三章 家父長制度 (承前)

 家系をたどる方法の変容(一変)とともに、当然のこと、経済制度も変わった。母系社会では、男子は母方のおじから相続する。家父長制社会では、父から相続する。家父長制社会における父と息子との関係は、母系社会に存在する男同士の間のいかなる関係よりも密接である。というのは、先に見たように、(現代の)我々が,当然,父親にあると思っている(帰属している)機能・役割は、母系社会においては、父親と母方のおじとに二分されているからであり,(即ち)愛情と世話は父親から与えられるのに対して、権力と財産は母方のおじから与えられるからである。従って、家父長制の家族は、もっと原始的なタイプの家族よりも、結びつきが一段と緊密なもの(注:affair = もの)であることは明らかである。
 男性が花嫁に処女性を望むようになったのは,家父長制度が導入されてはじめてであると思われる。母系制度が存在しているところでは、娘たちは、若い男と同じよに、自由奔放に遊びまわっている(注:"sow wild oats" :若気の至りで馬鹿なことをする;幾度も女遊びをする)。しかし、結婚以外の性交はすべて邪悪であるということを女たちに納得させることが非常に重要になってくると、こういうことは大目に見てもらえなくなった(たえてもらえなくなった)。

Chapter III: Patriarchal Systems

The economic system naturally changed at the same time that the method of reckoning descent was transformed. In a matrilineal society a man inherits from his maternal uncle; in a patrilineal society he inherits from his father. The relation of father and son in a patrilineal society is a closer one than any relation between males which exists in a matrilineal society, for, as we have seen, the functions which we naturally attribute to the father are divided in a matrilineal society between the father and the maternal uncle, affection and care coming from the father, while power and property come from the maternal uncle. It is clear, therefore, that the patriarchal family is a more closely knit affair than the family of a more primitive type.
It would seem that it is only with the introduction of the patriarchal system that men came to desire virginity in their brides. Where the matrilineal system exists young women sow their wild oats as freely as young men, but this could not be tolerated when it became of great importance to persuade women that all intercourse outside marriage is wicked.



(掲載日:2016.06.10/更新日: )