精力的な人生を信奉する愚かな「指導者」たち


良い目的に方向付けられた少しの仕事のほうが,悪い目的に方向付けられた大量の仕事よりも,より良い。ただし,精力的な人生を信奉する人(使徒)は,そのようには考えないであろう。自分の仕事のことを大変気にする人は,常に‘狂信’に陥る危険がある。

A little work directed to a good end is better than a great deal of work directed to a bad end, though the apostles of the strenuous life seem to think otherwise. Those who care much for their work are always in danger of falling into fanaticism, …
出典: The Conquest of Happiness, 1930, chap. 15: Impersonal Interests
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA26-030.HTM

<寸言>
史上最大のスピードと規模で米国の雇用を生み出すとうそぶくトランプ。「自由の国」として自負したアメリカ「合衆国」の国民を分断し、自分は正しいことをやっている(悪を懲らしめている)のだと強弁する独善主義者・独裁主義者トランプ

欧米の指導者トランプのやり方を非難しているが、日本の総理大臣経済や日米安保のことしか考えずに、「ウィン・ウィンの関係」(日米がよければほかのことは知らないよ、他の国も日本と同じことをやればいいんだ、◯◯ファーストでね」と、アメリカにおもねるばかり。

 日本国民は、馬鹿な指導者に従わず、「良い目的に方向付けられた少しの仕事のほうが,悪い目的に方向付けられた大量の仕事よりも,より良い」ということに気づいて欲しい。短期的利益を重視して、将来「深い反省」をするような事態を起こすようなことはすべきではないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です