Portal Site for Russellian in Japan



科学者は科学的か?(松下彰良・訳)
(1932年2月24日)
Are men of science scientific?
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]
* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.10.5)

 科学のあらゆる分野において専門化がますます進んでいます。科学の発展のためには必要なことではありますが,弊害も少なくありません。そこで境界領域的な,また広域的な科学も多く生まれてきましたが,まだ十分とは言えません。科学者にもいろいろなタイプがいて,専門以外のことには口を余りはさまないようにしている謙虚な人もいれば,あらゆることに意見を述べようとする「識者」もいます。専門バカも謙虚さを失った科学者も不用であり,真の意味で「科学的な」科学者が増えてもらいたいものです。(2001.09.01)

 一般人は,大部分,(世の中には)完全に信頼に足る判断を自分で下せない多くの事柄があることを自覚している。(そこで)われわれは,期待を抱いて知恵の泉を求めて探しまわり,見つけだした知恵の泉に確信をいだいてほっとする。未開の人たちは呪術医を信じ,その呪術医が時間をかけて僧侶になっていった。僧侶の地位に医者が取って代り,医者の地位を科学者が受け継いだ。(名誉ある例外的な人物もいるが,)科学者のほとんどは,社会が与える公的地位をいやがるどころか喜んで引き受ける。科学者は,賃金労働者は怠惰であることや,北方人種(注:ゲルマン系民族など)の優秀性,金持ち階級の優生学的優位,及びその他の政治的興味をひく目下の話題について,進んで意見を述べる。
 本物の科学者に対しては,私は最高度の尊敬を抱いている。本物の科学者は,現代世界において,真に建設的であると同時に,心底から革命的な一つの力である。科学者は,一般の人たちと同様に持っている偏見に関係ない専門的な問題を扱っている場合は,他の誰よりもずっと正しい判断を下す傾向にある。だが,残念ながら,個人的に強い感情を抱いている問題に取り組む場合に,公平無私な立場を維持できる科学者がほとんどいない。たとえば,人間の脳を研究している研究者は,男性の頭脳は女性の頭脳より優れているという思い込みを抱いている。男性の脳の平均重量が女性の脳の平均重量より大きいことが分ると,それは男性のほうが女性よりもすぐれた知性を持っていることの証拠とされた。さらに象の脳は人間(男性)の脳よりも重いという事実が指摘されると,有名な科学者たちは,自分たちの知力は象並みであると認めたくないので,途方にくれた(頭をかきむしった)。またある科学者は,重要なのは脳の重さと体重との比率であると示唆した。しかしこれでは悲惨な結果となる。即ち,女性は全般的に男性よりも賢いことを示すことになると思われる。これではまったくうまくいかない。そこで科学者たちは,重要なのは単なる重量ではなく,脳組織の繊細さであると言った。これもいまだ推測上のことがらであるので,女よりも男が優れているという仮定も可能である。
 遺伝については,疑似科学的な馬鹿げた話が非常にたくさんある。優生学の著者は,例外はあるが,そのほとんどが知的職業階級に属する北欧系の人々である。そのため,当然の結果,北欧人は最優秀の人種であり,その中でも知的職業階級は,最も優秀な素質を持っている人間だということになる。優生学者の思弁の基礎にあるこれらの命題について彼らがあげる証拠はまったく軽く薄っぺらである。アレゲニー山脈の住民は,人種的にはアメリカ合衆国の中で最も純粋とされている住民の一例であるが,彼らが知能テストを受ければ,ユダヤ人ほど成績がよいという結果はでない(だろう)。そこで知能テストだけでは不十分であり,人間の道徳的資質も考慮に入れなければならないという意見が出される。しかし,この貧しい白人たちが道徳的資質においてユダヤ人より優れている証拠は何一つあげられない。
 遺伝の研究は,生涯を豆の栽培に費やした送ったメンデルという名前の僧侶によって革新された。その結果,もしも遺伝する欠点(悪い遺伝子)を取り除くべきとしたらどうすべきかは,以前想像されてきたよりも,今日はるかに困難なものになっている。(たとえば)人間には指の関節は通常3つあるが2つしかない人もいる。知的薄弱者に対してこれまで提案されてきた方法は,この種の指の関節が2つしかない人をなくすのに効果があるかもしれないが,知的薄弱者(自体)をなくすには何千年もかかるように思われる。その理由は,この2つの場合,遺伝の種類がまったく違うからである。しかし政治家と疑似科学者の同盟はあまりにも強いので,そのような平明な事実が一般に知られるまでには相当な時間がかかるであろう。一般大衆は科学者の誰を信用してよいか分らない。従って,科学者が個人的に強い偏見を持っていることがらについて確信ある意見を述べるのを聞いたならば,まず疑がってかかった方が賢明である。科学者は超人ではなく,われわれ同様に過ちを犯しやすい。

Ordinary men and women are, for the most part, aware that there are many matters as to which their own personal judgement is not wholly trustworthy. They look about the world anxiously for founts of wisdom, and by placing their trust in them they arrive at a comfortable certainty. Savages trusted the medicine man, who by slow stages developed into the priest. The priest is being succeeded by the physician, the physician by the man of science. The man of science in general (though there are honourable exceptions) is nothing loath to take up the position which the public offers him. He is willing to make pronouncements about the laziness of the wage-earning classes, the superiority of the Nordic races, the eugenic superiority of the rich, and any other topics that may at the moment be of political interest.
For the genuine man of science I have the highest possible respect. He is the one force in the modern world at once genuinely constructive and profoundly revolutionary. When the man of science is dealing with technical matters that do not touch upon the prejudices which he shares with the average man, he is more likely to be right than anyone else. But unfortunately very few men of science are able to retain their impartiality when they come to matters about which they feel strongly. For example, every male student of the human brain is persuaded in advance that men's brains are better than women's. When it was found that the average weight of a man's brain is greater than that of a woman's, this was held as proof of his superior intellectuality. When it was pointed out that an elephant's brain is even heavier, the eminent scientists scratched their heads since they could not admit that their wits were elephantine. Somebody suggested that the important thing is the proportion of the weight of the brain to the weight of the body. But this had a disastrous result : it seemed to show that women were, on the whole, cleverer than men. This would never do. So they said that it was not mere brute weight that mattered but delicacy of organisation. As this was still a matter conjecture, it could be assumed to be better in men than in women.
There is a great deal of pseudo-scientific nonsense talked about heredity. Writers of eugenics are, with few exceptions, Nordics belonging to the professional classes. It follows that the Nordics are the best race and the professional classes the best stock within that race. For these propositions, which are fundamental in the speculation of eugenists, the evidence offered is of a very flimsy kind. The mountaineers of the Alleghenies, who are racially among the purest of the inhabitants of the United States, do not come out so well by the intelligence tests as do the Jews. This shows, we are told, that there is something inadequate about the intelligence tests and that we must take account also of moral qualities. But no evidence is offered that poor whites surpass the Jews in moral qualities.
The study of heredity was revolutionised by a monk named Mendel, who spent his time growing peas. It has become much more difficult than used to be supposed to know what ought to be done if a defect which can be inherited is to be eliminated. Some people's fingers have only two joints instead of three; it seems that the methods that have been proposed for dealing with the feeble-minded would be quite successful in eliminating these people with abnormal fingers but would take thousands of years to eliminate the feeble-minded. This is because the kind of inheritance in the two cases is different. But the alliance between politicians and pseudo-scientists is so strong that it will take a long time before such facts become commonly known. The general public cannot tell which among scientists is to be trusted and will therefore be wise to be very sceptical whenever they hear a man of science giving a confident opinion about a matter on which he has strong prejudices. Men of science are not supermen and are as liable to error as the rest of us.
★8月の言葉★格言集へ