Portal Site for Russellian in Japan


「占星術師について」(松下彰良・訳)
(1933.10.02)
On astrologers
* 改訳しました。(2011.2.24)
日本占術協会

 偉大な古来の伝統(的慣行)が落ちぶれると(fallen on evil days),常に何かしら悲哀を感じる(哀れをさそう)ものがある。(訳注:J. ミルトンの Paradise Lost(『失楽園』) Book 7の次の一節によっている。: To hoarse or mute, though fallen on evil days, On evil days though fallen, and evil tongues) 絵に描かれた昔の占星術師は,長くて白いあご髭をはやした年老いた賢者であり,彼はゆっくりと忘我状態で語り,そうして聴き手も,彼自身も,神秘的な教えが与えられると思っていた。その最も輝かしい時代においては,占星術師は諸国の運命を左右した。カルデア人(訳注:「占星術師」の意味もある。)の間では,占星術師の国王に対する関係は,ちょうど今日の英国銀行総裁の総理大臣に対する関係と同じであった。古代ローマでは,「数学者たち」(当時占星術師はこのように呼ばれていた。)全員をローマ市から追放した,合理主義者であった数人の皇帝たちは例外として,占星術師は尊敬されていた。アラビア人も,重要な時にはいつも,彼らに助言を求めた。ルネサンス時代の最も賢い人々も彼らを信じた。偉大な天文学者ケプラーは,世の尊敬と生計の糧を勝ち取るために,占星術師にならざるえなかった。
 占星術師は今も実在する。幸い,私は数人の占星術師を知っている。しかし彼らは現在,昔の堂々たる存在とはいかにかけ離れたものになっていることか! 私が知る限り,彼らはたいてい年老いた母親か病弱な夫を抱えており,勤勉かつ大変立派なビジネスマン(あるいはビジネス・ウーマン)である。彼らは経験則から,'生命の家(訳注:The House of Life 神殿に付設された古代エジプトの医療施設),東の地平線上の惑星,その他,についての古代の公式に従うのであるが,彼らの言葉は悲しいまでに現代的であり,十二宮図は,昔のように羊皮紙にカバラ風(神秘的)に刻まれるのではなく,最上質の大版四切タイプ用紙に綿密に印刷されている。この点で彼らは判断の誤りを犯しており,我々は,星(星座)によって未来を予言する占星術師の能力に信頼を置くことが難しくなる。
 (ところで)彼ら自身,自分が専門とするこれらの諸科学に信頼をおいているのだろうか? これは難しい問いである。驚異的な物事は何であれ,必ず世の中にはそれらを信ずる人々がおり,職業的占星術師がこの種の人間でないとは言えない。たとえ彼らが自分のパフォーマンスは大部分当てずっぽうかそれ以外の方法で入手した情報にもとづく推論にすぎないと自覚していても,そういった劣った方法にまったく頼らないすぐれた実践家が存在すると多分思っているだろう。かつて,海水から金を抽出する方法を発見したと公言して巨万の富を築いた'立派な'人(←皮肉)がいた。彼は手遅れにならないうちに南アメリカに逃亡し,以後ずっと幸せに暮らせるように準備した。不運にも,もう一人の男が同種類の発見をしたと公言した。それを真に受けた私の友人は,この新しい金抽出法に全財産を投資し,一文無しになってしまった。この出来事は,人間というものが普通思われているほど不誠実ではないことを示しており(?),おそらく,職業的占星術師は,概して自分の教義の真実性を立派に確信しているだろう。
 以上のように言うことができるということは,占星術師にとっては名誉なことであるが,我々の教育システムにとってはとても不名誉なことである。学校や大学では,あらゆる種類の情報が大量に与えられるが,それらのいかなる情報についても,理性を働かせたり,何が何に対する証拠であるかを考えることを教えない。科学的証拠の本質についての観念をわずかでも持っている人間は,占星術師が持っているような信念を持つことはもちろん不可能である。しかし,たとえば,ある特定の地域に住む人間やある金額を越える収入を稼ぐ人間は特別な長所を持っているといったような,政府当局が基本としている信念の大半は,これと同じはずである。正しく推論を行う方法を(生徒や学生に)教えると,これらの信念の基礎を掘り崩す恐れがあるため,民衆(国民)に正しく推論する方法を教えることは好ましくないのであろう。この種の信念が色褪せれば,人類の災厄は回避されるが,政治家は災厄を逃れることはできない。それゆえ,(政治家・統治者は)いかなる代償を払っても,我々(被統治者・被選挙民)を愚鈍な状態にしておかなければならないのである
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

There is always something pathetic about a great and ancient tradition which has fallen on evil days. The astrologer, as one pictures him in the past, is an aged sage with a long white beard, speaking in a slow and trance-1ike manner, and felt by his auditors and himself to be possessed of mystical lore. In his most glorious days, he controlled the destiny of nations : among the Chaldeans, he stood to the King in the same relation as the Governor of the Bank of England now stands to the Prime Minister. In ancient Rome he was reverenced, except by a few rationalistic Emperors, who banished from the City all 'mathematicians', as they were called. The Arabs consulted them on all important occasions; the wisest men of the Renaissance believed in them, and Kepler, the great astronomer, had to become an astrologer in order to win respect and a livelihood.
Astrologers still exist ; it has been my good fortune to know several. But how different they are from the magnificent beings of former times ! They are, so far as I have come across them, hard-working and highly meritorious business men or women, with an aged mother or an invalid husband to support. They follow by rule of thumb the ancient formulae about the House of Life and planets in the ascendant and the rest of it, but their language is sadly modernised, and their horoscopes, instead of being inscribed cabalistically upon parchment, are neatly typed upon the best quarto typing paper. In this, they commit an error of judgement which makes it difficult to have faith in their power of deciphering the future in the stars.
Do they believe themselves in the sciences that they profess ? This is a difficult question. Everything marvellous is believed by some people, and it is not improbable that professional astrologers are of this type. And even if they are aware that their own performances are largely guesswork and inferences from information obtained otherwise, they probably think that there are superior practitioners who never resort to these inferior methods. There was once a worthy man who made a vast fortune by professing to have discovered how to make gold out of sea water. He decamped to South America before it was too late and prepared to live happily ever after. Unfortunately another man professed to have made the same discovery ; our friend believed in him, invested all his money in the new process, and lost every penny. This incident shows that people are often less dishonest than they might be thought to be, and probably professional astrologers are in the main honourably convinced of the truth of their doctrines.
That this should be possible is creditable to them but very discreditable to our educational system. In schools and universities information of all sorts is ladled out, but no one is taught to reason, or to consider what is evidence for what. To any person with even the vaguest idea of the nature of scientific evidence, such beliefs as those of astrologers are of course impossible. But so are most of the beliefs upon which governments are based, such as the peculiar merit of persons living in a certain area, or of persons whose income exceeds a certain sum. It would not do to teach people to reason correctly, since the result would be to undermine these beliefs. If these beliefs were to fade, mankind might escape disaster, but politicians could not. At all costs, therefore, we must be kept stupid.
★9月(前月)の言葉★格言集へ