ラッセル『結婚論』家族と国家 n.3

第十五章 家族と国家 n.3:生活困窮から逃れるために国家や権力者に服従? 

 現在,あらゆる国において,賃金労働者階級では父親の権力と役割・機能に対して国家の干渉が絶えず増大しつつあるのに,その他の階級では(ロシアは別として)それに対応する干渉が見られない,という傾向がある。この結果,金持ち貧しい人々との間に,それぞれ,かなり異なる二つの物の見方が生まれてくる。そして,それには,貧しい人々に関するところでは家族の弱体化が伴っているが,金持ちについては対応する変化が見られない。過去において国家の干渉を引き起こした子供に対する人道主義的な感情は継続し,ますます多くの干渉を引き起こす,と想定してよいだろうと私は考える。たとえば,ロンドンの貧民地区の非常に多くの子供たち,及び,北部の工業都市のもっと多くの子供たちが,くる病(rickets)にかかっているという事実は,公共の活動を要請する事実である。けれども,親は,どんなにそうしたいと思っても,この害悪に対処すること(deal with the devil 悪魔と取引をすること)ができない。なぜなら,そのためには,日常の食事と,新鮮な空気と,日光という条件が必要であるのに,親にはこういうものを用意する力がない(not in a position to 立場にいない)からである。子供の一生の最初の数年間に健康を損なうままにしておくことは,残酷なだけでなく,不経済(wasteful)でもある。そうして,衛生(学)や(毎日の)食事がもっとよく理解されてくるにつれて,子供が無用に健康を損ねるままにしてはいけない,という要請が次第に高まるだろう。もちろん,こうした提案にはすべて,熱心な政治的な抵抗があることは事実である。ロンドンの全ての自治区の裕福な人々は,一致団結して地方税(rates)を抑えようとする。つまり,貧しい人々の病気と不幸を軽減するようなことは,できるだけしないようにする(のである)。(ロンドンの)ポプラー区の場合のように,地方当局(local authorities)が幼児死亡率を減らすための真に効果的な措置を講じると,当局者(責任者)は投獄される(のである)。(原注:1922年には,幼児死亡率は,ポフラー区ではケンジントン区よりも1000分の5低かった。1926年,ポプラ一区で元の法規に戻して厚生事業をした後は,幼児死亡率は,ポプラ一区のほうがケンジントン区よりも1000分の10高くなった)。

 にもかかわらず,金持ちのこうした抵抗は,絶えず克服されつつあり,貧しい人々の健康は,絶えず改善されつつある。それゆえ(従って),我々は,自信をもって期待してよいが,近い将来,賃金労働者の子供の世話に関しての国家の機能は,縮小されるというよりも拡大されるだろうし,それに応じて,父親の役割・機能は縮小されるだろう。父親の生物学的な目的は,子供が無力な期間保護することであるから,この生物学的な機能が国家に引き継がれるならば,父親はその存在理由を失う(ことになる)。だから,資本主義社会においては,社会がますます2つの階級に分裂していくものと予想しなければならない。即ち,古いかたちのままに家族を維持する金持ちと,伝統的には父親に属していた経済的な機能をますます国家が果たすことを期待する貧しい人びと(との2つの階級)である。

Chapter XV: The Family and the State, n.3

The present tendency in all countries is towards a continually increasing interference of the State with the power and functions of the father in the wage-earning class, without any corresponding interference (except in Russia) in other classes. The effect of this is to produce two rather different kinds of outlook among the rich and the poor respectively, with a weakening of the family where the poor are concerned, and no corresponding change as regards the rich. It may, I think, be assumed that humanitarian sentiment towards children, which has caused past interventions of the State, will continue, and will cause more and more interventions. The fact that an immense percentage of children in the poor parts of London, and still more in the industrial cities of the North, suffer from rickets, for example, is one which calls for public action. The parents cannot deal with the evil, however much they may wish to do so, since it requires conditions of diet and fresh air and light which they are not in a position to provide. It is wasteful as well as cruel to allow children to be physically ruined during the first years of their lives, and as hygiene and diet come to be better understood, there will be an increasing demand that children should not be made to suffer unnecessary damage. It is true, of course, that there is a vehement political resistance to all such suggestions. The well-to-do in every London borough band themselves together to keep down the rates, that is to say, to ensure that as little as possible shall be done to alleviate illness and misery among the poor. When local authorities, as in Poplar, take really effective measures to diminish infant mortality, they are put in prison. (note: In I922, the infant death-rate was five per thousand lower in Poplar than in Kensington; in I926, after the restoration of legality in Poplar had done its beneficent work, it was ten per thousand higher in Poplar than in Kensington.) Nevertheless, this resistance of the rich is continually being overcome, and the health of the poor is continually being improved. We may therefore confidently expect that the functions of the State in regard to the care of wage-earners’ children will be extended rather than curtailed in the near future, with a corresponding diminition in the functions of fathers. The biological purpose of the father is to protect children during their years of helplessness, and when this biological function is taken over by the State, the father loses his raison d’etre. We must, therefore, in capitalistic communitiess expect an increasing division of society into two castes, the rich preserving the family in its old form, and the poor looking more and more to the State to perform the economic functions traditionally belonging to the father.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM15-030.HTM

ラッセル『結婚論』家族と国家 n.2

第十五章 家族と国家 n.2:教育制度と階級の関係

 国家が父親に取って代わるこのプロセスに対し,明確な制限(限界)を設けることはできない。国家が引き継いだもの(こと)は,母親というよりも,むしろ,父親の機能(役割)である。なぜなら,国家は,子供のために本来なら(otherwise そうでなければ)父親が金(代価)を支払わなければならないサービスをするからである。上流や中流の階級においては,このプロセス(進行/経過)は,ほとんど起こっていない。その結果,賃金労働者の間よりも,裕福な人びとの間のほうが父親はより重要なままであり,家族もより安定している。ソビエト・ロシアのように,社会主義を真剣に採り入れているところにおいては,以前,金持ちの子弟のために作られた教育機関を廃止したり,すっかり改革したりすることが,重要かつ絶対必要な事業だと認識されている。このようなことが英国で起こるとは,少し想像し難い。私は,高名なイギリスの社会主義者たちが,すべての子供は小学校に行くべきだという提案を聞いて,口角泡をとばして怒鳴るのを見たことがある。「何だって? 私の子供がスラムの子供とつきあうんだって! とんでもない!」と(言うように)彼らは叫ぶ(のだ)。奇妙なことに,彼らは,階級の区別がどれほど深く教育制度と結びついているか,わかっていないのである。

Chapter XV: The Family and the State, n.2

To this process of substituting the State for the father no clear limit can be set. It is the functions of the father rather than of the mother that the State has taken over, since it performs for the child such services as the father would otherwise have to pay for. In the upper and middle classes this process has hardly taken place at all, and consequently the father remains more important, and the family more stable, among the well-to-do than among wage-earners. Where Socialism is taken seriously, as in Soviet Russia, the abolition or complete transformation of educational institutions previously intended for the children of the rich is recognized as an important and vitally necessary undertaking. It is difficult to imagine this taking place in England. I have seen prominent English Socialists foam at the mouth at the suggestion that all children ought to go to elementary schools. “What? my children associate with the children of the slums? Never!” they exclaim. Oddly enough, they fail to realize how profoundly the division between the classes is bound up with the educational system.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM15-020.HTM

ラッセル『結婚論』家族と国家 n.1

第十五章 家族と国家 n.1: 家族制度と国家との関係

家族は,生物学的起源をもっているけれども,文明社会においては,法律の制定による所産である。結婚は,法律で規制されており,親の子供に対する権利(親権)も細かく定められている。(法的)結婚がおこなわれない場合は,父親には(子供に対して)なんの権利もなく,子供はもっばら母親のものになる。しかし,法律は,家族を擁護する意図を有しているけれども,現代においては,ますます親と子供の間に介入してきており,立法者の希望と意図に反して,次第に家族制度を崩壊させる主要なエンジン(動力源)の一つになりつつある。こういうことが起こったのは,悪い親には,社会の一般的な感情が必要と考えるだけの子供の世話を期待できない(子供の世話することを信頼できない),という事実による。しかも,悪い親だけでなく,非常に貧しい親の場合も,彼らの子供を災難から守るためには,国家の干渉が必要になる(のである)。

 十九世紀の初めに,子供を工場で働かせることを禁止しようとする提案は,親の責任(責務)を弱めるだろうという理由ではげしく反対された。英国の法律は,古代ローマの法律と異なり(注:did not, like the that of ancient Rome, allow を「古代ローマの法律のように・・・を許さなかった」と訳すと,逆に解釈される危険がある。),親が子供をすみやかに苦痛をあたえずに殺すことを許さなかったが,親がゆっくりと(子供を)苦役で苦しめて,子供の生命を(徐々に)奪うことは許した(のである)(注:皮肉ですね)。この聖なる権利は,親や雇い主や経済学者によって擁護された。にもかかわらず,社会の道徳感情は,このような抽象的かつ学者ぶった考えにぞっとし(注:was revolted by),そうして,(英国)工場法が可決された。次の段階は,より重要なものであった。即ち,義務教育の開始である。これは,親権に対する真に重大な干渉である。休日を除いて,毎日の多くの時間,子供は家庭から離れて,子供たちが知る必要があると国が考える事柄を学習しなければならず,また,親がこのことをどう思うかは法的には無関係ない(のである)。学校を通して,子供の生活に対する国家の支配は,次第に広がりつつある。たとえ両親がクリスチャン・サイエンスの信者(注:彼らは手術や輸血を認めない。)であっても,子供の健康は世話をしてもらえる。子供が精神的に欠陥があれば,特殊学校へ行かされる。困窮していれば,養ってもらえる(食料などが与えられる)。親がブーツを買ってやれないなら,支給されるだろう。子供が登校したときに,親から虐待されている形跡があれば,親はおそらく刑罰を受けるだろう。

昔は,子供が未成年の間は,子供の稼ぎを取りあげる権利があった。今日では,子供が自分の稼ぎを保持することは,実際上は難しいかもしれないが,子供にはそうする権利はあり,必要があれば,この権利を行使することもできる。賃金労働者階級の親に残されている,わずかな権利の一つは,いかなるものであれ,同じ地域の多数の親たちが共有している迷信を子供に教えこむことである。しかも,この権利さえも,多くの国では両親から奪われている。

Chapter XV: The Family and the State, n.1

The family, though it has a biological origin, is in civilized communities a product of legal enactment. Marriage is regulated by law, and the rights of parents over their children are minutely determined. Where there is no marriage, the father has no rights, and the child belongs exclusively to the mother. But although the law means to uphold the family, it has in modern times increasingly intervened between parents and children, and is gradually becoming, against the wish and intention of law-makers, one of the chief engines for the break-up of the family system. This has happened through the fact that bad parents cannot be relied upon to take as much care of their children as the general feeling of the community considers necessary. And not only bad parents, but such as are very poor, require the intervention of the State to secure their children from disaster. In the early nineteenth century, the proposal to interfere with the labour of children in factories was fiercely resisted on the ground that it would weaken parental responsibility. Although the English law did not, like that of ancient Rome, allow parents to kill their children quickly and painlessly, it did permit them to drain their children of life by a slow agony of toil. This sacred right was defended by parents, employers, and economists. Nevertheless, the moral sense of the community was revolted by such abstract pedantry, and the Factory Acts were passed. The next step was a more important one, namely the inauguration of compulsory education. This is a really serious interference with the rights of parents. For a large number of hours on all days except holidays, the children have to be away from home, learning things that the State considers necessary for them to know, and what the parents think about the matter is legally irrelevant. Through the schools, the control of the State over the lives of children is being gradually extended. Their health is cared for, even if their parents are Christian Scientists. If they are mentally deficient, they are sent to special schools. If they are necessitous, they may be fed. Boots may be supplied if the parents ‘cannot afford them. If the children arrive at school showing signs of parental ill-treatment, the parents are likely to suffer penal consequences. In old days, parents had a right to the earnings of their children as long as their children were under age; now, although it may be difficult in practice for children to withhold their earnings, they have the right to do so, and this right can be enforced when circumstances arise which make it important. One of the few rights remaining to parents in the wage-earning class is that of having their children taught any brand of superstition that may be shared by a large number of parents in the same neighbourhood. And even this right has been taken away from parents in many countries.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM15-010.HTM

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.11

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族
n.11:

 このような制度(子供の養育権を父親からとりあげる制度)が男性の心理に及ぼす影響については,若干,前章で触れた。そういう制度は,男性の女性に対する関係のまじめさをはなはだしく減少させ,その関係を,心と精神と肉体の親密な結合ではなく,ますます単なる快楽の問題にしてしまうだろう,と私は信じている。(また)そういった制度は,すべての人間関係において,ある種瑣末なものに向かう傾向がある(注:tend towards a certain triviality/(人間関係は)ある種瑣末なものになりがちであり),その結果,男性の真剣な強い感情(情緒)は,自分の経歴や,自国や,あるいは何かまったく非個人的な問題に向けられるようになるだろう。

けれども,そういう言い方は,いくらか一般的(な言い方)にすぎるであろう。男性は,お互いに,はなはだしく異なっており,ある一人にとって大きな損失であるものが,もう一人にとっては,まったくもって申し分のないものであるかもしれないからである。いくらか躊躇しながら述べれば,認められた社会的関係としての父性が奪われたとしたら,男性の情緒生活をつまらなく,薄っぺらいものにしがちであり,ついには,ゆっくりと退屈と絶望を引き起こし,その中で,生殖(procreation)は次第に死に絶えていくであろう,と私は信じている。そして,人類は,より古い慣習(しきたり)を守ってきた種族(stocks 血統)によって補充されることになるだろう(注:一夫一婦制や家父長制を固守してきた種族が増えていくことになる/減った分が補充されることになるであろう)。退屈と平凡は避けがたいだろう,と私は思う。人口の減少は,もちろん,女性に十分な報酬を支払って,母親という職業につかせることで,防止できるだろう。もしも,軍国主義が相変らず今日のように強固であるなら,おそらく,こういうことが遠からず実行されるだろう。しかし,この方面に考えを向けるのは,のちの章で扱う人口問題の考察に属することである。従って,当面,そのことはこれ以上追求しないことにする。

Something was said in the last chapter as to the effect of such a system upon male psychology. It would, I believe, immensely diminish the seriousness of men’s relations to women, making them more and more a matter of mere pleasure, not an intimate union of heart and mind and body. It would tend towards a certain triviality in all personal relations, so that a man’s serious emotions would be concerned with his career, his country, or some quite impersonal subject. All this, however, is expressed somewhat too generally, for men differ profoundly one from another, and what to one might be a grave deprivation might to another be entirely satisfactory. My belief is, though I put it forward with some hesitation, that the elimination of paternity as a recognized social relation would tend to make men’s emotional life trivial and thin, causing in the end a slowly growing boredom and despair, in which procreation would gradually die out, leaving the human race to be replenished by stocks that had preserved the older convention. The boredom and triviality would, I think, be unavoidable. The diminution of population could, of course, be guarded against by paying women a sufficient sum for taking up the profession of motherhood. This will presumably be done before long, if militarism remains as strong as it is at present. But this line of thought belongs with the consideration of the population question, which will be dealt with in a later chapter. I shall not, therefore, at present pursue it farther.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM14-110.HTM

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.10

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族
n.10:もし子供の養育を全て国家が引き受けたら・・・

 男性は,現在父性(paternity 父親であること)から与えられる権利を享受できなくなるとしても,子供を作るだろうか? 男性の中には,もしも(子供に)責任を持たなくてもよいのであれば,むやみに子供を作るだろう,と言うものがいるだろう。私は,そうは信じない。子供を欲しがる男性は,それに伴う義務を欲しがる(のである)。そして,今日のような避妊法の(が普及した)時代においては,男性が快楽の追求時における単なる偶発的な事件として頻繁に子供を持つようなことはしないであろう。もちろん,法律の状態がどうであろうとも,その中で男性が現在父であることから得ているところの,男性と女性が恒久的に融和して生活する道は常に開かれているだろう。

しかし,もしも,法律と慣習が改正されて,子供は母親だけのものであるという見解に適応するようになったなら,女性は,今日知られているような結婚に類した(近い)ものは,いかなるものも自分たちの独立を侵害するものであり,結婚しなければ享受できるはずの,子供に対する完全な所有権を無駄に失うことになる,と感じることだろう。それゆえ,男性が女性を説得して,法律的に女性に保障されている権利を譲らせようとしても,あまり成功しないだろう,と予想(覚悟)しなければならない。

Chapter XIV: The Family in Individual Psychology, n.10

Would men beget children if they were not going to enjoy the rights which paternity confers at present? Some people would say that if they were not going to have responsibilities they would beget them recklessly. I do not believe this. A man who desires a child desires the responsibilities which it entails. And in these days of contraceptives a man will not often have a child as a mere incident in his pursuit of pleasure. Of course, whatever the state of the law might be, it would always be open to a man and woman to live in a permanent union in which the man could enjoy something of what now comes through fatherhood; but if law and custom were adapted to the view that children belong to the mother alone, women would feel that anything approximating to marriage as we know it now was an infraction of their independence, and involved a needless loss of that complete ownership over their children which they would otherwise enjoy. We must therefore expect that men would not often succeed in persuading women to concede rights legally guaranteed to them.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM14-100.HTM

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.9

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族
n.9:男が結婚する主な理由は?

 個人心理における家族に関連して最大級に重要な問題は,父親に及ぼす影響である。我々は,既に繰り返し機会をとらえて,父性(父親であること)とそれに付随する情熱の意義を指摘してきた。また,古代史において(in early history),父性が父家長制家族の発達と女性の隷属とに関連して,どのような役割を演じたかを見てきた。そうして,このことから,父親の感情がどれほど強い情熱である(にちがいない)かを判断することができる。理由はなかなか推測できないが,父親の感情は,高度に文明化された社会(高度文明社会)においては,それ以外の社会におけるほど,決して強くない(not nearly so strong)。帝国時代の上層階級のローマ人は,どうやら(apparently 見たところ)父性を感じなくなっていたようである。また,現代の多くの知的な男性は,父性をほとんど,あるいはまったく欠けている。にもかかわらず,最も文明化した社会においてさえ,非常に多くの男性はいまだ父性を感じている。男性が結婚する理由は,性(セックス)のためというよりも,むしろ,この(理由の)ためである。というのは,結婚しなくても性的な満足を得るのは困難ではないからである。子供を欲しがる気持ちは,男性よりも女性のほうに一般的であるという説があるが,私自身の印象は,真偽のほどはわからないが(for what it is worth),正反対である。非常に多くの現代の結婚において,子供は,男性の欲求に対する女性の側の譲歩にほかならない。結局,女性は,子供を生むためには,出産と陣痛(labor and pain)と美しさの喪失に直面しなければならないが,男性にはそういう心配をする理由がない

男性が子供の数を制限したいと思うのは,一般的に言って,経済的な理由からである。この理由は,同様に女性にも働いているが,女性にはさらに,女性自身の特別な理由もある。男性の子供を欲しがる気持ちがどれほど強いかは,専門職についている男性が,わざわざ物質的な安楽を喪失を引き受けてまでも,その階級に必要とされる高価な方法で子供を教育しようとすることを考えてみれば,明らかである

Chapter XIV: The Family in Individual Psychology, n.9

Much the most important question in relation to the family in individual psychology is the effect upon the father. We have already repeatedly had occasion to point out the significance of paternity and its attendant passions. We have seen what part it played in early history in connection with the growth of the patriarchal family and the subjection of women, and we can judge from this what a powerful passion paternal feeling must be. For reasons not easy to fathom, it is not nearly so strong in highly civilized communities as it is elsewhere. Upper-class Romans in the time of the Empire apparently ceased to feel it, and many intellectualized men in our own day are nearly or quite destitute of it. Nevertheless, it is still felt by the great majority of men, even in the most civilized communities. It is for this reason, rather than for the sake of sex, that men marry, for it is not difficult to obtain sexual satisfaction without marriage. There is a theory that the desire for children is commoner among women than among men, but my own impression, for what it is worth, is exactly the contrary. In a very large number of modern marriages, the children are a concession on the part of the woman to the man’s desires. A woman, after all, has to face labour and pain and possible loss of beauty in order to bring a child into the world, whereas a man has no such grounds for anxiety. A man’s reasons for wishing to limit his family are generally economic; these reasons operate equally with the woman, but she has her own special reasons as well. The strength of the desire that men feel for children is evident when one considers the loss of material comfort that professional men deliberately incur when they undertake to educate a family in the expensive manner that their class considers necessary.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM14-090.HTM

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.8

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族
n.8: 母親の心理から見た場合の家族の重要性

母親の心理から見た場合,現在存在する家族の重要性を評価することはかなり難しい。妊娠や授乳(lactation)の期間中,女性は,一般的に,男性による保護を望むある一定の本能的な傾向がある,と私は思っている。この感情は,類人猿から受け継いだものであるにちがいない。おそらく,現代の,どちらかと言えば過酷な世界にあって,この(男性による)保護なしで済まさなければならない女性は,いくらか過度に闘争的かつ自己主張的になりやすい。しかし,こういう感情は,ほんの一部しか本能的なものではない。もしも,国家が妊娠中(expectant)や乳飲み子を持つ母親(nursing mothers)と幼児の世話をするならば,こういう感情は,大いに弱められるだろうし,ある場合には,まったく消滅してしまうだろう。

家庭に父親の居場所をなくすこと(注:現代的な意味で「多忙な父親」は家に居場所がない,といった意味ではなく,「父親を不要とすること」)によって女性がこうむる主な被害は,もしかすると(perhaps),男性との親密かつ真剣なつきあいが減ることかも知れない,と考える。人間は,両性が互いに相手から多くのものを学ぶように作られているが,単なる性関係は,たとえそれが情熱的なものであっても,それらを学ぶためには不十分なものである。子供を養育するという重大な仕事で協力し,それに伴い長年に渡って親密につきあうことは,男性が自分の子供に対してまったく責任を持たない場合に存在するいかなる関係よりも,いっそう重要かつ豊かな関係をもたらす。また,純粋に(もっぱら)女性的な雰囲気の中で暮らしているか,または,男性との接触が瑣末なものでしかない母親は,わずかな例外を除いて,情操教育の観点から見て,幸福な結婚をし,それぞれの段階で夫と協力している母親ほど子供のためになっていない,と私は考える。

Divorce effect on kids concept

けれども,これに対しては,非常に多くの場合(ケース)において,別の考慮を持ち出さなければならない。女性が結婚生活においてかなり不幸な状態にあれば -そして,それは,結局,決して珍しいことではない- 彼女は子供を扱う際に,自分の不幸のために,正しい情緒的な安定(emotional poise)を保つことは非常にむずかしくなる。そのような場合は,彼女は疑いもなく,子供の父親と別れたほうがよい母親になることができる。こうして,我々は,幸福な結婚はよいが不幸な結婚は悪いというつまらない結論に達するのである。

Chapter XIV: The Family in Individual Psychology, n.8

The importance of the family, as it exists at present, in the psychology of mothers is very difficult to estimate. I think that during pregnancy and lactation a woman has, as a rule, a certain instinctive tendency to desire a man’s protection – a feeling, no doubt, inherited from the anthropoid apes. Probably a woman who, in our present rather harsh world, has to dispense with this protection tends to become somewhat unduly combative and self-assertive. These feelings, however, are only in part instinctive. They would be greatly weakened, and in some cases wholly abolished, if the State gave adequate care to expectant and nursing mothers and to young children. I think perhaps the chief harm that would be done to women by abolition of the father’s place in the home would be the diminution in the intimacy and seriousness of their relations with the male sex. Human beings are so constructed that each sex has much to learn from the other, but mere sex relations, even when they are passionate, do not suffice for these lessons. Co-operation in the serious business of rearing children, and companionship through the long years involved, bring about a relation more important and more enriching to both parties than any that would exist if men had no responsibility for their children. And I do not think that mothers who live in a purely feminine atmosphere, or whose contacts with men are trivial, will, except in a minority of cases, be quite so good for their children from the point of view of emotional education as those who are happily married and co-operating at each stage with their husbands. One must, however, in a great many cases set other considerations over against these. If a woman is actively unhappy in her marriage – and this, after all, is by no means an uncommon occurrence – her unhappiness makes it very difficult for her to have the right kind of emotional poise in dealing with her children. In such cases she could undoubtedly be a better mother if she were quit of the father. We are thus led to the entirely trivial conclusion that happy marriages are good, while unhappy ones are bad.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM14-080.HTM

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.7

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族
n.7: プラトンの提案はいただけな

 今(直前で)述べたことは,現在行われているものとはまったく異なる慣習を仮定することにかかっている(注:obtaining 通用している←手に入れている)。ある慣習が存在する場合,子供は,その慣習が侵害されると苦しむ。子供にとって,自分が(他の子供と)どこか変わっていると感じることほど辛いことはないからである。この考察は,現代社会における離婚にもあてはまる。ふた親(両親)に慣れ,その両方に愛着を感じるようになった子供は,二人の離婚は自分の安心感・安全感をまったく壊してしまうものだと受けとる。実際,そういった事情のもとでは,子供は(種々の)恐怖症や,その他の神経障害を起こす傾向がある。子供がいったん両親双方に愛着を感じるようになった場合,両親が別れるとしたら,両親は非常に重い責任を負うことになる。それゆえ(従って),離婚が頻繁に行われているのに,やはり例外的と見なされるような社会よりも,(最初から)父親のいるべき場所のない社会のほうが子供にとってはましだろう,と私は考えている。

子供を父親からばかりではなく,母親からも引き離そうというプラトンの提案には,あまりとりえはないように思われる(とりえがあるとは思われない)。先に述べた理由から,私の考えでは,親の愛情は子供の発育に絶対必要(必須)なものであり,この愛情を片親からだけ受けとることで十分かも知れないが,どちらからも受けとれないとしたら,確実に,きわめて遺憾なこと(悲しむべきこと)だろう。 我々が第一の関心事としている性道徳の観点からすれば,重要な問いは,父親の効用(とは何か)である。これに関しては,何か明確に(積極的に)言うことは非常に困難であるが,結論は,次のようなものと思われる。即ち,幸運な場合は,父親にはある限られた有用性があるが,不運な場合は,父親は,暴虐,短気,喧嘩好き性格のために,役に立つよりも害をなす方が多い,ということである。子供の心理の観点からすれば,父親擁護論は,それゆえ,あまり強力なものではない。

Chapter XIV: The Family in Individual Psychology, n.7

What has just been said depends upon the supposition of a convention quite different from that obtaining at present. Where a convention exists, children suffer through its being infringed, since there is hardly anything so painful to a child as the feeling of being in any way odd. This consideration applies to divorce in our present society. A child who has been used to two parents and has become attached to them both finds a divorce between them destructive of his whole sense of security. Indeed, he is likely in these circumstances to develop phobias and other nervous disorders. When once a child has become attached to both his parents, they take a very grave responsibility if they separate. I think, therefore, that a society in which fathers have no place would be better for children than one in which divorce is frequent though still regarded as exceptional.

I do not see much to be said for Plato’s proposal to separate children from their mothers as well as from their fathers. For the reasons already mentioned, I think that parental affection is essential to a child’s development, and that while it might suffice to receive this affection only from one parent, it would certainly be very regrettable if it were not received from either. From the point of view of sexual morals, which is that with which we are primarily concerned, the important question is the utility of the father. As to this, while it is very difficult to say anything positively, the conclusion seems to be that in fortunate cases he has a certain limited usefulness, while in unfortunate cases he may easily, by tyranny and ill-temper and a quarrelsome disposition, do far more harm than good. The case for fathers, from the point of view of children’s psychology, is not therefore a very strong one.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM14-070.HTM

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.6

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族
n.6: 現在の家族制度に変わるものとして・・・

(現在の家族制度に変わるものとして、)
母権制家族(母系家族)から(検討を)始めよう。この場合想定されるのは,子供は,片親しか知らないようになること,女性は,子供が欲しいと思えば子供を生むであろうが父親が子供に特別な関心を寄せることは期待しないこと,また,必ずしもそれぞれの子供に同じ父親を選ばないこと,である(注:母系制家族というのはそういったものであると想定されるということ/母権制家族という言葉は権力が女性にあるように見えるので不適切かも知れない)。経済的な制度や仕組み(economic arrangements)が十分だと仮定したら,子供は,そういった制度でひどく苦しむであろうか? 結局,父親の子供に対する心理的な効用は何であろうか?

私見によれば,最も重要な効用は,おそらく最後に述べた点,即ち,性を結婚愛と生殖とに結びつける点にある,と思われる。幼児期の最初の数年が過ぎると,女性的な人生観とともに,男性的な人生観に触れることには,きわめて明確な利益がある。特に男の子にとっては,このことは知的に見て重要である。と同時に,その利益がきわめて深いものである,とは私は思わない。幼児のころに父親を亡くした子供は,私の知るかぎり,平均して,他の子供よりも少しも不良になるわけではない。理想的な父親は,父親がないよりもましであることは疑いない。しかし,多くの父親は理想にほど遠いので,父親がいないことが子供にとってはっきりした利益になる場合もある(might be 可能性もある)。

Chapter XIV: The Family in Individual Psychology, n.6

o begin with the matriarchal family. Here one supposes that the children will know only one parent, that a woman will have a child when she feels that she wants one, but without expecting the father to take any particular interest in it, and not necessarily choosing the same father for different children. Assuming the economic arrangements to be satisfactory, would children suffer much by such a system? what, in effect, is the psychological use of a father to his children? I think perhaps the most important use lies in the last point mentioned, namely the connecting of sex with married love and procreation. There is also, after the first years of infancy, a very definite gain in being brought into contact with a masculine as well as a feminine outlook on life. To boys especially, this is intellectually important. At the same time, I cannot see that the gain is very profound. Children whose fathers have died while they were infants do not, so far as I know, turn out on the average any worse than other children. No doubt the ideal father is better than none, but many fathers are so far from ideal that their non-existence might be a positive advantage to children.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM14-060.HTM

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族 n.5

ラッセル『結婚論』第十四章 個人心理の中の家族
n.5: 猥談で性を学んではいけない

 ごく最近にいたるまで,ほとんどなされなかったけれども,賢い父母が子供たちのためにしてやれる支援(service 助け/奉仕)が,もうひとつ(別に)ある。それは,可能なかぎり最良の方法で,性と親であることに関する事実を子供たちに伝えることができるということである(注:introduce A to B という構文:子供たちを~という事実へと導く/また that の使い方にも注意)。もしも,子供たちが性(というもの)を,自分たちをこの世に誕生させた両親の間の関係として学ぶなら,性を最もよい形で,かつ,その生物学的な目的と関連して学ぶことになる。昔は,子供たちはほとんどいつも,性について,最初はみだらな冗談話の対象として,また,恥ずべきものとされる快楽の源として学んでいた。こうして,秘密(隠れたところで)の猥談による初めての手ほどき(initiation 開始)は,通例,消し難い印象を残すので,その後はずっと性に関連したいかなる話題に対しても,まともな態度をとることができなくなってしまう(のである)。

家庭生活(家族との共同生活)が全体として望ましいか望ましくないかを決めるためには,もちろん,これ(家族)に代わる,唯一現実的なものは何であるかを考察しなければならない。これには2つあると思われる。第一は,母権制家族,第二は,孤児院のような公共施設である。このどちらかを原則とするためには,かなりの経済的な変化が必要になるだろう。その変化がおこなわれたと仮定し,(その変化が)子供の心理に及ぼす影響を考察してみよう。

Chapter XIV: The Family in Individual Psychology, n.5

There is another service which a wise father and mother can perform for their children, although until quite recent times they hardly ever did so. This is, that they can introduce them to the facts of sex and parenthood in the best possible way. If children learn of sex as a relation between their parents to which they owe their own existence, they learn of it in its best form and in connection with its biological purpose. In old days, they practically always learned of it first as the subject of ribald jokes and as a source of pleasures considered disgraceful. This first initiation, by means of secret indecent talk, usually made an indelible impression, so that it was ever after impossible to have a decent attitude on any subject connected with sex.

To decide whether family life is on the whole desirable or undesirable, we must, of course, consider what are the only practical alternatives. They seem to be two: first, the matriarchal family, and second, public institutions such as orphan asylums. To cause either of these to become the rule would require considerable economic changes. We may suppose them carried out, and consider the effect upon the psychology of children.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM14-050.HTM

哲学者バートランド・ラッセルの言葉を毎日お届け