Portal Site for Russellian in Japan


進歩の保証はあるか?(松下彰良・訳)
(1975年に初めて公刊)
Is progress assured?

* 改訳しました。(2011.3.17)
 今月(1月)の言葉は、「進歩の保証はあるか」です。現代は科学及び科学技術が発達し、人類の知識は急速に増大してきました。しかし知識は多いが心が狭い人間は少なくありません。価値観が多様化し、いろいろな価値観を尊重する時代となりつつありますが、
強者や強国は、自らの価値観を強要しがちです。自由を第一と主張しながら、自分や仲間や自国の自由を最優先し、「実質的に」他人や他のグループや他国の自由を奪っていることに気付かない、あるいは気付かないふりをしている(自己欺瞞)ということはないでしょうか。(2003.12.28,松下)


 過去半世紀の間、あらゆる種類の知識が、これまでに例がない速さで増加したが、人類の初期の人々(原始人)に関する知識の進歩ほど顕著なものはほとんどなかった。今日では歴史の勉強(学習)を始める子供たちは、(最初に)原始種族や原始種族の漸次的進歩について教えてもらえるため、従来の歴史の授業の最初に教えられるギリシア、イタリア、イギリス(ブリテン)などにおける部族間の戦争についての無味乾燥な記録よりも、彼らはそれらに通常は一層興味を持つにちがいない。フェイ=クーパー・コールは、彼の小著『野蛮から文明への長い途』(The Long Road from Savagery to Civilization, by Fay-Cooper Cole/ Baltimore; William & Wilkins, 1933)で、原始人の漸次的進歩の過程について、知的なすべての少年少女の興味を引きそうな仕方で語っている。人類学者と考古学者は、文字発明以前の人類の歴史に関し、50年前(注:1880年前後)の人間の誰もが想像できなかったほどの多くの発見を行った。人類は、石器、動物の家畜化、農業、青銅器、鉄器という段階を経て、一歩一歩、自らの環境の支配力を獲得し、野生動物の脅威におびえる稀少な一つの種から、'万物の霊長'にして、大型哺乳類の中の最もありふれた種にまで地位を向上させた。
 このような鳥瞰図としての歴史は、人類を勇気づけ、有益である。即ち、それは、人類を、国家的あるいは人種的な偏見という歪んだレンズを通さずに、1つの全体として眺める。それは進歩が退歩を打ち負かし、新しい技術が文明生活の新しい可能性を与えることを我々に示している。このような長期的な楽観論は、おそらく正当化されるだろうし、現在我々が生きている経済不況と困難の時代(松下注:1929年のニューヨーク株式市場の大暴落から始まった世界大恐慌後の時代)においては、正当な慰めを与えるだろう。前述の著書は、次の言葉で終わっている。「我々人類は、これまでの成果から生まれた自信をもって、未来に対しよう。」遠い未来に関するかぎり、このような確信(自信)はおそらく正当化できるだろう。
 しかしもっと近い将来、たとえば次の200年間に話を限れば、そのような確信(自信)を歴史は保証しない。仮りにあなたが紀元後400年のローマ帝国に生きていて、未来を予知する能力が備わっていたとしたら、あなたは、当時最も文明が発展していた地域全体を通して、文明の輝きがかげり始め、その後2世紀間文明は衰退し、その状態から文明が完全に復帰するまでにその後800年かかったことを知るであろう。
 これは特殊な事例ではない。蛮族の侵入によって、エジプトとバビロニアの両文明は損なわれ、ミノス文明は破壊された。当初光輝いていたイスラム文明も、やがて内紛によって衰退した。中国と日本は、度重なる内乱によって何世紀もの間、沈滞した。今日の中近東は、2000年前よりも文明が後退している。外敵によって滅ぼされなかった文明は、しばしば内的衰退に苦しんでいる。
 昔は世界には多くの文明が存在するとともに、まったく文明に接触しない多くの民族も存在した。(しかし)今日では、世界は産業制度によって支配される一つの統一体になりつつある。この産業制度は、150年前の北イングランドで始まったが、既に世界のすべての大国に広がり、主要な経済資源全ての支配権を獲得した。もし現代文明が衰退すれば、外部から再建される可能性はもはやないだろう。また、現代文明が共倒れの戦争で自壊しても、その廃墟の上に文明を築く新しい種族 は存在しないだろう。これは我々の時代の新しい事実であり、それは過去の歴史からの類推を多少危険なものとしている。
 (数ある理由のなかで)ほかならぬこの理由で、進歩を継続させるべきであるとすれば、それは過去の時代における進歩よりも、より一層慎重な計画のもと、より一層社会科学に基礎をおいたものでなければならない。我々は、これまで日常生活の基礎をかなりの程度まで科学的知識と科学技術においてきており、今後も同じ道を歩み続けざるをえない。(即ち)もし我々が自らの社会生活面を、原始的蛮行のなすがままにするならば、それによってその他の諸側面を破壊し、全人類を破滅させるだろう。我々の時代には、我々が野蛮な過去から引継いだ非合理な要素を讃美する傾向がある。しかし、我々はこの種の要素を科学技術と結びつけることができない。本気で非合理的要素を称賛する人々は、産業主義を放棄し、国民の90%を餓死させ、弓矢の昔にもどるべきである。このような代替案に直面したくなければ、自然力の支配(面)における文明化だけでなく、自らの感情(面)においても文明化しなければならない
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

During the past half-century, knowledge of all kinds has increased with unexampled rapidity, but in few directions has the advance been more striking than in regard to early man. Children beginning the study of history can nowadays be told of the primitive races and of their gradual progress and usually find this much more interesting than the dry records of intertribal warfare in Greece, Italy, or Britain with which the teaching of history formerly began. A little book, The Long Road from Savagery to Civilisation by Fay-Cooper Cole (Baltimore : William & Wilkins, 1933), tells the story in a way likely to hold the attention of any intelligent boy or girl. Anthropologists and archaeologists have discovered more than anyone fifty years ago would have supposed possible about the history of man before the invention of writing. Bit by bit, through stone implements, domestication of animals, agriculture, bronze, and iron, man acquired mastery of his environment and rose from being a rare species at the mercy of wild animals to being the lord of creation and the commonest of the larger mammals.
History in this bird's-eye view is encouraging and wholesome. It views mankind as a whole, not through the distorting lenses of national or racial prejudice. It shows progress predominating over retrogression and new arts giving new possibilities of civilised life. This long-range optimism is probably justifled and affords a legitimate consolation in a period of depression and difficulty such as that in which we live. The little book to which I alluded ends with the statement: 'We face the future with a confidence born of achievement.' As regards the distant future, such confidence is probably justified.
But as regards the nearer future - say, the next 200 years - no such confidence is warranted by history. If you had lived in the Roman Empire in the year 400 A.D. and had been gifted with the power of foreseeing the future, you would have known that civilisation, throughout the whole region in which it was most highly developed, was about to suffer eclipse and that during the next two centuries it would suffer a setback from which it would not fully recover for 800 years.
Nor was this a unique occurrence. The Egyptian and Babylonian civilisations were impaired, and the Minoan civilisation was destroyed, by barbarian invaders. The Moslem civilisation, after a brilliant beginning, decayed through internal dissensions. China and Japan have frequently suffered centuries of eclipse through civil war. To this day the Near East is less civilised than it was 2,000 years ago. Civilisations which have not been destroyed by external enemies have frequently suffered from internal decay.
In old days there were many civilisations and many nations still untouched by civilisation. Now, the world is becoming a unity, dominated by the industrial system which, beginning in the north of England about 150 years ago, has already spread to all the great nations and acquired control of all the main economic resources. If it decays, it cannot be regenerated from without; if it destroys itself in internecine wars, there will be no fresh races to build upon the ruins. This is a new fact of our age, which makes inferences from past history somewhat precarious.
For this reason among others, if progress is to continue, it must be more deliberately planned, more based upon social science, than the progress of former ages. We have based our daily life to such an extent upon scientific knowledge and technique that we must go on along the same road: if we leave parts of our social life at the mercy of primitive barbarism, they will destroy the other parts and bring the whole human race to destruction. There is in our time a tendency to exalt the elements of unreason which we have inherited from our barbarous past; but we cannot combine these elements with scientific technique. Those who praise them should give up industrialism, let ninetenths of our population die of hunger, and revert to bows and arrows. If they will not face this alternative, they must become civilised in their passions, not only in their command over natural forces.
★12月(前月)の言葉★格言集へ