(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB34-100.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.4 (The Foundation) 目次  Contents (総目次)

第3巻第4章 バートランド・ラッセル平和財団

 バートランド・ラッセル平和財団(の方)は,より直接的に,平和活動の'政治的な面'及び'論争点な面'を取り扱うことになっていた。また(慈善団体ではないので)ラッセル平和財団に対する寄付(金)は,金額の多少にかかわらず,通常の'贈与'としてなされている。平和財団が発足してから最初の3年間に,何千ポンドもの金が,各個人や諸団体や諸政府から寄付された。紐つきの寄付金はまったく受け付けていない。特に政府からの寄付の場合には,寄付金の提供元は寄付金の支出の仕方や支出結果についていかなる方法においても介入しない(注文を付けない),ということを,寄付者に明確にしている。
 不幸にして,平和財団創設の計画を公表しようと決定した(1963年)9月の初めに私は重い病気にかかってしまった。しかし9月末までに,すなわち,1963年9月29日に財団の創設について記者発表することができた。熱をこめた声明を私が発表した後,私の同志達が2つの財団についてそれぞれ準備したリーフレットを新聞記者たちに配付した。バートランド・ラッセル平和財団に関するリーフレットには,設立時のスポンサーのリストや,財団の目的に賛成して外部者の立場で書かれたウ・タント(国連事務総長)の書簡が載っていた。私はそれ以前から,他の諸問題と同時に平和財団の計画についても彼と語り合うととともに,彼に手紙も送っていた。彼は心から賛成していたが,国連事務総長としての立場からスポンサーになることはできないと説明していた。けれども彼は,言葉遣いに注意しながらも激励する手紙(注:リーフレットに掲載したもの)を書くことを申し出てくれた。

v.3,chap.4: Foundation

The Bertrand Russell Peace Foundation was to deal with the more immediately political and controversial side of the work, and contributions to it, whether large or small, are given as ordinary gifts. During its first three years of existence many thousands of pounds have been contributed to it, some from individuals, some from organisations, some from Governments. No contribution with strings tied to it is accepted. Particularly in the case of Government contributions, it is made clear to the donors that the source of the money will not in any way prejudice the methods or results of its expenditure.
Unfortunately, I fell very ill at the beginning of September when we had decided to make our plans public, but by the end of the month, on September 29, 1963, we were able to release them. After I had made a vehement statement,we gave the press men the leaflet that my colleagues had prepared about each Foundation. That conerning the Bertrand Russell Peace Foundation gave a list of the then sponsors, and a letter that U Thant had written for the purpose on the outside. I had talked with him about our plans among other things and written to him about them. He had been warmly sympathetic, but explained that he could not be a sponsor because of his position as Secretary-General of the United Nations. He offered, however, to write the carefully worded but encouraging letter which we printed.

(掲載日:2010.5.18/更新日:2012.7.29)