ラッセル『権力-その歴史と心理』聖職者(僧侶)の権力 n.2

 聖職者(僧侶)の最も原始的な形態呪術医medicine-man じゅじゅつい)であり,その権力は二種類あって,人類学者はそれを宗教的権力(信仰の力)と魔術的な権力(魔力)の二つに区別している。宗教的権力は超人的な存在の助けに頼るものであるのに対し,魔力は自然なものであると想定されている。けれども,我々の(当面の)目的から言えば,このような区別は重要ではない。重要なことは,魔術によろうと宗教(信仰)によろうと,呪術医は,他の人たちに対して,益となることあるいは害になることをすることができるということ,またその力(権力)は万人によって共有されていない(呪術医以外はそういった力を持っていない)ということである。ある程度の魔術は平信徒(laity 俗人)も行うことができるかも知れないが,呪術医の魔術はずっと強力なものである,と(人々に)思われている。人が病気になったり事故にあったりすると,通常,それは敵の悪意のあるまじない(呪文)のせいである(と受け取られる)。だが,呪術医は,その不吉な呪文をとく方法を知っている(のである)。このようにして,デューク・オグ・ヨーク島(Duke of York Island)では,呪術医は患者の病気の原因を神託による占い(divination)によって発見した後,一袋の石灰を手にとって,次のような魔術の決まり文句を唱える。

「魔よけの石灰よ。我はタコを追い払う;我はテオ蛇を追い払う;我はインギエト(注:Ingiet ある秘密社会?)の霊を追い払う;我は蟹を追い払う;われは水蛇を追い払う;我はパリヴォ蛇を追い払う;我はニシキ蛇を追い払う;我はカイア犬を追い払う。
魔よけの石灰よ。我はぬるぬるした(不快な)液体を掃き清める;われはケテ蔦を取り払う;我はト・ピラナ(To Pilana)を追い払う;我はト・ウウ=タウル(To Wuwu-Tawur)を追い払う;我はトゥムパル(Tumbal)を追い払う。人は(これまで)それらを海中深く沈めてきた。霧立ち込めてこれらを遠ざけん。雲湧き上がってこれらを遠ざけん。闇立ちこめてこれらを遠ざけん。これらは自ら海底へと赴かん。」(原注:リヴァース『医術(医学)と魔術と宗教』p.16)

 このような決まり文句は唱えても無駄だと思ってはいけない。未開人は文明人よりも暗示にかかりやすく,従って彼ら未開人の病いは,このような働きで,非常にしばしば生じたり、治ったりすることがありうるのである。

Chapter IV: Priestly Power, n.2

The most primitive form of priest is the medicine-man, whose powers are of two kinds, which anthropologists distinguish as religious and magical. Religious powers depend upon the assistance of superhuman beings, while magical powers are supposed to be natural. For our purposes, however, this distinction is not important. What is important is that the medicine-man, whether by magic or by religion, is thought to be able to do good or harm to other people, and that his powers are not shared by all and sundry. A certain amount of magic, it is thought, may be practised by the laity, but the medicine-man’s magic is stronger. When a man falls ill or meets with an accident, it is usually due to the malevolent magic of an enemy, but the medicine-man knows of ways by which the evil spell can be removed. Thus in Duke of York Island the medicine-man, after discovering by divination the source of the patient’s illness, takes a packet of lime and recites a magical formula :

Lime of exorcism. I banish the octopus; I banish the teo snake; I banish the spirit of the Ingiet (a secret Society) ; I banish the crab; I banish the water snake; I banish the balivo snake; I banish the python; I banish the kaia dog. Lime of exorcism. I banish the slimy fluid ; I banish the kete creeping plant; I banish To Pilana; I banish To Wuwu-Tawur; I banish Tumbal. One has sunk them right down deep in the sea. Vapour shall arise to hold them afar; clouds shall arise to hold them afar; darkness shall reign to hold them afar; they shall betake themselves to the depths of the sea. (note: Rivers, Medicine, Magic, and Religion, p. 16)

It must not be supposed that this formula is usually ineffective. Savages are much more subject to suggestion than civilized men, and therefore their diseases can very often be both caused and cured by this agency.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER04_020.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』聖職者(僧侶)の権力 n.1

 本章と次章において,過去に最も重要性を持っていた伝統的権力の二つの形態,即ち,聖職者(僧侶)の権力(authority 権威)と王の権力(権威)について考察しようと思う。両者は,現在ではいくらか影が薄くなっており,今後,二度と復活することはないだろうと仮定するのは性急であろうが,両者の衰退は,それが永久的なものであっても,一時的なものであっても,未だ活発な権力形態に関する場合は達成できない完全さで(達成できないほど完全さをもって),これらの制度について研究することを可能にしている(のである)。

 聖職者(僧侶)や王は,初歩的な(原始的な)形態ではあるけれども,人類学者の知っている最も原始的な社会の間にも存在している時折,一人の人間が両方の機能・役割を兼ね備えている。これは,未開人の間だけでなく,高度の文明をもった国家にも見られる(生じる)。(初代ローマ皇帝の)アウグストゥスは最高神祇官(注:古代ローマの国家の神官職のひとつ)であるとともに,(ローマ以外の)地方においては神(注:多神教における神の一つ)であった。カリフは,マホメット教の教主であるとともに国家の指導者でもあった。(日本の)「みかど(Mikado)」は,今日(注:本書出版の1938年当時)でも神道において(カリフと)同様の地位を占めている。王たちが,彼らの神聖さのせいで,彼らの世俗的な機能・役割を失い,そうして僧職へと発達する(変わっていく)強い傾向が(これまで)あった。にもかかわらず,聖職者(僧侶)と王の区別は,大部分の時代と場所において,(ずっと)明白かつ明確なものであった。

Chapter IV: Priestly Power, n.1

In this chapter and the next I propose to consider the two forms of traditional power which have had most importance in past times, namely, priestly and kingly authority. Both are now somewhat in eclipse, and, although it would be rash to assume that neither will revive, their decline, whether permanent or temporary, makes it possible to study both institutions with a completeness which is not attainable where still vigorous forms of power are concerned.

Priests and kings, though in a rudimentary form, exist among the most primitive societies known to anthropologists. Sometimes one person combines the functions of both. This occurs not only among savages, but in highly civilized States. Augustus, in Rome, was Pontifex Maximus, and in the provinces was a god. The Caliph was the head of the Mohammedan religion as well as of the State. The Mikado, at the present day, has a similar position in the Shinto religion. There has been a strong tendency for kings to lose their secular functions owing to their sacredness, and thus to develop into priests. Nevertheless, at most times and places, the distinction between priest and king has been obvious and definite.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER04_010.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.23

 我々がまだ検討していない(検討してこなかった)個人の(個人が持ちうる)権力の一形態がある。即ち,黒幕の権力である。(たとえば)廷臣(courtiers 宮廷に仕える重臣),陰謀者(intriguers),スパイ,及び陰で糸を操る者の権力である。組織を統括(支配)する者が大きな権力を握っているあらゆる大規模な組織において,支配者ほど有名ではないがしかしごく私的な方法で彼ら支配者に影響力を及ぼすことのできる男性(あるいは女性)が必ず存在している。陰で糸を操る者(注:wire-pullers 人形を針金で操る人)と政党のボスは同じタイプに属している。ただし,両者は使うテクニックは異なっている(両者は使うテクニックは異なっているけれども,両者は同じタイプに属している)彼ら(黒幕)は,自分の友人をこっそりと重要な地位に坐らせ,そうして,やがてその組織を牛耳る。世襲制をとっていない独裁制(国家)においては,そうした人々は,独裁者が亡くなったあとに独裁者の後継者になりたいと思うかも知れない(注:みすず書房版の東宮訳では「こうした人々が,独裁者亡きあとの後継者となることにまず間違いはあるまいが・・・」と誤訳している)。
しかし,概して,彼らは舞台の正面には出てきたがらない。彼らは,光栄を愛する以上に権力を愛する人間である。彼らは,社交上においては,臆病な人間である場合が多い。時折,東洋の君主国の宦官や,あらゆるところの国王の愛妾(めかけ/側室)のように,そうした人物は,何らかの理由で,名義上の指導権から遠ざけられている場合がある。彼らの影響力は,名目上の権力が世襲の場合に最大となり,それが個人的な技能や精力の報酬である場合に最小となる。けれども,そのような人々は,最も現代的な統治形態においても,普通人(一般人)が,怪しく(どうなっているのかと不可思議に)思うような領域(departments 部門)で,不可避的に,かなりの権力をもっている。
 こうした部門のなかで,現代において,最も重要なものは,通貨と外交政策の領域(部門)である。カイゼル・ウィルヘルム二世の時代に,ホルシュタイン男爵(ドイツ外務省終身主席)は,公にはまったく姿を現さなかったが,甚大な権力をもっていた。こんにち英国外務省の終身官僚の権力がどれほど大きいかは,我々(英国民)が知ることは不可能である。これを知るのに必要な文書は,我々の子孫の時代に公表されるかも知れない(可能性がある)。黒幕の権力に必要な資質はその他の権力に必要な資質とはまったく異なっており,また,常にそうであるわけではないが,一般的に言って,望ましくない資質である。従って)廷臣や陰で操る人に多大の権力を与える制度は,概して,一般の幸福(福祉)を増進する制度とはなりそうもない。

Chapter III: The Forms of Power, n.23

There is one form of the power of individuals which we have not yet considered, namely, power behind the scenes: the power of courtiers, intriguers, spies, and wire-pullers. In every large organization, where the men in control have considerable power, there are other less prominent men (or women) who acquire influence over the leaders by personal methods. Wire-pullers and party bosses belong to the same type, though their technique is different. They put their friends, quietly, into key positions, and so, in time, control the organization. In a dictatorship which is not hereditary, such men may hope to succeed to the dictator when he dies ; but in general they prefer not to take the front of the stage. They are men who love power more than glory; often they are socially timid. Sometimes, like eunuchs in Oriental monarchies, or kings’ mistresses elsewhere, they are, for one reason or another, debarred from titular leadership. Their influence is greatest where nominal power is hereditary, and least where it is the reward of personal skill and energy. Such men, however, even in the most modern forms of government, inevitably have considerable power in those departments which average men consider mysterious. Of these the most important, in our time, are currency and foreign policy. In the time of the Kaiser William II, Baron Holstein (permanent Head of the German Foreign Office) had immense power, although he made no public appearances. How great is the power of the permanent officials in the British Foreign Office at the present day, it is impossible for us to know ; the necessary documents may become known to our children. The qualities required for power behind the scenes are very different from those required for all other kinds, and as a rule, though not always, they are undesirable qualities. A system which accords much power to the courtier or the wire-puller is, therefore, in general not a system likely to promote the general welfare.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_230.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.22

 ひとたび独裁制が確立されると,亡き独裁者の後を継いだ者の(必要とされる)資質は,最初に独裁制を創始した者の資質とはまったく異なる。世襲制が放棄(廃止)されると,黒幕的な策動(wire-pulling)や陰謀へつらいお世辞で恩恵を求めること(court favour)が最も重要な方法となる。そのようなわけで,独裁制は,その創設者が亡くなった後,その性格をかなりの程度変えるのは確実である。また,独裁制を継承する人の資質は,独裁制を創設した資質よりも,一般的に言って,人に印象を与えるものでないので,不安定となったり,宮廷革命が起こったり,ついには何らかの異なった体制へと逆戻りしたりする可能性が高い(likelihood)。けれども,現代の宣伝方法は,国家元首が,自分の側で一般受け(俗受け)する資質を表す必要なしに人気を創り出すことによってこの(上記の)傾向を首尾よく中和することが,期待される。そのような方法がどのどの程度までうまくいくかは,今のところ,言うことはできない。

Chapter III: The Forms of Power, n.22

When once a dictatorship has been established, the qualities by which a man succeeds a dead dictator are totally different from those by which the dictatorship was originally created. Wire-pulling, intrigue, and Court favour are the most important methods when heredity is discarded. For this reason, a dictatorship is sure to change its character very considerably after the death of its founder. And since the qualities by which a man succeeds to a dictatorship are less generally impressive than those by which the regime was created, there is a likelihood of instability, palace revolutions, and ultimate reversion to some different system. It is hoped, however, that modern methods of propaganda may successfully counteract this tendency, by creating popularity for the Head of the State without the need for any display of popular qualities on his part. How far such methods can succeed it is as yet impossible to say.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_220.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.21

 民主主義下の政治家として一番成功した者は,民主主義を廃止し独裁者となることに成功した者である。これは,もちろん,ある特定の状況においてのみ可能なことである。(つまり)19世紀の英国では(試みたとしても)誰もこれを為しとげることはできなかったであろう。しかし,それが可能な時(状況)には,必要なのは民主主義下の政治家一般に必要とされる資質が高度に必要とされるだけである。いずれにせよ,興奮した(動揺の)時代おいてはそうである。レーニンやムッソリーニやヒットラーが台頭することのできたのも民主主義のおかげであった。(注:ナチスが民主主義的手続きにより多数派をしめ,そうして多数決によって一党独裁にいたった,との意味。)

Chapter III: The Forms of Power, n.21

The most successful democratic politicians are those who succeed in abolishing democracy and becoming dictators. This, of course, is only possible in certain circumstances ; no one could have achieved it in nineteenth-century England. But when it is possible, it requires only a high degree of the same qualities as are required by democratic politicians in general, at any rate in excited times. Lenin, Mussolini, and Hitler owed their rise to democracy.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_210.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.20

 民主主義国において(人を)政治家として成功させる資質は,時代の性格とともに変化する。平時(平穏な時代)と戦時革命時とではその資質は同一で はない。平時においては,堅実さと健全な判断を持っているという印象さえ与 えれば成功するかもしれない。しかし興奮(動揺)の時代においては,もっと 他の資質が必要である。そのような時代においては,(人々に)感銘を与える 演説のできる人であることが必要である。(ただし)必ずしも,因襲的な意味 での雄弁家である必要はない。ロベスピエールもレーニンも雄弁家ではなかっ たが,断固としており,情熱的で,大胆であった。情熱は,冷静かつ抑制され ているかもしれないが,(必ず)存在しなくてはならず,感ぜられなければな らない。興奮の時代においては,政治家は,推論する力(理性)も,客観的な (非個人的な)事実を把握するカも,知恵も,まったく必要としない。そのよ うな時代の政治家が持っていなければならないものは,大衆が望んでいるもの (欲求しているもの)は必ず獲得することができることを,またそれを達成できるのは政治家の自分であることを大衆に信じ込ませる能力である。

The qualities which make a successful politician in a democracy vary according to the character of the times ; they are not the same in quiet times as they are during war or revolution. In quiet times, a man may succeed by giving an impression of solidity and sound judgment , but in times of excitement something more is needed. At such times, it is necessary to be an impressive speaker–not necessarily eloquent in the conventional sense, for Robespierre and Lenin were not eloquent , but determined, passionate, and bold. The passion may be cold and controlled, but must exist and be felt. In excited times, a politician needs no power of reasoning, no apprehension of impersonal facts, and no shred of wisdom. What he must have is the capacity of persuading the multitude that what they passionately desire is attainable, and that he, through his ruthless determination, is the man to attain it.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_200.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.19

 政治的権力は,民主主義国においては,これまで考察してきた三種のタイプ(の人間)とはかなり異なったタイプの人間のものとなる傾向がある。政治家は,もし成功しようとするならば,まず自分の属する党組織(machine 党機関)の信頼を勝ち得ることができなければならず,その次には選挙民の大多数(majority 過半数)にある程度感激(熱狂)をかきたてることができなくてはならない。

 権力(獲得)への途上にあるこれら二つの段階に必要な(人間の)資質は,決して同一(の種類)のものではなく,多くの人の場合,一方はあるが他方はもってない(ものである)。アメリカ合衆国大統領の候補者は,党の幹部(注:party managers 党の役職者)に取り入る術(注:art 手練手管)を持っているけれども,往々にして,一般大衆(公衆)の想像力をかき立てることのできない人間である(場合が多い)。こうした人々は,概して,選挙で敗北するが,政党の幹部はそうした人々の敗北を予知しない。

 けれども,時々,党機関は,「人を引きつける力(注:magnetism 魅力)」をもっていない人物を(党の力で)勝利させることができる。そのような場合,選挙が終わると党組織(機関)は彼を支配し,彼は決して真の権力を握ることはない。
 これと反対に,時々,一人の人間が自前の党組織(権力機構)を作りあげることができる(ことがある)。(たとえば)ナポレオン三世やムッソリーニやヒトラーはその実例である。もっと普通(一般的)に見られるのは,真に成功する政治家は,既存の当組織を利用はするが,究極においてはこれを支配し自分の意志に従わせることができる(というものである)。

Chapter III: The Forms of Power, n.19

Political power, in a democracy, tends to belong to men of a type which differs considerably from the three that we have considered hitherto. A politician, if he is to succeed, must be able to win the confidence of his machine, and then to arouse some degree of enthusiasm in a majority of the electorate. The qualities required for these two stages on the road to power are by no means identical, and many men possess the one without the other. Candidates for the Presidency in the United States are not infrequently men who cannot stir the imagination of the general public, though they possess the art of ingratiating themselves with party managers. Such men are, as a rule, defeated, but the party managers do not foresee their defeat. Sometimes, however, the machine is able to secure the victory of a man without “magnetism” ; in such cases, it dominates him after his election, and he never achieves real power. Sometimes, on the contrary, a man is able to create his own machine; Napoleon III, Mussolini, and Hitler are examples of this. More commonly, a really successful politician, though he uses an already existing machine, is able ultimately to dominate it and make it subservient to his will.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_190.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.18

 規模の大きな経済組織の発達は,新しいタイプの強力な個人を生みだしてきた。(即ち)アメリカで呼ばれているところの”エグゼクティブ“(企業等の経営幹部や執行役員)である。典型的な「エグゼクティヴ」は,(自らを)迅速な決定を行い,即座に相手の性格(人間性)を読み取り,鉄の意志をもった人間であるという印象を,他人(人々)に与える。(また)このような人は,堅くひきしまった顎,きりっと結んだ唇,簡潔かつ鋭いスピーチをする習慣をもっていなくてはならない。彼は,同輩に敬意(尊敬の念)を起させ(inspire),有能な部下(注:subordinates who are by no means nonentities 決してとるに足りないものではない部下)には信頼を起こさせることができなくてはならない。(また)彼は,偉大なる将軍と偉大なる外交官の資質を併せ持っていなくてはならない。(即ち)戦いに臨んでは無慈悲だが,交渉に当っては巧みに譲歩する能力を持っていなくてはならない。このような資質によって,人は,重要な経済組織の支配(権)を獲得するのである。

Chapter III: The Forms of Power, n.18

The growth of large economic organizations has produced a new type of powerful individual: the “executive,” as he is called in America. The typical “executive” impresses others as a man of rapid decisions, quick insight into character, and iron will ; he must have a firm jaw, tightly closed lips, and a habit of brief and incisive speech. He must be able to inspire respect in equals, and confidence in subordinates who are by no means nonentities. He must combine the qualities of a great general and a great diplomatist: ruthlessness in battle, but a capacity for skilful concession in negotiation. It is by such qualities that men acquire control of important economic organizations.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_180.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.17

 本当のところは,学者に払われた敬意は,決して純粋の知識に対して与えられたのではなく,魔力をもっていると想像されたものに対して与えられたのである。科学は自然の過程についての生き生きとした知識をいくらか与えることで,魔術信仰を打ち破り,従って知識人に対する敬意を(も)打ち壊してきた。このようにして,科学者は,現代と過去の時代を区別する特色の根本原因であり,彼らの発見と発明を通して,出来事の進行に測りがたい影響を及ぼしているにもかかわらず,彼ら科学者は,個人としては,インドの裸の行者やメラネシアの呪術医(medicine-man)が享受しているほどの知恵に対する評判も持っていない。知識人たちは,自分たち自身の活動の結果として,(かえって)自分たちの威厳が手からすり落ちてしまっているのに気づき,現代(近代)世界に対して不満を懐くようになっている。この不満の一番少ない知識人は共産主義に惹かれ,不満が最も深い知識人は,象牙の塔に閉じこもる(のである)。

Chapter III: The Forms of Power, n.17

The truth is that the respect accorded to men of learning was never bestowed for genuine knowledge, but for the supposed possession of magical powers. Science, in giving some real acquaintance with natural processes, has destroyed the belief in magic, and therefore the respect for the intellectual. Thus it has come about that, while men of science are the fundamental cause of the features which distinguish our time from former ages, and have, through their discoveries and inventions, an immeasurable influence upon the course of events, they have not, as individuals, as great a reputation for wisdom as may be enjoyed in India by a naked fakir or in Melanesia by a medicine-man. The intellectuals, finding their prestige slipping from them as a result of their own activities, become dissatisfied with the modern world. Those in whom the dissatisfaction is least take to Communism; those in whom it goes deeper shut themselves up in their ivory tower.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_170.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.16

 我々は既に奇妙な事実に気づいている(言及している)。それは,今日、知識は,以前のいかなる時代よりも,文明において大きな役割を果しているけれども,その新しい知識を持っている人々の間で,それに対応する権力の増大はまったく存在してこなかったという事実である。電気工(the electrician)や電話交換手(the telephone man)が我々にとって快適な(あるいは不快な)役に立つ不思議なことをするからといって,我々は彼らを祈祷師だとは思わないし,あるいはまた,もしこのような人々を我々が困らせると彼らは雷雨を起こすことができるとも想像しない。その理由は,科学的知識は難解であっても神秘的なものではなく,必要な労をとりたいと思う(労をとることを厭わない)全ての人々に開かれたものだからである。それゆえ,現代(近代)の知識人は,(人々に)畏敬の念を起こさせず(inspires no awe),単なる一被雇用者にとどまっている(のである)。カンタベリー大僧正のような2,3の例外を除いて,現代(近代)の知識人は,自分たちより以前の知識人に権力を与えてくれた魅力(glamour)を受継ぐことができなかったのである。

Chapter III: The Forms of Power, n.16

We have already noted the curious fact that, although knowledge plays a larger part in civilization now than at any former time, there has not been any corresponding growth of power among those who possess the new knowledge. Although the electrician and the telephone man do strange things that minister to our comfort (or discomfort), we do not regard them as medicine-men, or imagine that they can cause thunderstorms if we annoy them. The reason for this is that scientific knowledge, though difficult, is not mysterious, but open to all who care to take the necessary trouble. The modern intellectual, therefore, inspires no awe, but remains a mere employee; except in a few cases, such as the Archbishop of Canterbury, he has failed to inherit the glamour which gave power to his predecessors.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_160.HTM

哲学者バートランド・ラッセルの言葉を毎日お届け