(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA27-060)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 16(Effort and Resignation)   Contents (総目次)
 第16章 努力と諦め(あきらめ)(承前)

 活動的な人びとの多くは、ほんのわずかな一片の諦め、ごくかすかなユーモアのひらめきが(でさえ)、仕事をするエネルギーや、成功をかち得る−−と彼らが思いこんでいる−−'決意'を、打ちくだいてしまうだろう、と考えている。私の考えでは、こういう人たちは間違っている。やる価値のある仕事は、その仕事の難しさについてあるいは容易さについて'自己欺瞞に陥っていない人びと'によっても、同じようになされることができる。自己欺瞞に支えられているときにしか仕事のできない人たちは、自分の職業を続ける前に、まず最初に、真実に耐えることを学習したほうがよい。なぜなら、'神話'にささえられる必要があるようでは、おそかれ早かれ、彼らの仕事は、有益どころか、有害なものになってしまうだろうからである。有害な行為をするよりも(するくらいならば)、何もしないほうがいい。世界における有益な仕事の半分は、有害な仕事と闘うことから成り立っている。'事実を正当に評価する'ことを学ぶために少し時間を費やしても、それは時間の無駄とはならない。その後(学習後)になされる仕事は、活力を刺激するために絶えず自我を膨張させる必要のある人たちがする仕事よりも、ずっと有害でなくなる傾向がある。自分自身についての真実の姿に進んで向き合おうとする態度には、ある種の'諦め'が伴っている。この種の'諦め'は、初めのうちは苦痛を伴うかもしれないが、最後には、自己欺瞞に陥っている人が陥りやすい'失望と幻滅'に対する防御−−事実、唯一可能な防御−−を与えてくれる。長い眼でみれば、日毎に信じがたくなる事柄を日毎信じようとする努力ほど、疲れるものはないし、苦痛をつのらせるものはない。こうした努力をなくすることは、確実かつ永続的な幸福の不可欠の条件である。

 

 

 

Many active people are of opinion that the slightest grain of resignation, the faintest gleam of humour, would destroy the energy with which they do their work and the determination by which, as they believe, they achieve success. These people, in my opinion, are mistaken. Work that is worth doing can be done even by those who do not deceive themselves either as to its importance or as to the ease with which it can be done. Those who can only do their work when upheld by self-deception had better first take a course in learning to endure the truth before continuing their career, since sooner or later the need of being sustained by myths will cause their work to become harmful instead of beneficial. It is better to do nothing than to do harm. Half the useful work in the world consists of combating the harmful work. A little time spent in learning to appreciate facts is not time wasted, and the work that will be done afterwards is far less likely to be harmful than the work done by those who need a continual inflation of their ego as a stimulant to their energy. A certain kind of resignation is involved in willingness to face the truth about ourselves; this kind, though it may involve pain in the first moments, affords ultimately a protection - indeed the only possible protection - against the disappointments and disillusionments to which the self-deceiver is liable. Nothing is more fatiguing nor, in the long run, more exasperating than the daily effort to believe things which daily become more incredible. To be done with this effort is an indispensable condition of secure and lasting happiness.

(掲載日:2006.08.06/更新日:2010.5.3)