(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I(Causes of Unhappiness), Chap.7:The sense of sin   Contents(総目次へ)
 しかし、その反逆(名目だけの道徳に対する反逆)が成功し、個人の幸福をもたらし、1つの基準のもと一貫性をもって暮らし、2つの基準の間でゆれることのないようにするためには、理性が告げる(命じる)ところをよく考え、深く感じる必要がある。大部分の人は、幼少時代の迷信を'表面的に'投げ捨ててしまうと、なすべきことはそれですべてお仕舞いと考える。彼らは、こういう迷信がなおも地下に潜伏している(意識下にひそんでいる)ことに気づいていない。合理的な確信に達したときには、その確信について十分考え、その帰結に徹底的に従い、新しい確信と矛盾するような信念が別の方法で生き残ってはいないかどうか、自分の心の中を捜してみる必要がある。また、罪の意識が強くなったときには--ときどきはそうなるだろうが--それを神からの'啓示'であるとか、高次のものへの誘い(呼びかけ)であるというように考えずに、--当然のことながら、その罪の意識が、合理的な道徳が非難するようなある種の行為によって引き起こされたものでない限り--それは、1つの病気であり、1つの弱さであると考えなければならない。私は、人間には道徳が不要だと言っているのではない。人間には迷信に基づくような道徳は、必要ないと言っているにすぎないのであり、両者は、非常に異なったものである。  
But if the rebellion is to be successful in bringing individual happiness and in enabling a man to live consistently by one standard, not to vacillate between two, it is necessary that he should think and feel deeply about what his reason tells him. Most men, when they have thrown off superficially the superstitions of their childhood, think that there is no more to be done. They do not realise that these superstitions are still lurking underground. When a rational conviction has been arrived at, it is necessary to dwell upon it, to follow out its consequences, to search out in oneself whatever beliefs inconsistent with the new conviction might otherwise survive, and when the sense of sin grows strong, as from time to time it will, to treat it not as a revelation and a call to higher things, but as a disease and a weakness, unless of course it is caused by some act which a rational ethic would condemn. I am not suggesting that a man should be destitute of morality, I am only suggesting that he should be destitute of superstitious morality, which is a very different thing.

* カット写真:(東京上野)「不忍池の'蓮の花'」(2005.07.??撮影)

(掲載日:2005.08.05/更新日:2010.4.2)