Portal Site for Russellian in Japan


父親の影響(松下彰良・訳)
(1932年6月1日執筆)

The influence of fathers
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

『アメリカン・エッセイ集』目次

* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.10.31)



 先進国(北欧,英国など)においては,社会福祉の対象は「ゆりかごから墓場まで」というように人間生活全般に拡大しつつあります。即ち,従来であれば親や家族(あるいは親類縁者)が担っていた役割のかなりの部分を社会(国や地方自治体)が果たすようになってきています。それにつれて親(特に父親)の影響力が相対的に大幅に低下しつつあります。そのこと自体は望ましい面が多く悪いことではないですが,ラッセルが指摘するような画一化,悪平等化の危険もひそんでいます。多様性や個性を尊重しない社会は,たとえ社会福祉が充実していても生き甲斐のある社会とはなりません。(2000.07.30: 松下)


 今日,父親の(子供に対する)影響力は,昔に比べてはるかに少ない。これは,一部は学校教育のせいであり,一部は父親が昔に比べて多忙であるせいである。ある分野で名声をなしとげた人が,息子を教育して自分と同じ道を歩ませた結果,息子は父親をはるかに凌ぐ人物になったということは,歴史上繰り返し起こっている。今日では,抜きんでた人物には息子がまったくいないことが多く,いた場合でも,息子は父親を嫌う。なぜなら,その息子がどこへ行っても,「君はあの有名な○○さんの息子さんですか」と人から言われ,その結果,子供であるという属性がその息子の個性を消してしまうからである。それゆえ,息子の唯一の望みは,父親と同じ道を選ぶことではなく,父親とはできるだけ異なった人間になることである。
 古代において,この種のことは起こらなかった。アレクサンダー大王に対して,「あなたは,あの偉大なフィリップ王の息子さんですか」などと言った者がいたとは思えない。もし本当に誰かがそう言ったとしたら,アレクサンダー大王はその者を即座に殺したであろう。この場合,アレクサンダー大王への父親の影響は,(大王の)対抗意識が(父への)憎しみと結びついていたので,心理学上興味深い。フィリップ王存命中,アレクサンダーは,父の数々の戦争での勝利が自分の征服の余地を残さないかもしれないと恐れた。アレクサンダーが20歳の時,フィリップ王は,アレクサンダーが心から愛した母の多分黙認のもと,暗殺された。アレクサンダーが32歳で没した時には,彼はパンジャブを含む全アジアを征服していた。それによって,彼は,疑いもなく,父親の名声をしのいだ。アリストテレスは,時々彼の師の立場から,彼に不満の意をこめた手紙を書き,野蛮人に対しそれほどの興味を示すこと(注:東方遠征のこと)は卑俗であると告げた。しかし,アレクサンダー大王は,インダス渓谷(Indus Valley)の植物の標本を基本的な地理情報とともに手紙に同封し,アリストテレスに送るだけで返事とした。
 卓越した経歴を持つ多くの人物が父親から大きな刺激を受けている。ハンニバル将軍,フレデリック大王,モーツアルト,J. S. ミルはよい例である。父親の愛はまったく必要ではない。必要なものは幼ない時からの専門的な訓育,限定された活動分野(進路)への注意の方向付け,名をあげようとする野心等々であり,それらは,そのような教育とともに,父親の場合と同じ種類のものであるにちがいない。
 現代世界は,この種の教育の機会をほとんど与える余裕はない。一つはこの理由から,古いタイプの卓越した人物は非常に稀になりつつある。最高度の偉業をなしとげるには,疑いもなく,かなりの生まれつきの才能を必要とする。しかしそれ以上のものが必要である。生まれつきの才能に加えて,世界征服やカルタゴが受けた災厄に対する復讐の欲望のような,ある種の圧倒的かつ単純な情熱が必要である。それには,幼い時からある一つの仕事(専門的職業)に関係する事柄だけに没頭することが必要である。息子に適正さえあれば,父親の影響を受けて容易にこのような結果に到達するかもしれない。ナポレオンの場合,必要とされる目標の限定は彼がブリエンヌの陸軍士官学校に送られたことによって実現された。その結果,以後の彼の教育は全て戦争に関係するものとなった。第一級の名声を勝ちうるのは,オールラウンドの教育や幅広い興味によってではない。感情と知性の両面における,精神力の集中と目標の限定が必要である。すべての若者が同じ環境にあり,同一の基準を受けいれなければならない世界においては,このような条件は容易に起こらない。傑出した人物を生み出すには多様性が必要であり,画一的な教育は,平凡な大人を生むだす傾向がある。従って今後は,昔と違い,個人的名声を得ることはより稀なものになるだろう。 >

The influence of fathers in the present day is much less than it used to be. This is owing partly to schools and partly to the fact that men are busier than they were in former times. It has happened repeatedly in history that a man who had achieved a certain eminence in his line brought up his son to follow in his footsteps and was far surpassed by his son. Nowadays, distinguished men often have no sons, and when they have, their sons hate them, because, whatever the young men go, people say 'Oh, are you the son of the distinguished so-and-so?' with the result that personality seems lost in filial attributes. The one desire of the son, therefore, is not to follow in his father's footsteps but to be as different from his father as possible.
In ancient times, this sort of thing did not happen. I doubt if anyone ever said to Alexander the Great, 'Oh, are you the son of the distinguished King Philip?' Certainly if anyone ever did, Alexander must have killed him on the spot. The influence of the father in this case is psychologically interesting because emulation was combined with hatred. While Philip lived, Alexander feared that his father's victories would leave nothing for him to conquer. When Alexander was twenty, King Philip was assassinated, probably with the connivance of Alexander's mother, whom Alexander loved dearly. When he died at the age of thiry-two, he had conquered all Asia up to and including the Punjab, which left him in no doubt of having eclipsed his father's fame. Aristotle at intervals wrote him professorial letters saying 'Oh fie!' and telling him it was vulgar to take so much interest in barbarians, but Alexander only replied by sending him specimens of the flora of the Indus Valley, together with some elementary geographical information.
Many other distinguished careers have been inspired by paternal influence: Hannibal, Frederick the Great, Mozart, and John Stuart Mill may serve as examples. Love of the father is by no means necessary; what is necessary is technical instruction from an early age, direction of attention into a narrow channel, and ambition to achieve distinction which, with such an education, must be of the same kind as the father's.
The modern world scarcely affords opportunities for an education of this sort. Partly for this reason, distinguished men of the old type are growing very rare. To achieve the highest degree of distinction requires, no doubt, considerable native ability, but it requires much more than this. It requires some overmastering and rather simple passion, such as the desire to conquer the world or to avenge the wrongs of Carthage. It requires absortion from an early age in matters relevant to one kind of career. A father's infuluence may easily lead to these results, given the right sort of disposition in the son. In Napoleon's case, the necessary narrowness was secured by sending him to the military academy at Brienne, with the result that his whole subsequent education was concerned with war. It is not by an all-round education or by catholicity of interests that first-rate eminence is achieved: it is achieved by concentration and a certain narrowness both emotional and intellectual. In a world where all young people have the same environment, and the same standards presented for their acceptance, this does not easily happen. Diversity is necessary to distinction, and uniformity in education tends to produce mediocrity in adult life. We must therefore expect that individual eminence will be rarer in the future than it has been in the past.

★7月(前月)の言葉★格言集へ