(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap.10:Happiness still possible?)   Contents(総目次へ)
 高度な教育(注:現在で言えば高等教育)を受けた社会構成員のなかで,今日最も幸福なのは,科学者である。科学者のなかで最も著名な人たちの大部分は,情緒的には単純で,従事している仕事から深い満足を得ているので,食べることから,また結婚からさえ,快楽を得ることができるほどである。芸術家や文学者は,結婚生活が不幸であることが職業柄必要(←礼儀上必要)だと考えているが,科学者はしばしば,いまだに'古風な家庭生活の幸福'が可能である。その理由は,彼ら科学者の知性の高級な部分はすべて仕事に吸収されてしまっており,彼らが果たすべき役割のない領域に踏みこむことは許されないからである。科学者は仕事の上で幸福であるが,その理由は,現代世界において科学は進歩的かつ強力であり,またその重要性は科学者自身にも一般人にも全く疑われていないからである。それゆえ--単純な感情は,障害物にぶちあたることがまったくないので--,科学者は複雑な感情を持つ必要がない感情の複雑さは,川の中の'泡'のようなものである。'泡'は,川のスムースな水の流れを妨げる障害物によって生じる。しかし,川の活発なエネルギーも,妨げられることがないかぎり,水面に'さざ波'ひとつ立てず,その力(の存在)も,よく注意していない人(観察していない人)にはわからない。
 科学者の生活の中には,幸福のための条件が全て実現されている。科学者は,自分の能力を最大限に発揮する活動に従事しており,彼自身にとってだけでなく,一般大衆にとっても--たとえ大衆にほとんど理解されなくても--重要と思われる成果を達成する。この点で科学者は,芸術家よりも幸運である。一般大衆は,絵や詩が理解できないときには,それは,下手な絵であるとか,下手な詩であると結論を下す(右のイラスト参照)。一方,(アインシュタインの)相対性理論がわからないときには,(正当にも)自分の受けた教育が不十分なものであったと結論する。その結果,アインシュタインは尊敬され栄誉が与えられるが,一方,最もすぐれた画家たちは'屋根裏部屋'で飢えるままにしておかれる。そうして,アインシュタインは幸福であるが,一方,画家たちは不幸である。気のあったグループ(仲間や同人)内に閉じこもって冷たい外の世界を忘れることができれば別だが,そうでない限り,(自分をとりまく)大多数の人間の懐疑主義に抗して,絶えず自己主張をしなければならない生活において,本当に幸福になれる人は,ほとんどいない。科学者は,仲間グループ(同人)などは必要ない。同僚(研究競争相手)を除いて,すべての人から良く思われているからである(皮肉ですね)。これに反して,'芸術家'は,軽蔑されるかあるいは卑屈になるか,いずれかを選ばなければならない,という辛い立場に置かれる。彼の才能が第一級であれば,これらの不運のどちらかを必ず招くことになる。才能を発揮すれば前者を招き,発揮しなければ後者を招く。このような事態は,いつの時代でも,またどの地域でも,存在したわけではない。すぐれた芸術家でさえ,しかも芸術家が若いときでさえ,尊敬された時代があった。ユリウスニ世は,ミケランジェロを酷使したかもしれないが,ミケランジェロには絵を描く能力がないなどと思ったことは一度もなかった。現代の億万長者(←百万長者)は,年取った芸術家が創作力を失ってしまった後になって,彼らの上にお金を雨のように降らせることはあるかも知れないが,芸術家の仕事は自分の仕事に劣らず重要であるとは夢にも思わない。芸術家が概して科学者よりも幸福でないのは,たぶん,こうした事情と多少とも関係があるだろう。


Of the more highly educated sections of the community, the happiest in the present day are the men of science.  Many of the most eminent of them are emotionally simple, and obtain from their work a satisfaction so profound that they can derive pleasure from eating and even marrying. Artists and literary men consider it de rigueur to be unhappy in their marriages, but men of science quite frequently remain capable of old-fashioned domestic bliss. The reason for this is that the higher parts of their intelligence are wholly absorbed by their work, and are not allowed to intrude into regions where they have no functions to perform. In their work they are happy because in the modern world science is progressive and powerful, and because its importance is not doubted either by themselves or by laymen. They have therefore no necessity for complex emotions, since the simpler emotions meet with no obstacles. Complexity in emotions is like foam in a river. It is produced by obstacles which break the smoothly flowing current. But so long as the vital energies are unimpeded, they produce no ripple on the surface, and their strength is not evident to the unobservant.
All the conditions of happiness are realised in the life of the man of science. He has an activity which utilises his abilities to the full, and he achieves results which appear important not only to himself but to the general public, even when it cannot in the smallest degree understand them. In this he is more fortunate than the artist. When the public cannot understand a picture or a poem, they conclude that it is a bad picture or a bad poem. When they cannot understand the theory of relativity they conclude (rightly) that their education has been insufficient. Consequently Einstein is honoured while the best painters are left to starve in garrets, and Einstein is happy while the painters are unhappy. Very few men can be genuinely happy in a life involving continual self-assertion against the scepticism of the mass of mankind, unless they can shut themselves up in a coterie and forget the cold outer world. The man of science has no need of a coterie, since he is thought well of by everybody except his colleagues. The artist, on the contrary, is in the painful situation of having to choose between being despised and being despicable. If his powers are of the first order, he must incur one or the other of these misfortunes - the former if he uses his powers, the latter if he does not. This has not been the case always and everywhere. There have been times when even good artists, even when they were young, were thought well of. Julius II, though he might ill-treat Michael Angelo, never supposed him incapable of painting pictures. The modern millionaire, though he may shower wealth upon elderly artists after they have lost their powers, never imagines that their work is as important as his own. Perhaps these circumstances have something to do with the fact that artists are on the average less happy than men of science.
* 下イラスト:B. Russell's The Good Citizen's Alphabet, 1953.から

(掲載日:2005.12.14/更新日:2010.04.23)