Portal Site for Russellian in Japan


「情緒の予知」(松下彰良・訳)
(1932年7月13日付)
On expected emotions

* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.11.8)

 我々が、ある日ある時刻の列車に乗ろうと決意すれば、なんらかの事故が起こって運行をさまたげない限り、それは可能である。しかし、もしも我々がある予定の時刻にある特定の情緒を味わおうと心に決めるとしたら、その計画は失敗する確率が非常に高い。たとえば、心の中で次のように言うと仮定する。「来週の土曜日の午後6時23分に、私はグレー(Thomas Gray, 1716-1771:英国の詩人、ケンブリッジ大学教授)の『哀歌(エレジー)』の美で圧倒されるはずである。」しかし、その時がくると、退屈な詩と考えるようになる。そうなると、どれほど意志力を働かせても、自分の気持を変えることは不可能となるだろう。
 この不都合な事実は、万人によって従来無視されてきており、現在でも老人たちはこれを十分に認識していない。我々の社会制度のほとんどすべてがうまく機能するかどうかは、情緒の予知能力(←予想される感情を事前に感じる能力)にかかっている。我々は、日曜の朝は教会での敬虔な情緒を予期し、もしも自分が日曜日のディナーを期待していることに気付くと、恥ずかしく思う。昔風の親であれば、子供が自分たち親に対して、育ててくれることに感謝し、大人の知恵を称賛し、'月並みのジョーク'がだされるたびに面白がるように期待するだろう。もしも子供がこの種の期待される情緒を感じないと、我々は彼らを'不自然な怪物'とみなす。結婚に際して、新郎新婦は、今後末永く愛しあうことは'義務'であると告げられるが、愛情は一つの情緒であるので、意志の制御に服するものではなく、それゆえ義務の範囲には入りえない。思慮深い振舞いは、義務に属すると言えても、愛(情)は天からの贈り物(才能)である。この才能(資質)が消滅する時、それは憐れむべきことではあるが、非難されるべきものではない。
 確かに、自分の情緒を必ず予想通りに生み出す称賛すべき人も一部にはいる。彼らは必ずと言ってよいほど、堂々とした中年の、厳かで、尊敬すべき、非の打ちどころのない、'社会の柱石'ともいうべき人間である。私はこのタイプのとても愛すべき一人の男性を知っている。彼は今日のように(巡礼)旅行が一般化しない昔に、パレスチナ(の聖地)を訪問した。彼は思慮深いとともに経済観念の発達した男だったので、出発時に、家族との間に私的な電報符号を取決めた。たとえば、彼が 'Bang' という語を打電すれば、家族はそれが「ヤッファに上陸。健康かつ無事。着替え(?)(洗濯した物?)を送れ」という意味に解釈し、彼が 'Pish' と打電すれば「君たちからの手紙は、私の期待ほど長くも詳しくもない。庭のシャクナゲは見事に咲いたか、池のほとりに植えた'しだれ柳'は生い茂っているかどうか私は知りたい」という意味に解釈することとした。だが彼が'Grand' と打電してきたならば、「聖地の動植物は私の期待以上のものだった」と意味することとした。以上、現にそのとおりだったので、彼は予定通りに打電した。
 幸福な人間よ、彼は、驚きを予期する場合を除いて、決して驚くことのない、見事に秩序立った宇宙を堂々と歩んでいる! 彼はなんと平和で穏やかなことだろう。しかし我々卑小な人間は、そういった喜びを経験することは不可能である。我々にとって世界は予期不可能であり、自分たちは聖地の動植物とは異なった存在である。逆に我々卑小な人間には、情緒の恒常性と情緒の予期可能性が仮定されるものは、不幸の原因、あるいは少くとも偽善の原因であることが多い。特に若者を相手にする場合、我々は決して特定の情緒を彼らに要求してはならないということを記憶していることは非常に重要なことである。子供が平生なついているならば、あなたが旅行を終えて家に帰った時は、通常自発的な喜びを表わすだろう。しかしたまたま誰かに子犬をもらったところであったり、たまたまパズルに夢中だったかの事情で、子供たちがあなたの帰宅に対して、まったく無関心かもしれない。もしもあなたががそういった状況のもと、情緒を表すことを彼らに要求するならば、あなたは彼らに偽善的行為をする機会を与えていることになる。そうして、我々の時代が、以前よりも向上したと言われる何らかの特徴があるとすれば、それは若者がこの種の偽善的ごまかしを、明らさまに嫌悪するようになったことである。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

 If you decide to catch a certain train at a certain time on a certain day, you can do so, unless some accident intervenes. But if you decide to feel some specific emotion at some predetermined moment, you are very likely to fail. You say to yourself (we will suppose) : 'At 6:23 p.m. next Saturday I will be overwhelmed by the beauty of Gray's Elegy.' But when the time comes you think this poem tiresome, and no exercise of willpower will make you feel otherwise.
This is an inconvenient fact which used to be ignored by all, and is still not sufficiently recognised by the old. Almost all our institutions depend, for their success, upon capacity for feeling expected emotions. We expect religious emotions in church on Sunday morning, and feel ashamed if we find ourselves looking forward to Sunday dinner. If we are old-fashioned parents, we expect our children to feel gratitude to us for their existence and to combine admiration of our wisdom with perennial amusement at our stock jokes. When they do not feel these expected emotions, we regard them as unnatural monsters. In marrying, bride and bridegroom are informed that it will henceforth be their 'duty' to love one another, although, since love is an emotion, it is not subject to the control of the will and therefore cannot come within the scope of duty. Considerate behaviour may be a duty, but love is a gift from heaven: when the gift is withdrawn, the one who has lost it is to be pitied, not blamed.
There are, it is true, some admirable men whose emotions are never unexpected. They are invariably portly, middle-aged, and dignified, respected, irreproachable, and pillars of society. I knew one highly amiable example of this type, who went to Palestine at a time when this journey was less common than it is now. Being at once prudent and economical, he arranged with his family a private telegraphic code. If he telegraphed the one word 'Bang', for example, they were to interpret it as meaning: 'Have landed at Jaffa. Am well and happy. Please send laundry.' If he telegraphed 'Pish', that was to mean: 'Your letters are neither so long nor so informative as I could wish. I desire to know whether the rhododendrons are blossoming well, and whether the weeping willow which I caused to be planted beside the lake is flourishing.' But if he telegraphed 'Grand', that was to mean: 'The flora and fauna of the Holy Land have surpassed even my expectations.' They did, and he did.
Happy man, moving in stately fashion through a well-ordered universe that never surprised him except when he expected it to do so! What peace, what calm, must have been his! But for humbler mortals these joys are impossible: they find the world unpredictable, and themselves quite unlike the flora and fauna of the Holy Land. For them, whatever assumes the permanence and predictability of emotions is liable to be a cause of unhappiness, or at least of hypocrisy. In dealing with the young, it is of great importance to remember that one must never demand an emotion. Your children, if they are fond of you, will usually show a spontaneous pleasure when you return from a journey. But it may happen that someone has just given them a dog, or that they are absorbed in a puzzle, and in that case they may be completely indifferent to your arrival. If, in these circumstances, you demand a display of emotion, you are giving a lesson in humbug. And if there is anything in which our age is better than its predecessors, it is the dislike of humbug that characterises the young.
★7月(前月)の言葉★格言集へ