(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA23-010)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 12(Affection)   Contents (総目次)
* E.フロム「自由からの逃走」(マナペディアから)

 熱意の欠如の主な原因の1つは,自分は愛されていないという感情である。一方,反対に,愛されているという感情は,他のいかなるものにもまして熱意を促進する。人は,さまざまな理由で,自分は愛されていないという感情を持つ(可能性がある)。人は自分自身を,誰もがどうしても愛せないような,とてもいやな人間である,と考えるかもしれない。子供の頃,他の子供に与えられる(愛情)よりもより少ない愛情の分け前で我慢しなければならなかった(←自分自身を慣らさなければならなかった)かもしれない。あるいは,実際に,誰からも愛されない(←誰も愛さない)ような人間なのかもしれない。しかし,この後者の結果においては,愛されない原因は,多分,幼いころの不幸のせいで自信を喪失していることにあるだろう。自分は愛されていないと感じる人は,その結果,さまざまな態度をとるだろう(可能性がある)。彼(彼女)は,愛情を得るために,多分,並みはずれた親切な行為によって,必死の(絶望的な)努力をするかもしれない。しかし,そのようなことをしても,失敗する可能性が非常に高い。なぜなら,親切な行為の動機は,その親切を受ける者(恩恵を受ける人)に感得されるからであり,また,人間性は,愛情を最も要求しないように思われる人に最も進んで与える,というようにできているからである。それゆえ,親切行為によって愛情を獲得しようと努力する人は,人間の忘恩を経験して,幻滅することになる。彼が獲得しよう(←買おう)としている愛情は,その代価として差し出す'物質的な利益(恩恵)'よりもはるかに価値があるものだということが,彼には決して思い浮かばない。しかしそれにもかかわらず,実はまさにそのとおりである(代価としての物質的利益よりずっと価値がある)という感情が,彼の行動の根底にあるのである。別の人は,自分が愛されていないことに気づくと,戦争や革命を扇動したり,スウィフト主任司祭(Jonathan Swift, 1667-1745)のように毒筆によって(毒筆をふるって),世間に復讐しようとしたりするかもしれない。これは,不運(不幸な出来事)に対する英雄的な反応であり,(自分以外の)世界を敵に回して闘えるほど十分な性格の強さ(強い性格)を必要とする。そのような'高み'に達することができる人は,ほとんど存在しない。男女とも,大多数の人びとは,自分が愛されていないと感じると,臆病な絶望の中に沈みこみ,時々,'ねたみ'や'悪意'をほんの少し示すことによってのみ慰められる。概して,そのような人びとの生活は,極度に自己中心的になり,愛情の欠如が彼らに不安(定)感を与え,そして本能的にその不安(定)感から逃れようとして,生活が徹底的かつ完全に習慣に支配されるのを許してしまう。なぜなら,われとわが身を変化のない日課(決まり切った仕事)の奴隷にする人たちは,一般に,冷たい外界に対する恐怖及び,いつもと同じ道(前日歩いた道と同じ道)を歩いてさえいれば冷たい外界と衝突することはないだろうという感情に駆られて行動するからである。
(松下注:できるだけ多くのことに興味を持てることは,本書で前述されているように,「幸福の秘訣」である。しかし,むやみに多趣味で(多趣味を自慢し),何かしていないと不安になるようでは,ラッセルが上記で指摘するように,「不安から逃れている」だけではないか

http://www.animationlibrary.com/a-l/

One of the chief causes of lack of zest is the feeling that one is unloved, whereas conversely the feeling of being loved promotes zest more than anything else does. A man may have the feeling of being unloved for a variety of reasons. He may consider himself such a dreadful person that no one could possibly love him; he may in childhood have had to accustom himself to receiving less love than fell to the share of other children; or he may in fact be a person whom nobody loves. But in this latter event the cause probably lies in a lack of self-confidence due to early misfortune. The man who feels himself unloved may take various attitudes as a result. He may make desperate efforts to win affection, probably by means of exceptional acts of kindness. In this, however, he is very likely to be unsuccessful, since the motive of the kindnesses is easily perceived by their beneficiaries, and human nature is so constructed that it gives affection most readily to those who seem least to demand it. The man, therefore, who endeavours to purchase affection by benevolent actions becomes disillusioned by experience of human ingratitude. It never occurs to him that the affection which he is trying to buy is of far more value than the material benefits which he offers as its price, and yet the feeling that this is so is at the basis of his actions. Another man, observing that he is unloved, may seek revenge upon the world, either by stirring up wars and revolutions, or by a pen dipped in gall, like Dean Swift. This is an heroic reaction to misfortune, requiring a force of character sufficient to enable a man to pit himself against the rest of the world. Few men are able to reach such heights; the great majority, both of men and women, if they feel themselves unloved, sink into a timid despair relieved only by occasional gleams of envy and malice. As a rule, the lives of such people become extremely self-centred, and the absence of affection gives them a sense of insecurity from which they instinctively seek to escape by allowing habit to dominate their lives utterly and completely. For those who make themselves the slaves of unvarying routine are generally actuated by fear of a cold outer world, and by the feeling that they will not bump into it if they walk along the same paths that they have walked along on previous days.

(掲載日:2006.04.07/更新日:2010.5.2)