(本館へ)  (トップへ)  (分館へ)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル自伝』AB32-330.HTM(松下彰良・訳)

次ページ 前ページ  v.3,chap.2 (At home and abroad) 目次  Contents (総目次)

第3巻第2章 国の内外で

 私は,自分の年齢と健康状態のせいで,この最初の会議に出かけることができなかった。1957年(ラッセル85歳の時)の私の時間の大部分は,自分の咽喉の障害の原因が何かをはっきりさせるための各種の医学的検査に費やされた。2月に,咽喉癌ができているかどうかはっきりさせるため,短期間ではあるが入院しなければならなかった。私が入院した日の夕べ,私はBBC放送でダウンサイド修道院のバトラー院長(Abbot Butler of Downside)と討論(対論)を行い(テレビ討論終了後,そのまま病院に向かったのか?),大いに楽しんだ。彼も同様楽しんだと思う。その出来事は,そういったつらいことの成就がそうであるように,終わったときには楽しくなった。そうして結論として癌ではないということがわかった。しかし,それならいかなる病気にかかっていたのか? そこで検査が続けられ,私は乳幼児食やその他の同じような(味気ない)物を食べて暮らし続けなければならなかった
 それ以来(退院後は),私は数回海外旅行をしたが,いづれも(カナダの)パグウォッシュほど遠くへいったことはない。長旅を避けた理由は,幾分かは,もし私がある国へ行けば,私を自国に来させようと懇願してきた他の国々の人々を侮辱することになると恐れるからである。公職についていない人間にとって,それを回避する唯一の方法は,遠出の旅行を(一切)やめることである。(注:日高一輝氏によれば,日本でもラッセルを招待しようという計画があった。即ち,「当時,最も身近な相談相手として相談にのってもらっていた朝日新聞論説主幹の笠信太郎先生を茅ヶ崎の自邸に訪ねた。先生は,即座にこのプランに賛意を表された。そして,ラッセル卿夫妻を日本に招待する費用は,一切,朝日新聞が負担することにしようと約束してくださった。出典:日高一輝著『世界はひとつ,道ひとすじに』)」日高氏がラッセルに直接会い,訪日を打診したところ,年齢を理由に断ったそうであるが,一番大きな理由は,ここに書かれたことであったかのしれない。)けれども,1958年にオーストリアで開催されたパグウォッシュ会議に私は出向いた。会議の後もオーストリアに滞在し続け,妻と一緒に自動車旅行をした。私たちはドナウ川沿いに,デュルンシュタイン(Durnstein)までドライブをした。デュルンシュタインは,私が少年時代にリチャード獅子心王(Richard Coeur de Lion/Richard the Lionheart)に感激して以来ずっと訪れたいと望んでいたところであった。私は,ドナウ川沿いの絶壁の上にたたずむメルク修道院(Melk/右上地図出典:Google Map)の堂々として簡素な雄大さ及びそこの図書館の美しさに強く印象づけられた。それから私たちは大まわりをして山脈を抜けてウィーンまでドライブして戻った。外気は非常に心地よく,芳しい香りがした。それはちょうど青年時代に読んだ物語の本の中での旅のように思えた。それは田舎においても,またその土地の人々の親切さ,実直さ,陽気さにおいても,童話に出てくる田舎であり,童話にでてくる人々の親切さ,実直さ,陽気さであった。ある小さな村の上手に,村人たちが日暮れや日曜などに集まって噂話をする,一本の大きなシナノキ(注:菩提樹の親戚)があった。それは,穏やかで,快く,平和に満ちた魔法の牧草地に立っている魔法の木であった。ある時私たちは,山麓の急流沿いの細い道をドライブしていたとき,土砂崩れに妨げられた。樅(もみ)の木の巨大な幹が道路を横切って積み重なっていた。私たちは停車し,どうやってそこから引き返そうか,あるいは通り過ぎようかと思案した。突然,地面から湧出したように,近くの農場から男女が現われ,彼らは笑ったり冗談をとばしながら障害物を取り除く作業を始め,たちまち道は開通し,彼らは微笑をたたえて,私たちに通ってもいいと手で合図しているように思われた。

v.3,chap.2: At home and abroad

I was unable to go to this first conference because of my age and my health. A large part of my time in 1957 was devoted to various medical tests to determine what was the trouble with my throat. In February, I had to go into hospital for a short time to find out whether or not I had cancer of the throat. The evening that I went in I had a debate over the BBC with Abbot Butler of Downside which I much enjoyed, and I think he did also. The incident went off as pleasantly as such a trying performance could do and it was discovered conclusively that I did not have cancer. But what did I have? And so the tests continued and I continued to have to live on baby's food and other such pabulum.
Melk の画像 Since that time I have made several journeys abroad, though none so long as that to Pugwash. I fight shy of longer journeys partly because I fear if I go to one country people in other countries who have pressed me to go there will be affronted. The only way around this, for one who is not an official personage, is to renounce distant travels. In 1958, however, I journeyed to a Pugwash conference in Austria. I stayed on after the meetings and, with my wife, made a journey by motor car. We drove along the Danube to Durnstein which I had wished to see ever since my boyhood delight in Richard Coeur de Lion. I was greatly impressed by the magnificent bleak grandeur of Melk on its bluff about the river and by the beauty of its library. Then we drove in a large circle through the mountains back to Vienna. The air was delicious and spicy. It seemed like a journey into the story books of my youth, both in the countryside, which is that of fairy books, and in the kindness and simplicity and gaiety of the people. Above one little village there was a great lime tree where the villagers gathered to gossip of an evening and on Sunday. It was a magical tree in a magical meadow, calm and sweet and full of peace. Once, as we drove along a narrow lane beside a dashing stream at the foot of a mountain, we were held up by a landslide. Great trunks of fir trees were piled up across the road. We stopped, wondering how to turn or to pass it. Suddenly, men and women appeared, as if sprung from the ground, from the nearby farms and set to work, laughing and joking, to move the obstruction. In a trice, it seemed to me, the road was free and we were being waved on by smiling people.

(掲載日:2009.11.08/更新日:2012.4.26)