Portal Site for Russellian in Japan


現実からの逃避(松下彰良・訳)
(1932年3月2日執筆)
Flight from Reality
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]
* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.10.19)

 良い現実逃避と悪い現実逃避について。(2002.12.29:松下)

 人はなぜ本(印刷物or活字)を読むのだろうか。大多数の人間については、'読まない'というのが答えである。人類の大多数はまったく読まないし、残りの少数者の大部分は絵入り新聞(picture papers)しか読まない。絵入り新聞よりもましなものを読む人たちでも、大多数の人は本を手にとって読もうとはまったくしない。本の全ての読者は、−−本には、深刻なもの、楽しいもの、深みのあるもの、皮相なもの、科学的なもの、文学的なもの、怪奇ものなどいろいろあるが−−、それらすべてを合計しても、人類のごく一部にすぎない。にもかかわらず、読者にはいろいろなタイプがいる。(たとえば)知識を獲得するために本を読む人達がいる。そうするのは、通常若い人達である。自分が抱いている偏見を(正しいと)確信するために本を読む人達がいる。 '大人(成熟した人間)である'と世間では言われる人達である。しかし本を読む人のほとんどは、知識や自分の意見の支持を求めて読書するのではなく、現実の世界から想像の世界への逃避を求めている。
 このような逃避は、さまざまな形態をとる。最も粗野な種類の逃避は、多数の中編小説や映画で供給される。それらのなかで、無名の若い男あるいは女が著しい成功をおさめたり、金持ちとの結婚をしたりする。これよりも少しレベルの高い逃避は、歴史や過去の栄光の想像のなかへの逃避である。それよりもさらに高い段階の逃避は、天文学のような分野で実現される。天文学者のジーンズ卿(Sir James Hopwood Jeans, 1877年-1946:イギリスの物理学者、天文学者、数学者)やエディントン卿(Sir Arthur Stanley Eddington, 1882年-1944年:イギリスの天文学者)の書いた本がよく読まれている理由の一つは、星は極めて静かな一生を送っているように見えるからである。星は税金の取立てや子供の病気や不景気などにわずらわされることがない。もし自分が想像の世界で星や星雲と同一視できたならば、とても心がなごむことであろう。
 しかし人間は、心がなごむことだけを望んでいるわけではない。人は興奮も求める。私が本を読みたいと思うのは、たいていこの後者のためである。私は、自分が書くような種類の本はまったく読まないといつも繰り返して言っている。もし私が読む種類の本を自分が書くことができれば書くだろう。しかし、私にはその才能がない。私の好きな本は、探偵ものである。私が探偵小説を書くことができれば、疑いなく、人々の幸福に寄与できたことだろうが、書いていない以上、疑問の余地がある。(注:ラッセルは、このエッセイを書いた約30年後に2冊の小説を出版している。)
 探偵小説、詩及び天文学はすべて、いわゆる「現実」からの逃避の異なった形態にほかならない。精神分析家は、現実逃避の欲望は非常に悪いものだと言うが、私には、それは誇張であり、ある種の重要な区別がなされていないように思われる。現実から逃避は、それによって妄想を生み出したり、自分の仕事をなまけたりするような場合には、悪いものとなる。人は、自分がフランス銀行の頭取にでもなったと思うことによって心の安らぎを覚えるくらい、お金に困り、債権者から責め立てられるかもしれない。この種の現実逃避は嘆かわしい。若い女性なら、コフェチュア王(と乞食の娘)のようなロマンチックな話に夢中になって、仕事を怠け、ついには職を失うことになるかもしれない。これもまた嘆かわしい。しかしこれとは異なり、まったく望ましい形の現実逃避がある。モーツァルトは、想像の世界に逃げ込むことによって、借金取りと借金を忘れるために、よく作曲した。もしもモーツァルトが、著名な精神分析家たちの助言に従っていたならば、作曲をするかわりに、収入と支出からなる貸借対照表を注意深く作成し、収支のバランスをとることによって、節約の工夫をする仕事にとりかかっただろう。モーツァルトがそうしたならば彼自身は収入を失ない、我々は彼の音楽を失なったであろう。モーツァルトの例のように、現実からの逃避がそれとして自覚された想像の世界のなかへのものであり、現実を耐えぬくための手段として活用されるならば意義あるものとなる。
 現実逃避のこの種の動機がなかったならば、この世に存在する最もすばらしいものは大部分生れてなかったであろう。従って、現実逃避をしたいという動機で本を読む人たちは、逃避をしているという理由で、非難さるべきではないと、私は考える。
 Why do people read? The answer, as regards the great majority, is: 'They don't.' The majority of mankind read nothing at all; of the remainder, the majority read only the picture papers. Of those who read something more than picture papers, the majority never gets as far as books. All the readers of books - grave and gay, profound and superficial, scientific, literary or lurid - all put together are a very small fraction of the population. Nevertheless they differ among themselves in all sorts of ways. There are those who read in order to acquire information; they are generally very young. There are those who read in order to acquire confirmation of their prejudices; these people are what is called mature. But the great bulk of readers are seeking neither knowledge nor support for their own opinions, but an escape from reality into the world of imagination.
This escape takes all sorts of forms. The crudest kind is that supplied by many novelettes and films, where an obscure young man or woman achieves conspicuous success or a rich marriage. At a slightly higher level come those who seek escape in history and in imagining the glories of past ages. A still further stage is and reached in such subjects as astronomy. The success of such books as those of Jeans and Eddington is partly due to the fact that the stars seem to have a very quiet life ; they are not troubled by the tax collector, or by the illnesses of their children, or by business depression. If you can once identify yourself in imagination with a star or a nebula, you will find it wonderfully soothing.
But people do not only desire to be soothed, they desire also to be excited. For my part, it is this latter desire that dictates most of my reading. I am in the habit of saying that I never read the sort of books that I write. If I could write the sort of books that I read, I would do so; but this talent has been denied me. My favourite reading consists of detective stories. If I could write detective stories, I should have no doubt that I had contributed to human happiness, which, as things are, remains open to questron.
Detective stories, poetry, and astronomy, all represent different forms of the escape from what is called 'reality'. We are told by psychoanalysis that the desire to escape from reality is a very bad thing, but to my mind they exaggerate and fail to make some necessary distinctions. The desire to escape from reality becomes a bad thing when it produces delusions or causes a man to neglect his business. A man may become so poor and be so harassed by his creditors that he finds relief in believing himself to be president of the Bank of France. This form of escape from reality is to be deplored. A young woman may become so absorbed in romantic tales of the King Cophetua type that she neglects her work and finally loses her job. This also is to be deplored. But there are other forms of escape from reality which are wholly desirable. Mozart used to compose music in order to forget his duns and his debts by escaping into a world of phantasy. If he had followed the advice of eminent psychoanalysts, he would instead have drawn up a careful balance sheet of receipts and expenditures and set to work to devise economies by which the two could be made to balance. If he had done this, he would have lost his income, and we should have lost his music. Escape from reality, as this instance shows, is not undesirable when it is into a world of imagination recognised as such and used as a means of making reality itself more tolerable.
I believe that without this motive of escape from reality, almost all the most delightful things in the world would have failed to be produced. I am therefore of the opinion that those whose reading is dictated by this motive - the desire to escape - are not on that account to be condemned.
★2002年12月の言葉★格言集へ