(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル「年のとり方」n.3 (松下彰良・訳)

How to grow old, 1951.

前ページ(Forward) 次ページ(Forward)

 幸運な老年時代(a successful old age)(を持つこと)は,適切な活動を伴う,強い非個人的な関心を持っている人にはより容易であると思われる(注:逆に言えば,個人的に関係あることしか興味・関心を持てない人は不幸である)長い経験が真に実を結ぶのはこのような領域(非個人的な興味・関心の対象)においてであり,経験から生れた(得られた)知恵が抑圧的なものにならずに使われうるのは,このような領域においてである。大きくなった子供(たち)に過ちを犯すなと言うのは無益なことである。なぜなら,彼らはあなたの言うことを信じないだろうし,また,過ちは教育において必要欠くべからざる部分(役割を持つもの)であるからである。しかし,あなたが非個人的な興味・関心を持たない(持てない)人であるならば,自分の子供や孫に関心を寄せないかぎり,生活が空虚になるだろう。そのような場合においては,子供たちにお小遣いをあげるとかジャンパーを編んであげるとかいった物質的援助をまだすることができるとしても,子供たちが老人と共にいることを喜ぶのを期待してはならない(注:期待をすると裏切られるので注意)。

I think that a successful old age is easiest for those who have strong impersonal interests involving appropriate activities. It is in this sphere that long experience is really fruitful, and it is in this sphere that the wisdom born of experience can be exercised without being oppressive. It is no use telling grownup children not to make mistakes, both because they will not believe you, and because mistakes are an essential part of education. But if you are one of those who are incapable of impersonal interests, you may find that your life will be empty unless you concern yourself with your children and grandchildren. In that case you must realise that while you can still render them material services, such as making them an allowance or knitting them jumpers, you must not expect that they will enjoy your company.
(掲載日:2015.10.24/更新日:)