ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.6

Japan’s Prime Minister Shinzo Abe, center, and his cabinet ministers, escorted by a Shinto priest, arrive at the Grand Shrine of Ise, central Japan, for offering a new year’s prayer Monday, Jan. 5, 2015. Japanese Prime Minister Abe said Monday that his government would express remorse for World War II on the 70th anniversary of its end in August. (AP Photo/Kyodo News) JAPAN OUT, MANDATORY CREDIT

 このことから(このような考察から),私たちは,伝統的な権力と新興の権力との間に存在する重要な区別に気づく。伝統的な権力は習慣のカを味方に(on its side 自分の側に)している。伝統的な権力(の側)は,絶えず,自分たちを正当化する必要はないし(正当であると主張あるいは証明する必要はないし),伝統的権力を覆すほど強力な敵はまったく存在しないということを絶えず証明しなければならないということもない。さらに,伝統的な権力は,反抗(抵抗)は邪悪であるということを示すと主張する宗教的あるいは準宗教的な信念と,ほとんど変わることなく,結びついている。従って,伝統的な権力は,革命時の権力や強奪された権力(usurped power)が可能であるよりも,ずっと大きな度合いまで,世論に頼ることができる(のである)。このことから,(可能性として)多少とも 正反対の結果が二つある。(即ち)一方では,伝統的な権力は,自分は安泰だと感じているので,反逆者を監視することはなく,また,あまり積極的な政治的暴政を行うことは避けそうである。逆に,古い制度が依然として残っているところでは,権力者がともすれば陥りがちな不正は大昔からの慣習の是認を受けており,従って人民(大衆)の支持を勝ち得ようと望む新しい形態の政府の下でありそうであるものよりも,ずっと目立つものである可能性がある。フランスの恐怖政治時代は革命的な類の暴政をよくあらわすものであり,コルグエ(注:強制労役。フランス革命前に封建領主が課した税金代りの強制労働)は伝統的な類の暴政を例証している。

Chapter III: The Forms of Power, n.6

This brings us to a very necessary distinction, between traditional power and newly acquired power. Traditional power has on its side the force of habit; it does not have to justify itself at every moment, nor to prove continually that no opposition is strong enough to overthrow it. Moreover it is almost invariably associated with religious or quasi-religious beliefs purporting to show that resistance is wicked. It can, accordingly, rely upon public opinion to a much greater degree than is possible for revolutionary or usurped power. This has two more or less opposite consequences : on the one hand, traditional power, since it feels secure, is not on the look-out for traitors, and is likely to avoid much active political tyranny ; on the other hand, where ancient institutions persist, the injustices to which holders of power are always prone have the sanction of immemorial custom, and can therefore be more glaring than would be possible under a new form of government which hoped to win popular support. The reign of terror in France illustrates the revolutionary kind of tyranny, the corvee the traditional kind.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_060.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.5

 法の力はこうした(権力の)複雑さを例証するだろう。法の最高権力(究極的な力)は,国家の強制力である。直接の物理的な強制力は(若干の制限はあるが)国家の特権であるというのは文明社会の特徴であり,法とは,国家が自国民を扱うにあたって,この特権を行使する際の一揃いの規則である。しかし,法が罰(刑罰)を用いるのは,望ましくない行為を物理的に不可能にするためだけでなく,(ある方向に)誘導する物としても罰を用いるたとえば,罰金は行為を不可能にはせずに,ただ,その行為をあまり魅力のないものにするだけである。
【注:どういうわけか,みすず書房版の東宮訳では,この一文「a fine, for example, does not make an action impossible, but only unattractive. 」は訳出されていない。】
 さらに,これはもっとずっと重要なことであるが,法は,一般民衆の感情によって支持されていない場合には,ほとんど無力である。それは,禁酒法施行下のアメリカ合衆国や,1880年代のアイルランド月光党員がアイルランド住民の大多数の共感を得た時の例を見れば,わかるであろう。【注:つまり,米国では,禁酒法に賛成する国民が少なかったので守られなかった。また,地主に苦しめられていた貧しいアイルランドの小作農が秘密の団体をつくり,夜,月光のもと,地主に襲いかかった事件にも共感が集まった。】
 それゆえ,法が有効な力となるかどうかは,警察権力よりも,世論や(民衆の)感情によりいっそう依存するのである。法に賛成する感情の度合いは,社会の最も重要な特徴の一つである

Chapter III: The Forms of Power, n.5

The power of the Law will illustrate these complexities. The ultimate power of the Law is the coercive power of the State. It is the characteristic of civilized communities that direct physical coercion is (with some limitations) the prerogative of the State, and the Law is a set of rules according to which the State exercises this prerogative in dealing with its own citizens. But the Law uses punishment, not only for the purpose of making undesired actions physically impossible, but also as an inducement; a fine, for example, does not make an action impossible, but only unattractive. Moreover –and this is a much more important matter– the Law is almost powerless when it is not supported by public sentiment, as might be seen in the United States during prohibition, or in Ireland in the ’80’s, when moonlighters had the sympathy of a majority of the population. Law, therefore, as an effective force, depends upon opinion and sentiment even more than upon the powers of the police. The degree of feeling in favour of Law is one of the most important characteristics of a community.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_050.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.4

 (前述の)イソップ(童話)の類推ヒットラーの台頭にあてはめてみよう。ニンジンはナチスの綱領(たとえば,利子の廃止も含む)にあたる(該当する)。ロバは下位の中産階級にあたる(注:interest 利子,利息を東宮氏は利権と訳出)。羊(の群)と羊を先導する者は,社会民主党員とヒンデンブルグにあたる(該当する)。豚は(「豚」と言っても,その不運な面に関してだけのことであるが)強制収容所に入れられて犠牲になった人々が該当し,芸のできる動物ナチスに敬礼をする幾百万(の民衆)が該当する。
 最も重要な組織は,おおよそ,その組織が行使する権力の種類によって区別することができる。軍隊と警察は肉体に対する強制的な権力を行使する。経済組織は,主に,賞罰を誘引物や制止物として利用する。学校,教会,政党などは,世論(人々の意見)に影響を及ぼそうと企てる。しかし,こうした区別も,そう明確に割り切れるものではない。いかなる組織も,自分に特有な権力に加えて,他の形態も用いるからである。

Chapter III: The Forms of Power, n.4

Let us apply these Aesopian analogies to the rise of Hitler. The carrot was the Nazi programme (involving, e.g” the abolition of interest) ; the donkey was the lower middle class. The sheep and their leader were the Social Democrats and Hindenburg. The pigs (only so far as their misfortunes are concerned (misspelling: con-concerned) were the victims in concentration camps, and the performing animals are the millions who make the Nazi salute.
The most important organizations are approximately distinguishable by the kind of power that they exert. The army and the police exercise coercive power over the body; economic organizations, in the main, use rewards and punishments as incentives and deterrents; schools, churches, and political parties aim at influencing opinion. But these distinctions are not very clear-cut, since every organization uses other forms of power in addition to the one which is most characteristic.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_040.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.3

 これらの権力の諸形態は,我々が動物を扱う時に,最もむき出しかつ単純に表に現れ(開陳され),そこでは,偽装や見せかけ(フリ)は必要だと考えられていない。胴体の真ん中をロープで巻きつけられた豚がキーキー叫びならが釣り上げられて船に積み込まれる場合,豚は自分の肉体に対する直接の物理的な力(権力)に服従している。これとは反対に,諺に出てくるロバが,諺に出てくる(目の前の)ニンジンを(食べようと)目で追う場合(follow),私たちは,(ロバが)そうすることがロバの利益になることをロバに信じ込ませて,我々(人間)が望むようにロバに行動させようと誘導する。右の二つの場合(cases 事例)の中間にあるのが,芸をする動物の場合で,これらの動物の場合には賞罰によって習慣が形成されてきた。またこれとはやり方が異なるが,羊の場合もまた,誘導して船に乗せる場合,先頭の(リーダーの)羊を無理やり船の出入り口(gateway)に引きずり込まなければならない(が),その後,残りの羊は強制することなくその羊(先頭の羊)の後ろについていく。
 こうした形の権力は全て,人間(同士の間でも例証される。
 豚の場合(事例)は,(人間における)軍事力や警察権力の場合(事例)を例証している。
 ニンジンをあてがわれたロバの場合(事例)は,宜伝カの場合(事例)を象徴している。
 芸をする動物の場合は,「教育」のカを示している。

 いやいやながら先頭を行く羊の後に従う羊(の群)は政党政治の例証(実例)である。よくあることであるがどんな時でも,尊敬されている指導者は,派閥や党のボス連中に屈従している(ことが多い)。

Chapter III: The Forms of Power, n.3

These forms of power are most nakedly and simply displayed in our dealings with animals, where disguises and pretences are not thought necessary. When a pig with a rope round its middle is hoisted squealing into a ship, it is subject to direct physical power over its body. On the other hand, when the proverbial donkey follows the proverbial carrot, we induce him to act as we wish by persuading him that it is to his interest to do so. Intermediate between these two cases is that of performing animals, in whom habits have been formed by rewards and punishments ; also, in a different way, that of sheep induced to embark on a ship, when the leader has to be dragged across the gangway by force, and the rest then follow willingly.
All these forms of power are exemplified among human beings.
The case of the pig illustrates military and police power.
The donkey with the carrot typifies the power of propaganda.
Performing animals show the power of”education.”

The sheep following their unwilling leader are illustrative of party politics, whenever, as is usual, a revered leader is in bondage to a clique or to party bosses.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_030.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.2

 権力の形態を分類する多様な方法があり,そのいずれの方法にも有用性(utility 利点)がある。第一に,人間に対する力(支配力)と,生命のない物質,あるいは,非人間的な形態の生命に対する力(支配力)がある。私は,主に,人間に対する力(支配力)に関心を持っているが,現代世界における(諸)変化の主な原因は,科学のおかげである物質に対する(人間の)力(支配力)の増大であるということは,記憶しておく必要がある(忘れてはならない)であろう。

 人間に対する力(支配力)は,個人への影響の仕方,あるいは,(力の行使に)関係する組織のタイプによって,分類することができるであろう。

 個人は次のようなものから影響を受ける。

(1)直接的な物理的な力によって。たとえば,投獄されるとか,殺害されるとかいうような場合。
(2)誘引物としての賞罰(の付与)によって。たとえば,職を与えるとか与えるのを控えるとかいうような時。
(3)意見に及ぼす影響によって。即ち,最も広義の意味での宣伝。

 三番目び項目の下に,私は他人に望ましい(とされる)習慣を創り出す機会も含めたい。たとえば,軍事訓練によるものなどである。(ただし)この場合の唯一つの違いは,軍事訓練などにおいては,意見と呼べるような何らかの精神的な媒介物がなくても,行動が続いて起ることである。

Chapter 3: The Forms of Power, n.2

There are various ways of classifying the forms of power, each of which has its utility. In the first place, there is power over human beings and power over dead matter or non-human forms of life. I shall be concerned mainly with power over human beings, but it will be necessary to remember that the chief cause of change in the modern world is the increased power over matter that we owe to science.
Power over human beings may be classified by the manner of influencing individuals, or by the type of organization involved.
An individual may be influenced: A. By direct physical power over his body, e.g. when he is imprisoned or killed; B. By rewards and punishments as inducements, e.g. in giving or withholding employment; C. By influence on opinion, i.e. propaganda in its broadest sense. Under this last head I should include the opportunity for creating desired habits in others, e.g. by military drill, the only difference being that in such cases action follows without any such mental intermediary as could be called opinion.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_020.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.1

 第3章 権力の形態 n.1

 権力とは,意図した結果(効果)を生み出すこと(もの)であると定義してよいであろう。従って(thus そういうふうに考えると),権力とは量的な概念である。(即ち)似通った欲求を持つ二人の人間がいると仮定した場合,もし一方が他方が達成することを全て達成し,また,他方もまた同様であれば,一方は他方以上の権力を持たない(両者の権力は同等)ということになる。
【みすず書房版の東宮訳は次のようになっており,論理的に筋が通らない文章なので,誤訳であろう。「ここに二人の人があって,共に似たような欲求を持っている場合,もし甲が乙の達成した欲望をことごとく達成してさらにそれ以上のことまで達成したとすれば,甲も乙も権力をもたないという点では同じである」】

 しかし,一方がある一群の欲求を達成し,他方が別の一群の欲求を達成するという場合,その二人の人間の権力(の大小)を比較する正確な手段は存在していない。たとえば,二人の芸術家がいて,どちらも良い絵を描きたいという欲求と裕福になりたいという欲求を(2つとも)持っていて,一方は良い絵を描くこと(だけ)に成功し,他方は金持ちになること(だけ)に成功したと仮定した場合,どちらの芸術家がよりいっそう力(権力)を持っていたか(について)評価する方法はまったくない。にもかかわらず,大ざっばに言って,もしAが意図した多く結果を達成し,Bが少しだけしか意図した結果を達成しなければ,AのほうがBより権力を持っていると言うのは簡単である(と言うことはできる)。

Chapter III: The Forms of Power

Power may be defined as the production of intended effects. It is thus a quantitative concept: given two men with similar desires, if one achieves all the desires that the other achieves, and also others, he has no more power than the other. But there is no exact means of comparing the power of two men of whom one can achieve one group of desires, and another another ; e.g. given two artists of whom each wishes to paint good pictures and become rich, and of whom one succeeds in painting good pictures and the other in becoming rich, there is no way of estimating which has the more power. Nevertheless, it is easy to say, roughly, that A has more power than B, if A achieves many intended effects and B only a few.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_010.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.26

 昔は,人々は魔力(神通力)を獲得するために,悪魔(注:Devil と大文字)に自分を売った(自分の魂を悪魔に売り渡した)。今日では,こうした力(権力)を科学から得ており,(これを得た人は)(いろいろな意味で)悪魔になることを強いられている自分に気づいている。(注:devils と複数形になっていることに注意)。力(権力)を手なずけることができなければ,また,権力を ー白人,黄色人種,黒人,ファシスト,共産主義者,民主主義者などの- 人類全体に奉仕させることができなければ,世界に希望はない。というのは(なぜなら),(現代の)科学は万人(全人類)が生きるか死ぬかしなければならぬということを不可避なものにししているからである。

Chapter II: Leaders and followers, n.26

In former days, men sold themselves to the Devil to acquire magical powers. Now-a-days (Nowadays) they acquire these powers from science, and find themselves compelled to become devils. There is no hope for the world unless power can be tamed, and brought into the service, not of this or that group of fanatical tyrants, but of the whole human race, white and yellow and black, fascist and communist and democrat; for science has made it inevitable that all must live or all must die.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_260.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.25

 こういうことは全て,不必要な悪夢に過ぎないと,読者は思うかも知れない。私もそうあってほしいと願う。私は,機械(装置)の力は新しい精神態度を生みだす傾向をもっており,その結果,これまでのいかなる時代よりも,(諸)政府(注:governments 複数形/可算名詞)を制御(コントロール)する方法をみつけ出すことが重要になってくる,と確信している。民主主義は,技術の発展によっていっそう難しいものになっているかも知れないが,また(それは)いっそう重要なものともなっている。広汎な機械力を意のままに動かすことのできる者は,もしまったく制御が働かなければ,自らを神の如くに -キリスト教の愛の神ではなく,(北欧神の話)雷神や(ローマ神話の火と鍛冶の神)ヴァルカンのように- 感じがちである
 レオパルディ(注:Giacomo Leopardi, 1798-1837:イタリアの詩,随筆家,哲学者)は,火山活動がヴュスヴィオス火山の斜面にもたらしたもの(影響)を次のように描いている-

【★レオパルディの詩の邦訳は,とりあえず,東宮訳を掲載させていただきます。】
私の前に横たわるこの土地,
痩せ細った杉もまばらに,
石と凍えた熔岩の苔むすこの土地,
一人ゆく巡礼のひそやかな跫足(きょうそく),
日だまりに巣くって渦まく蛇,
裂けた地肌の
洞穴のような岩間に兎が走る--
かつて,ここに,たのしい農場があった,
耕地と,黄ばんでゆくみのりと,
群がる牛たちの鳴声が。
この土地にまた
庭園と宮殿が。
権勢に輝く君主たちの手すさびの隠れ家が。
ここに名だたる町々もあったのだ。
それを,怒った山の火と燃える口からふきだす熔岩は,
家,人,もろとも,呑みつくしてしまった
今はすべてが
漠とした荒廃のもとに押しっぶされている。
【英訳は,友人 R・D・トレヴュリアン氏の厚意に負うものであることを附記しておく。】

 こうした結果(results 成果)は今では人間によって成し遂げることが可能である。スペインのゲルニカでもそうであった(注:スペイン内戦中,1937年4月26日,ドイツ空軍がスペインのゲルニカに対して行った,史上初めての都市無差別爆撃)。もしかすると,,遠くない将来,未だロンドンが存在している場所にもこのようなことが行われるかも知れない。そのような破壊(行為)によって支配の地位にのし上がった少数独裁政府に,どのような善きことを期待することができるだろうか? そして,もし新しい神々の落雷によって破壊されるものが,ロンドンとパリではなく,ベルリンとローマであったとしたら,そのような行為が行われた後に,破壊者の側において(破壊者側にも)生き残る人間が果しているであろうか。(そのような状況では)人間的な感情をもっている人は,まず(わきあがる)同情心が抑圧され狂気に駆られ,そうして同情の気持を抑圧する必要のない人々よりも,さらにいっそうひどくなるのではないだろうか?

Chapter II: Leaders and followers, n.25

All this, the reader may think, is mere unnecessary nightmare. I wish I could share this view. Mechanical power, I am convinced, tends to generate a new mentality, which makes it more important than in any former age to find ways of controlling governments. Democracy may have become more difficult owing to technical developments, but it has also become more important. The man who has vast mechanical power at his command is likely, if uncontrolled, to feel himself a god –not a Christian God of Love, but a pagan Thor or Vulcan.

Leopardi describes what volcanic action has achieved on the slopes of Vesuvius :
These lands that now are strewn
With sterilizing cinders, and embossed
With lava frozen to stone,
That echoes to the lonely pilgrim’s foot;
Where nestling in the sun the snake lies coiled,
And where in some cleft
In cavernous rocks the rabbit hurries home–
Here once were happy farms,
And tilth, and yellowing harvests. and the sound
Of lowing herds; here too
Gardens and palaces:
Retreats dear to the leisure
Of powerful lords ; and here were famous towns,
which the implacable mountain, thundering forth
Molten streams from its fiery mouth, destroyed
With all their habitants. Now all around
Lies crushed ‘neath one vast ruin.(note:)

【I questi campi cosparsi
Di ceneri infeconde, e ricoperti
Dall’ impietrata lava,
Che Sotto i passi al peregrin risona ;
Dove s’annida e si contorce al sole
La serpe, e dove al noto
Cavernoso covil torna il coniglio ;
Fur liete ville e colti,
E biondeggiar di spiche, e risonaro
Di muggito d’-enti ;
Fur giardini e palagi,
Agli ozi de’ potenti
Gradito ospizio, e fur citta famose,
Che coi torrenti suoi l’ altero monte
Dall’ ignea bocca fulminando oppresse
Con gli abitanti insieme. Or tutto intorno
Una ruina involve.
(note: I owe the above translation to the kindness of my friend, Mr. R. C. Trevelyan.】
These results can now be achieved by men. They have been achieved at Guernica; perhaps before long they will be achieved where as yet London stands. What good is to be expected of an oligarchy which will have climbed to dominion through such destruction? And if it were Berlin and Rome, not London and Paris, that were destroyed by the thunderbolts of the new gods, could any humanity survive in the destroyers after such a deed? Would not those who had human feelings to begin with be driven mad by suppressed pity, and become even worse than those who had no need of suppressing their compassion?
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_250.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.24

 物に対する支配力でなく,人間(人々)に対する支配力が,本書で(私が)扱う主題である。しかし,物に対する支配力に基礎を置いた,人間(人々)に対する技術的な支配力を確立することも可能である。(注:技術的支配力によって,間接的に人間を支配する力を持つことも可能である) 強力な機械装置を制御する(コントロールする)習慣を持った人々や,このような機械装置の制御を通して人間に対する支配カを獲得した人々は,どんなに不誠実であっても説得に依拠する人間(人々)の物の見方とは全く異なるであろう,彼らの(扱う)対象(subjects 一般大衆)に対する想像力にあふれた物の見方を有していると期待される(予期される)かも知れない。

 我々の大部分は,過去のある時期に,一度は,蟻の巣を無慈悲にも(注:wantonly 理由なく)引っかきまわし,その結果生ずる,蟻たちの慌てふためく混乱を,ちょっとした(軽い)興味を持って見守った経験をもっている。ニューヨークの摩天楼のてっぺんから,(車や人間の)往来を見おろせば,下(地上)の人間は人とは思われなくなり,ほんの少し馬鹿らしさを帯びて見えてくる。

 もしジュピター(注:ギリシアの神々の王=木星)のように,落雷を武器として携えていれば,その人は,ちょうど蟻の巣の場合と同様の動機から,群集の中にめがけて落雷を投げつけてみたくなる(放ちたくなる)であろう。これこそあきらかに,(前述の)ブルーノ・ムッソリーニが機上からアビシニアの人々を見おろした(見下した)時の感情であった。
 ある科学的な政府があり,暗殺の恐れから常に機上で生活し,たまに高い塔のてっぺんか海上の筏(いかだ)に設けてある浮き桟橋(landing stages)に降りてくるだけというような政府を,想像してみよう。

 このような政府が一般民衆(subjects 支配対象)の幸福に何らかの深い関心を持つというようなことはありそうなことだろうか? 逆に,全てが(政府の思い通り)うまくいけば,ちょうど機械を見るのと同様の非人間的な態度で人間を見るということはほとんど確実ではないだろうか? しかし,たまたま,結局,人間は機械ではないということを示唆するようなものがあらわれると,政府は,疑われることがない自明の根本命題を,部下から疑われた人間の(ような)冷たい怒りを燃やし,苦労をほとんど伴わないやり方で(それらの)抵抗を根だやしにするということも,ほとんど確実ではないだろうか?

Chapter II: Leaders and followers, n.24

Power over men, not power over matter, is my theme in this book; but it is possible to establish a technicological (technological) power over men which is based upon power over matter. Those who have the habit of controlling powerful mechanisms, and through this control have acquired power over human beings, may be expected to have an imaginative outlook towards their subjects which will be completely different from that of men who depend upon persuasion, however dishonest. Most of us have, at some time, wantonly disturbed an ants’ nest, and watched with mild amusement the scurrying confusion that resulted. Looking down from the top of a sky-scraper on the traffic of New York, the human beings below cease to seem human, and acquire a faint absurdity. If one were armed, like Jove, with a thunderbolt, there would be a temptation to hurl it into the crowd, from the same motive as in the case of the ants’ nest. This was evidently Bruno Mussolini’s feeling, as he looked down upon the Abyssinians from his aeroplane. Imagine a scientific government which, from fear of assassination, lives always in aeroplanes, except for occasional descents on to landing stages on the summits of high towers or rafts on the sea. Is it likely that such a government will have any profound concern for the happiness of its subjects? Is it not, on the contrary, practically certain that it will view them, when all goes well, in the impersonal manner in which it views its machines, but that, when anything happens to suggest that after all they are not machines, it will feel the cold rage of men whose axioms are questioned by underlings, and will exterminate resistance in whatever manner involves least trouble?
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_240.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第2章:指導者と追従者 n.23

 機械力に頼る寡頭政治における支配者の心理学は,今までのところ,まだいかなるところでも十分には展開されていない(開発されていない)。しかし,それ(その心理学)は今にも起ってきそうであり,質的には全く新しいことではないとしても,量的には全く新しいことである。現在,技術的に訓練を積んだ少数独裁政府(寡頭独裁国)が,飛行機や海軍や発電所や自動車輸送その他をコントロール(制御)することによって,支配下の人々(注:subjects 臣民)を懐柔する(機嫌を取る)必要がほとんどなしに独裁制を確立することは可能だろう。ラピュタ帝国(注:ガリヴァー旅行記に出てくる,全地上を支配していた天空の城にある帝国)も,太陽と反乱地方の間に立ちいる(自らを介在させる)力をもっていたので維持することができた。(即ち)これとほぼ同じくらい思い切ったものが,科学技術者の連合(体)には可能だろう。彼ら(科学者集団)ならば,どんなに頑強に反対する地域でも,(食料を絶って)飢えさせることができるし,また光や熱や電力のような生活を快適にしてくれるものにまず頼るようにさせておいてから,それらを奪い去ることができる。彼らはその地域に毒ガスや細菌を撒き散らすこともできる。(これに対する)抵抗にはまったく希望がない(勝利は見込めない)。そうして,統制に当たる者たちは,機械(装置)について訓練されているので,ちょうど彼らが自分たちが所有している機械を見ることを学んだように人材(注:human material 人的資源)を見るであろう。(つまり)人材を機械装置の操縦者が自分たちに都合がよいように操作できる法則によって支配された感情をもたない何か(木石のごときもの)だと見るであろう。そのような政体(政治体制)は,過去の(多くの)暴政において知られているいかなるものも凌駕する冷酷な不人情(残酷さ)によって特徴づけられるであろう。

Chapter II: Leaders and followers, n.23

The psychology of the oligarch who depends upon mechanical power is not, as yet, anywhere fully developed. It is, however, an imminent possibility, and quantitatively, though not qualitatively, quite new. It would now be feasible for a technically trained oligarchy, by controlling aeroplanes, navies, power stations, motor transport, and so on, to establish a dictatorship demanding almost no conciliation of subjects. The empire of Laputa was maintained by its power of interposing itself between the sun and a rebellious province ; something almost equally drastic would be possible for a union of scientific technologists. They could starve a recalcitrant region, and deprive it of light and heat and electrical power after encouraging dependence on these sources of comfort; they could flood it with poison gas or with bacteria. Resistance would be utterly hopeless. And the men in control, having been trained on mechanism, would view human material as they had learnt to view their own machines, as something unfeeling governed by laws which the manipulator can operate to his advantage. Such a regime would be characterized by a cold inhumanity surpassing anything known in previous tyrannies. ‘
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER02_230.HTM

哲学者バートランド・ラッセルの言葉を毎日お届け