(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB33-020.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.3 (Trafalgar Square) 目次  Contents (総目次)

第3巻第3章 トラファルガー広場

 これらの悲しい出来事(ウッド夫妻が亡くなり彼らの子供達が遺児になったこと)や,妻が(1957年)6月の初めに重い心臓発作に襲われたことから,数ケ月間,私たちの活動はかき乱され,進行が遅くなった。それで私はしばらくの間,いささかでも公共の利益になると考えられることをほとんど遂行することができなかった。けれども,(1957年)11月までには,国際問題(国際情勢)に対する私の関心が最高点に達していた。私は,米ソ両超大国の政策に,少なくともほんのわずかであっても良識(常識)(common sense)を割り込ませることを促すために,再び何かをしなければならないと思った。両国は,盲目的であるが,決意をもって,そう大して華やかでもない道(←少ししか桜草がまかれていない道)を,破滅に向かって疾走しているようにみえた。我々(人類)全てを飲み込むかも知れない --いや多分そうなるだろう-- 破滅に向かってである。私はアイゼンハウアー大統領フルシチョフ首相に対し公開状(公開書簡)を書き送り,「最高権力者の方々!」と呼びかけた。その手紙のなかで私は,彼等(両大国)が共通にもっているところのものは,相異しているところのものより,はるかに多くまたはるかに重要であること,また,両国が協力しあえば,失うものよりも得るものの方がはるかに多いことを明確にしようと努めた。私は,戦争を回避する唯一の手段として,各国が協力しあうことが必要であることを当時信じていたし,現在でもなおそう信じている。また,戦争を回避することは破滅を回避する唯一の手段であると信じている。もちろん,これには,かなり不快な,すべての国による譲歩が,必要なものとして含まれている。(それから)10年後,(注:ラッセルが『自伝』第3巻を執筆する2〜3年前には),ソ連は,協力しあうことの必要性を認めたようであった。ただし,多分,同じマルクス主義の国である中国との関係は別であろう。(注:1959年9月30日,フルシチョフ首相は中国を訪問し毛沢東と会談したが意見があわず,中ソの意見対立が激化した。1960年,ソ連は対中国経済技術援助停止 → 中ソ対立に発展)。米国の方は,依然として'協力'と'支配'とを取り違えたままであった。しかし,1958年時点では,米ソ両超大国が正気に戻ってくれるだろうという望みを,ごくかすかではあるが,私は抱いており,この公開状で私が正しいと思う意見を彼らに提示しようと努めたのである。
 公開状に対し,即座と言ってよいほど早く,フルシチョフ首相から返事が送られてきた。アイゼンハワー大統領からは何の返事もなかった。二ケ月後に,ジョン・フォスター・ダレス(国務長官)がアイゼンハワーに代わって返事をくれた。(参考:和田耕作「バートランド・ラッセルの公開状に対するフルシチョフとダレスの解答について」この返事がフルシチョフ首相を刺激し,ダレス長官が指摘した多くの問題点に回答する手紙を再び私のところに書き送ってきた。これらの手紙は全て,ニュー・ステーツマン紙(注:英国の評論週刊紙(誌)。1931年『ネーション』Nation紙と合併して『ニュー・ステーツマン・アンド・ネーション』となったが,1957年に元の名に戻った。)に掲載された。そしてそれらは,間もなく,同紙の主幹キングスレー・マーティンの序文と,ダレス長官とフルシチョフ首相への私からの最後の返事を加えて,単行本として出版された。彼らの手紙は,彼らの立場や見解をよく表しており,私の返事は彼らの手紙の内容に対する私の見解を述べている。ダレス長官の手紙に示された彼の心の,自らの正しさを信じきった,断固たる表層(外観)は,フルシチョフ首相の怒号(痛烈な批判)や時々見られた彼の主張の矛盾よりも,はるかに大きな不吉な予感で私を満たした。フルシチョフ首相の手紙は,(主張が対立する場合の)'代替案'や'現実'について,ある程度,その基礎的な理解を示しているように私には思われた。しかしダレス長官の手紙にはそれらのものは何も含まれていなかった。

v.3,chap.3: Trafalgar Square

These sad happenings and the fact that my wife fell ill of a bad heart attack in early June dislocated and slowed up our activities for some months. I got through little that could be of any conceivable public interest for some time. By November, however, my concern with international affairs had boiled up. I felt that I must again do something to urge at least a modicum of common sense to break into the policies of the two Great Powers, Russia and Ameriea. They seemed to be blindly, but with determination, careering down a not very primrose-strewn path to destruction, a destruction that might - probably would - engulf us all. I wrote an open letter, to President Eisenhower and Premier Khrushchev, addressing them as 'Most Potent Sirs'. In it I tried to make clear the fact that the things which they held in common were far more numerous and far more important than their differences, and that they had much more to gain than to lose by cooperation. I believed then, as I still believe, in the necessity of cooperation between nations as the sole method of avoiding war; and avoidance of war is the only means of avoiding disaster. This, of course, involves rather disagreeable concessions by all nations. A decade later, Russia seemed to have recognised the need of cooperation - except, possibly, in relations to her co-Marxist State, China. The United States continued to confound cooperation with domination. But, in 1958, I had hope, though slight hope, of both Great Powers coming to their senses, and in this letter I tried to lay my case before them.
の画像Almost at once a reply come from Premier Khrushchev. No answer came from Presidnt Eisenhower. Two months later John Fostet Dulles replied for him. This reply stung Premier Khrushchev into writing to me again answering various points made by Mr Dulles. All these letters appeared in the New Statesman. They were soon published in book form with an introduction by that paper's editor, Kingsley Martin, and a final reply from me to Mr Dulles and Mr Khrushchev. The letters speak for themselves and my final reply gives my point of viev on them. The righteously adamantine suface of Mr Dulles's mind as shown in his letter filled me with greater foreboding than did the fulminations and, sometimes, cotradictions of Mr Khrushchev. The latter seemed to me to show some underlying understanding of alternatives and realities; the former, none.
(掲載日:2009.11.23/更新日:2012.5.6)