(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル幸福論』(松下彰良・訳)

The Conquest of Happiness.
(London; Allen & Unwin, 1930.)


総目次(Contents)

第1部「不幸の原因」 第1章「人を不幸にさせるもの」(What makes people unhappy?)

  1. 動物は、健康で食べるもの十分があるかぎり、幸福である(Animals are happy so long as they have health and enough to eat.)。・・・。

  2. このような種々の不幸の原因は、一部は社会制度に、一部は個人の心理(の中)にある(The causes of these various kinds of unhappiness lie partiy in the social system, partly in individual psychology )。・・・。

  3. 私が唱道したい人生哲学・世界観への最良の導入(部)は、多分自伝を少し語ることにあるだろう(Perhaps the best introduction to the philosophy which I wish to advocate will be a few words of autobiography.)。・・・。

  4. 自己陶酔には多くの種類がある。ごくありふれたタイプとして、「罪びと」、「ナルシシスト」、「誇大妄想狂」の3つのタイプをとりあげてみよう(Self-absorbtion is of various kinds. We may take the sinner, the narcissist, and the megalomaniac as three very common types.)。・・・。

  5. ナルシシズムは、ある意味で、習慣的な罪の意識の裏返しである(Narcissism is, in a sense, the converse of an habitual sense of sin.)。・・・。

  6. 誇大妄想狂は、魅力的であるよりも権力を持つことを望み、愛されるよりも恐れられることを求める点で、ナルシストと異なる(The megalomaniac differs from the narcissist by the fact that he wishes to be powerful rather than charming, and seeks to be feared rather than loved.>・・・。

  7. 不幸の心理的な原因は、明らかに、多種多様である(The psychological causes of unhappiness, it is clear, are many and various)。・・・。

    第1部第2章「バイロン風の不幸」(Byronic Unhappiness)へ