Portal Site for Russellian in Japan


社会主義者は高級な葉巻きを
吸うべきか(松下彰良・訳)

(1932.11.30)
Should socialists smoke good cigar?

[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]
* 改訳しました。(2011.3.4)

*(2005.03.051 掲載)

 なんらかの点で,通常とは異なる見解を抱く者は,普通の人々が悩まない倫理的問題に直面することが多い。独自の見解を持つ者は,自分の良心の命ずるままにまかせられたら,この種の問題解決のための簡潔な方法を見つけ出すだろうが,彼は常に「ああ,あなたはそうすべきではないと,私は考えたい」と言う'親切な'友人との議論にまきこまれる。自分と考えが違う人々によって何がなされるべきかという点に関する平均的な人間の見解には,非常に多くの思考の混乱がある。このエッセイ(記事)の見出しとして置いた問い(社会主義者は高級な葉巻き(葉巻煙草)をすうべきか?)も,1つの事例として役立つだろう(注:cigar は葉巻煙草,cigarette は紙巻煙草)。白状したほうがよいが,私自身この問題に関して実践していることは,いかなる高貴な倫理的原理によっているわけではない。私はめったに高級な葉巻きをすわないが,しかしそれは,経済的な余裕がないためにすぎない。従って,他人がくれる場合には決して拒絶しない。社会正義の唱道者(であるラッセル)にしては,このような対応方法は単純であたりまえすぎないか,と多くの人は考えるだろう。彼らは私に対し,多分次のように言うだろう。
「世界中の財貨は世界中の住民の間で平等に分配されるべきである,とあなたが信じているのでしたら,自分の取り分(分け前)以上のものを取ることについて,どのようにして正当化できると,あなたはお考えでしょうか?」
 私がもしこの議論をまじめに受けとめるならば,私は世界の総収入を見積もり,その総額を世界の全住民の数で割らなければならないだろう。そしてその総額がいくらになろうと,私は次のように言わなければならないだろう。「この取り分(一人あたりの平均金額)で満足しましょう。それ以上は,辞退します。」
 けれどもこのいくらか思い切った解決策を採用する前に,考えなければならない点がいくつかある。インドと中国の小作農(民)が,世界人口の約1/2を占めているが,彼らの(平均)年収は1ポンド程度である。また,アフリカの住民の多くはそれ以下でさえある。それゆえ,全世界を通じての1人あたりの平均収入は,年5ポンドを越えるかどうかどうか疑わしい。(実際に)この金額の範囲内で暮らそうとする私の試みが,宜伝家としての私の効率を高めるかどうか,かなり疑わしい。なぜなら私が仮にヨガの実践によって食べ物なしで生きて行くことができるようになったとしても,やはり本を執筆するために必要な紙やインクやペンの購入代金を支払うことはできないだろう。私のこのような考え方は多分間違っているのだろう。即ち,現代版のディオゲネスが生まれる余地もあるかもしれない。私が実際に樽(松下注:この時代にはまだ樽はなかったので,'壺の間違い'と言う人もいる。で暮すならば,その人目を引く行為によって,私は通りすぎる人すべてに話しかけられ,結果的に,私が話した人々全ての考え方を変えることになるかもしれないが,そのようなことはかなり疑わしい。仮りに可能であったとしても,現代版ディオゲネスとしての私の成功は,私の行為を模倣する者がいないということにかかっている。もし社会主義者たち(の多く)が,初期キリスト教の隠修士(3世紀末のエジプトに始まった,世俗を離れ砂漠に独居した古代キリスト教の修道士)のように砂漢に住むようになれば,彼らは世間の関心を失い,あらゆる事の成り行き(経過)への全ての影響力を失なってしまうだろう。
 他人を自分と同じ意見に変えたいと望む者には,目の前に,2つの道がある。(即)餓死の意図(決意)を発表するか,あるいは,ある婦人参政権論者が実行したように,ダービー競馬で馬の蹄に踏みつけられて非業の死をとげるかして,他人の情緒に対し,人目を引くようにアピールする方法がある。この方法は,その内容を問わず,いかなる主義主張の唱道にも利用できる。しかし,もしも主義主張が,その主義主張を支持するしっかりした知的理由を有しているならば,知的な宣伝方法を採用することは可能である。ガリレオは,地球が太陽の周囲を回っている事実を,彼自身が異端審問殉教者になった場合にまさしく果たしたであろうように,効果的に,人類(世界の人々)に納得させた。一般的に言って,知的に十分な論拠を持つ人は,知的な訴えかけをする方がよいだろう。なぜなら,そのほうが,単なる情緒への訴えかけによるよりも,より安定した(基礎のしっかりした)信念が生まれるからである。まったく別の観点からこの問題を見ると,社会主義者は現在存在する富が平等に分配される世界を唱道しているように思われてはいけない。賢明な組織化によって世界の富を格段に増加させることが可能であるという論拠が不可欠である。社会主義者の至福千年紀(千年王国)においては,私たちは皆高級な葉巻き時々楽しむことができるだろう。

The man whose opinions are in any way unusual is frequently confronted by moral problems which do not trouble other people. If he were left to the dictates of his own conscience he might find summary ways of dealing with such questions, but he is constantly launched upon arguments with kind friends who say, 'Oh, I should have thought you ought not to do that.' There is a great deal of confusion of thought in the average man's view as to what ought to be done by people whose opinions differ from his own. The question that I have put at the head of this article may serve as an example. My own practice in this matter, I may as well confess, is not guided by any lofty ethical principle. I seldom smoke good cigars, but that is because I cannot afford them; I never refuse one that is offered to me. Many people would find this procedure too simple and natural for an advocate of social justice. They will say to me:
'If you believe that the world's goods ought to be divided equally among the world's inhabitants, what justification can you have for taking more than your share?'
If I took this argument seriously, I should have to estimate the total income of the world and divide it by the total number of inhabitants, and whatever might be the answer to this sum I should have to say,
'This is going to content me; anything above this I will give away.'
There are, however, several points to be considered before adopting this somewhat drastic resolution. The peasants of India and China form about half the population of the world and have an income of about £ 1(1 pound) a year; many of the natives of Africa have even less. I doubt, therefore, whether the present average income per head throughout the world is more than about £ 5 a year. I rather doubt whether the attempt to live upon this sum would increase my efficiency as a propagandist; for even if by the practice of Yoga I learned to live without food, I should still not be able to pay for the paper, ink, and pen required in producing books. Perhaps I am mistaken in this; it may be that there is room for a modern Diogenes. Perhaps if I lived in a tub, the stunt would cause me to be interviewed by all persons passing by, and it may be that in the end I should convert all with whom I spoke, though I rather doubt it. Even so, my success as a modern Diogenes would depend on my not having imitators. If socialists took to living in the deserts like early Christian hermits, they would cease to be interesting and would lose all influence upon the course of events.
The man who desires to convert others to his opinions has two courses open to him. He may make spectacular appeals to the emotions by announcing the intention of starving himself to death or, as one of the suffragettes did, by perishing beneath the hoofs of the horses at the Derby. This method can be used for the advocacy of any opinion, no matter what. But if an opinion has solid intellectual reasons in its favour, it is possible to adopt an intellectual method of propaganda. Galileo persuaded mankind that the earth goes round the sun just as effectually as he would have done if he had made himself a martyr to the Inquisition. On the whole, the man who has an intellectually good case is well advised to make an intellectual appeal since the outcome is a more stable belief than any to be obtained by mere emotionalism.
To take a quite different point, the socialist should not appear to advocate a world in which the present wealth is evenly divided. It is an essential part of his case that by a more sensible organisation, the wealth of the world could be enormously increased. In the socialist millennium we shall all be able to enjoy a good cigar now and then.
★2月(前月)の言葉★格言集へ