自己欺瞞(人格の分裂)に陥っている人は自他ともに不幸をもたらす


tpp-hantai_jiminto 全ての不幸は,ある種の分裂あるいは’統合の欠如’にその原因がある。意識的な精神と無意識的な精神とをうまく調整できないと,自我の中に分裂が生じる。自我と社会とが客観的な関心や愛情によって結合されていないと,両者間に’統合の欠如’が生じる。幸福な人とは,これらの統一のいずれにおいてもうまくいかないということで苦しんでおらず,自分の人格が内部で分裂していなくて,世界と対立してもいない人のことである。そのような人は,自分は’宇宙の市民’であると感じ,宇宙が提供するスペクタクルや,宇宙が与える喜びを存分に享受し,また,自分の後から来る人々(子孫その他)と自分とは本当に別個な存在だとは感じないので,死を恐怖して悩むこともない。最も大きな歓喜が見いだされるのは,‘生命の流れ’との深く本能的な結合においてである。

All unhappiness depends upon some kind of disintegration or lack of integration; there is disintegration within the self through lack of coordination between the conscious and the unconscious mind; there is lack of integration between the self and society where the two are not knit together by the force of objective interests and affections. The happy man is the man who does not suffer from either of these failures of unity, whose personality is neither divided against itself nor pitted against the world. Such a man feels himself a citizen of the universe, enjoying freely the spectacle that it offers and the joys that it affords, untroubled by the thought of death because he feels himself not really separate from those who will come after him. It is in such profound instinctive union with the stream of life that the greatest joy is to be found.
出典:The Conquest of Happiness, 1930, chap. 17:The happy man
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA28-030.HTM

<寸言>
ラッセル曰く:
hypocrite 「自己欺瞞に支えられているときにしか仕事のできない人たちは,自分の職業を続ける前に,まず最初に,真実に耐えることを学習したほうがよい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です