(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』

第2章「母系社会」 n.3(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Forward (次ページ) 第2章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

第二章 母系社会 (承前)

 トロブリアンド諸島民の間では、人間には父親がいる(父親がいなければ子どもは生まれない)ことが知られていないという事実は、マリノフスキーによって、疑問の余地のないまでに立証された(立証されている)。彼はたとえば、次のような発見をしている。即ち、ある男が一年あるいはそれ以上航海に出かけていて、帰ってきて妻に生まれたばかりの赤ん坊がいるのを知ると、大喜びし、ヨーロッパ人たちが、彼の妻の貞節に関する疑問を示唆するようなほのめかしをしてもまったく理解できない、といったことである。(父性の存在についての無知の)恐らくそれ以上にもっと説得力のある話として、マリノフスキーは,優良種の豚を所有している男がオス豚を全部去勢する習慣があり、そういうことをすれば品種の低下を伴う(もたらす)ということをその男が理解しなかった,ということを発見している。
 子供は霊(spirits)が連れてきて、その霊が子供の母親に(子供を)挿入する、と信じられている(考えられている)。処女が妊娠できないことは認識されているが、それは処女膜が霊の活動に対して物理的な障害(物)になるからである、と考えられている。未婚の男や娘は、完全な自由恋愛の生活をしているが、理由はさだかではないけれども、未婚の娘はめったに妊娠しない。土着の人々の哲学によれば、彼らがどんなことをしようとも、妊娠の原因にはならない(ということになっている)にもかかわらず、まことに奇妙なことに、未婚の娘が妊娠すると、不名誉なことだと考えられる。早晩、娘は変化(いろいろなこと)にあきて結婚する。彼女は、夫の村へ行って生活するが、彼女とその子供は、相変らず彼女(妻)の出身の村に所属するとみなされる。彼女の夫は子供との血縁関係がまったくないと考えられており、血統はもっばら女性側の家系でたどられる。ほかの場所では父親によって行使されている子供を支配する権限(権力)は、トロブリアンド諸島民の間では、母方のおじに付与されている。
 ところが、ここで、非常に奇妙で込み入った問題が持ちあがってくる。男女の兄弟姉妹間の(性に関する)タブーは、きわめて厳しく、そのため、兄弟姉妹が成人した後では、どんなに遠回しなものであっても,性に関する事柄を話題にすることは絶対に許されない。その結果、母方のおじは、子供を支配する権限は持っているけれども、子供が母親と家を離れてやってくるとき以外は、子供たちと会うことはほとんどない。この素晴らしい制度によって、子供たちは、他のところでは見られない、一定の躾抜きの愛情を保障されている。子供の父親は、いっしょに遊んでくれるし、好意的であるけれども、子供にあれこれ命令する権限はない。一方、母方のおじは、あれこれ命令する権限はあっても、その場に居合わせる権限はないのである。

Chapter II Matrilineal Societies

The fact that among the Trobriand Islanders people are not known to have fathers has been established by Malinowski beyond question. He found, for example, that when a man has been away on a voyage for a year or more and finds on his return that his wife has a new-born child, he is delighted, and quite unable to understand the hints of Europeans suggesting doubts as to his wife's virtue. What is perhaps still more convincing, he found that a man who possessed a superior breed of pigs would castrate all the males, and be unable to understand that this involved a deterioration of the breed. It is thought that spirits bring children and insert them into their mothers. It is recognized that virgins cannot conceive, but this is supposed to be because the hymen presents a physical barrier to the activities of the spirits. Unmarried men and girls live a life of complete free love, but, for some unknown reason, unmarried girls very seldom conceive. Oddly enough, it is considered disgraceful when they do so, in spite of the fact that, according to native philosophy, nothing they have done is responsible for their becoming pregnant. Sooner or later a girl grows tired of variety and marries. She goes to live in her husband's village, but she and her children are still reckoned as belonging to the village from which she has come. Her husband is not regarded as having any blood relationship to the children, and descent is traced solely through the female line. The kind of authority over children which is elsewhere exercised by fathers is, among the Trobriand Islanders, vested in the maternal uncle. Here , however, a very curious complication comes in. The brother-and-sister taboo is exceedingly severe, so that after they are grown up brother and sister can never talk together on any subject connected, however remotely, with sex. Consequently, although the maternal uncle has authority over the children, he sees little of them except when they are away from their mother and from home. This admirable system secures for the children a measure of affection without discipline which is unknown elsewhere. Their father plays with them and is nice to them but has not the right to order them about, whereas their maternal uncle, who has the right to order them about, has not the right to be on the spot.



(掲載日:2016.06.04/更新日: )