(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness(松下彰良・訳)

Back Next  Part I, Chap.1: What makes people unhappy?
Contents(総目次
 不幸の心理的な原因は,明らかに,多種多様である(悩み相談サイトの例)。しかし,いかなる不幸にも,共通点がある。不幸な人間の典型は,若いときに何らかの正常な満足を奪われたため,その一種類の満足を他の何よりも価値があると思うようになり,それゆえ,自分の人生に一方的な方向性を与え,その目的に関連した活動ではなく,その目的の達成のみをまったく不当に強調するようになった人である。しかし,現在(=1930年頃)では,事態はもっと先をいっており(悪化しており),それがごく一般的となっている。完全に挫折したと感じ,満足を得ようとは一切しないで,気晴らしと忘却のみを人は求めるかもしれない。そうして,彼は,(一時的)快楽を追い求めるようになる。すなわち,非活動的になることで,人生を耐えられるものにしようとする。
 たとえば,泥酔は,一時的な自殺(行為)であり,酒のもたらす幸福は,単に消極的な,不幸の一瞬の休止にすぎない。ナルシシストも,誇大妄想狂も,幸福を得るのに誤った手段を採るかもしれないが,幸福は可能だと信じている。どのような形にせよ,陶酔を求める人は,忘却以外の希望をあきらめてしまっている。
 そういう人の場合,真っ先になすべきことは,幸福は望ましいものだ,ということを自分自身に納得させることである。不幸な人たちは,不眠症の人たち同様,いつも不幸であることを自慢にしている。多分,彼らの自慢は,尻尾(しっぽ)を失ったキツネの自慢(その1) (その2)と同様なものだろう。もしそうであるならば,それを治す方法は,新しい尻尾の生やし方を彼らに示してやることである。
 幸福になる方法を見つけたならば,わざわざ不幸を選ぶ人はほとんどいないだろう,と私は信じている。そういう人たちがいることは否定しないが,注目に値するほど多数ではない。だから,私は,読者は不幸であるよりも幸福であることを望むものと想定する。この望みを実現する手助けができるかどうか,私にはわからない。しかし,少なくとも,そうした企てをしても実害はないだろう。
The psychological causes of unhappiness, it is clear, are many and various. But all have something in common. The typical unhappy man is one who, having been deprived in youth of some normal satisfaction, has come to value this one kind of satisfaction more than any other, and has therefore given to his life a one-sided direction, together with a quite undue emphasis upon the achievement as opposed to the activities connected with it. There is, however, a further development which is very common in the present day. A man may feel so completely thwarted that he seeks no form of satisfaction, but only distraction and oblivion. He then becomes a devotee of 'pleasure'. That is to say he seeks to make life bearable by becoming less alive. Drunkenness, for example, is temporary suicide; the happiness that it brings is merely negative, a momentary cessation of unhappiness. The narcissist and the megalomaniac believe that happiness is possible, though they may adopt mistaken means of achieving it; but the man who seeks intoxication, in whatever form, has given up hope except in oblivion. In his case, the first thing to be done is to persuade him that happiness is desirable. Men who are unhappy, like men who sleep badly, are always proud of the fact. Perhaps their pride is like that of the fox who had lost his tail; if so, the way to cure it is to point out to them how they can grow a new tail. Very few men, I believe, will deliberately choose unhappiness if they see a way of being happy. I do not deny that such men exist, but they are not sufficiently numerous to be important. I shall therefore assume that the reader would rather be happy than unhappy. Whether I can help him to realise this wish, I do not know; but at any rate the attempt can do no harm.