バートランド・ラッセルのポータルサイト


ラッセル=アインシュタイン声明(宣言)

ラッセル=アインシュタイン声明(宣言)は、非常に多くのところで引用されている。ここにあげるのはあくまでもその一部です。

前ページへ ラッセル書誌・目次へ 次ページへ
a.ラッセル=アインシュタイン声明(宣言)そのもの

 ★対訳のもの

01.ラッセル=アインシュタイン声明 岩波書店編集部訳
 『世界』n.191(1961年11月号)p.152-155.

02.ラッセル=アインシュタイン宣言
 湯川秀樹・他編著『平和時代を創造するために−科学者は訴える−』(岩波新書,n476,1963年1月刊)p.175-180.

03.戦争絶滅の訴え(ラッセル=アインシュタイン宣言)
 M.グロッジンス・E.ラビノビッチ共編、岸田純之助・高榎堯共訳『核の時代』(みすず書房、1965年12月刊)p.498-500.

04.ラッセル=アインシュタイン宣言
 久野収・編解説『核の傘に覆われた世界』(平凡社、1967年8月刊、現代人の思想・第19巻)p.340-344.

05.ラッセル=アインシュタイン宣言
 湯川秀樹・編『平和の思想』(雄渾社、1968年10月刊)p.203-209.

06.ラッセル=アインシュタイン声明
 『世界』n.361(1975年12月号)p.174-176.

07.ラッセル=アインシュタイン宣言
 渡辺直経・伊ケ崎暁生・編著『科学者憲章』(勁草書房、1980年10月刊)p.190-193.

 その他省略

b.ラッセル=アインシュタイン声明(宣言)について

01.原子力と人類の将来−ラッセル=アインシュタイン声明によせて− 坂田昌一
 『世界』1956年4月号所収
 *再録:坂田著『科学と平和の創造』(岩波書店、1963年2月刊)p.19-28及び、坂田著『科学者と社会』(岩波書店、1972年11月刊)p.232-241.
02.科学者の責任−ラッセル=アインシュタイン声明を中心として− 湯川秀樹
 『世界』n.200(1962年8月号)所収

03.アインシュタイン=ラッセル声明起草のころ E.H.S.バーロップ著、奥山修平訳
 『日本の科学者』v.15,n.1(1980年1月刊)p.51-54.
 *E.H.S.バーロップ=世界科学者連盟会長

04.ラッセル=アインシュタイン宣言25周年に際して;昭和55年4月25日、日本学術会議第79回総会声明
 渡辺・伊ケ崎共編『科学者憲章』(勁草書房、1980年10月刊)p.194-195.

05.ラッセル=アインシュタイン宣言と世界平和運動に関する覚書(1) 四本忠俊
 『明治大学教養論集』n.152(=人文・社会科学論集:1982年2月刊)p.59-74.

06.同上(2)
 同上誌,n.163(1983年2月刊)p.29-45


前ページへ 次ページへ