(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB33-080.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次  Contents (総目次)

第3巻第3章 トラファルガー広場

の画像
 私の87回目の誕生日を祝って,私たち夫婦は,バース(Bath)とウェルズ(Wels)とグラストンベリー(Glastonbury)を通って,ドーセットまでドライブした。私たちはアボッツベリー(注:Abbotsbury ウェイマスの北西10qにある海辺の村)の白鳥飼育所やいくつかの庭園を訪れた。そこで私たちは,偶然,孔雀の婚礼のダンス(→ 求愛ダンス?)を目撃した。孔雀は羽を精確に操り,私がそれまでに見たなかで最も魅惑的で美しい踊りであった。私たちは,私が前に一度も見たことのない,18世紀のイタリア風の小さなキングストン・ラッセル・ハウスまで,感傷的な旅(巡礼の旅)をした。キングストン・ラッセル・ハウスは,これ以上ないくらい完璧な建物であり,また,その庭や盆地の完璧な位置に(その建物は)配置されていると思った。(注:Google Map '地形'の等高線を見ると,Kingston Russell House のある場所は標高100mほどであるが,周囲は標高200m位)自分がそこで暮らせたらどんなによいかとつくづく思った。私はそのような羨望を感ずることはめったにないが,キングストン・ラッセル・ハウスは,私の心を深く動かした。また私は,わが'ラッセル家'がいっそう栄誉あるその家名をあげ始めた頃の古い農場(農園)の建物やそれらのあった村を探し出すことに,関心を持った。それはまったく申し分のない楽しい遠出(遠征旅行)であったが,どうしてだったか忘れてしまったが,何らかの理由で,途中で旅行を切り上げなければならなかった。
の画像
拡大する!(enlarge)
 そこで,自分たちに与えられた休暇を文句のないものにするために,私の誕生日が済んだ後,もう一度,長時間ドライブをしたが,こんどはピーク・ディストリクト(Peak District:英国最大の国立公園)に行った。けれども,このドライブは,楽しむという見地からすれば,完全に失敗だった。(なぜかと言うと)人が余りいなくて静かであるだろう場所が私たちのような休日の行楽客でいっぱいだった。ちょうどジェーン・オーステン(Jane Austen,1775年-1817年:英国小説家。代表作:『高慢と偏見』他)べイクウェル(Bakewell)のように,静かではあっても生命に満ち溢れているように見えるはずの場所が,政党の集会(?)で汚されていた。それらすべてがもの悲しく思われたのは,多分私たちがこの旅の最初に,私の母方のスタンレー家の祖父母が地所をもっていたオールダーレー(Alderley)を訪れて悪い印象をもったせいだろう。その家はとうに朽ち果てていた。庭だけがほったらかされて残っていた。政府があるよからぬ企画をたててそれを没収していたものだった。私は小さな机1つと,それより大きいもう1つの机の,2つの机を持っているが,それは,オールダーリーの最後の審判の日(ドゥムズデイ)に'樫の木'が切り倒されなければならなかった時,その邸宅で働いていた大工がその木から作ったもので,小さい方は私の母のために,大きい方は父のために作ったものだった。しかし,ともかくその土地の全域が私を憂欝にさせた。そこはまったく荒涼たるものだった。

v.3,chap.3: Trafalgar Square

の画像
拡大する!(enlarge)
To celebrate my eighty-seventh birthday, we drove down through Bath and Wells and Glastonbury to Dorset. We visited the swannery and gardens at Abbotsbury where, by chance, we witnessed a peacock's nuptial dance, precisely articulated, one of the most enchanting and beautiful ballets that I have ever seen. We made a sentimental pilgrimage to the small Italianate eighteenth century Kingston Russell House which I had not seen before. I thonght it most perfect and most perfectly set in its garden and valley. I wished immensely that I could myself live in it. I seldom feel this kind of envy, but Kingston Russell House touched me deeply. And I was interested in hunting out the old farm buildings and the village where my family had begun its more notable career. It was an altogether satisfactory expedition, but for some reason that I have now forgotten had to be cut short. So, to complete our allotted holiday, we went another extended drive after my birthday, this time in the Peak District. This, however, from the point of view of enjoyment was a complete failure. Places that should have been lonely and quiet were teeming with holiday-makers like ourselves; places that should have seemed full of life even though quiet, like Jane Austen's Bakewell, were tarnished by convention meetings. Perhaps it all seemed dreary because we struck the wrong note in the beginning by visiting Alderley where my Stanley grandparents had had an estate. The house had been destroyed. Only the gardens remained, in derelict state. The Government had taken it over for some unholy project. I have a small table, made for my mother and a larger one made for my father by the estate carpenter, from the Alderley Doomsday Oak when it had to be cut down. But the whole place made me melancholy. It was very desolate.
(掲載日:2009.12.15/更新日:2012.5.22)