革命後のロシアと同様に,西欧もまた以前享受した自由の多くを失った

 ロシア革命後,長い間,「(ロシア革命後のロシアの)新しい政治体制はあきらかに欠陥をもっているが,少なくとも前の体制(とって変わった体制)よりは良い」と言うのが慣例であった。これはまったくの幻想であった。ツァー政府の下でのシベリア流刑(者)の記録を読みなおす時,ずっと前に読んだ時の嫌悪感を再体験することは不可能である。流刑者は,精神的にも肉体的にも,かなりの自由をもっており,彼らの運命は,ソヴュト政府の下で強制労働をさせられた人たちの運命とはまったく比較にならないものであった。(革命前には)教養のあるロシア人は,自由に旅行し,西欧の人たちとの接触を自由に楽しむことができたが,これは現在では不可能である。政府への反抗は処罰されがちであったけれども可能であったし,その処罰は概して現在ほどびどいものではまったくなかった。圧政は現在ほど広範にはゆきわたってはいなかった。私は最近,ドイッチャー(Isaac Deutscher,1907-1967:英国の歴史学者,政治活動家)によって語られたトロツキーの若いころの伝記を読んだが,それは(トロツキーの若い頃には)現在のロシアとは比べものにならないほどの政治的かつ精神的な自由が存在したことを明らかにしている。ロシアと西欧との間にはツァー時代と同様,大きな深淵が横たわっているが,この深淵は当時よりも大きいとは考えられない。なぜなら,ロシアもより悪くなったけれども,西欧もまた以前享受した自由の多くを失ったからである。

For a long time after the Russian Revolution, it was customary to say, “No doubt the new regime has its faults, but at any rate it is better than that which it has superseded.”
This was a complete delusion. When one rereads accounts of exile in Siberia under the Czar, it is impossible to recapture the revulsion with which one read them long ago. The exiles had a very considerable degree of liberty, both mental and physical, and their lot was in no way comparable to that of people subjected to forced labor under the Soviet Government. Educated Russians could travel freely and enjoy contacts with Western Europeans which are now impossible.
Opposition to the Government, although it was apt to be punished, was possible, and the punishment as a rule was nothing like as severe as it has become. Nor did tyranny extend nearly as widely as it does now. I read recently the early life of Trotsky as related by Deutscher, and it reveals a degree of political and intellectual freedom to which there is nothing comparable in present-day Russia. There is still as great a gulf between Russia and the West as there was in Czarist days, but I do not think the gulf is greater than it was then, for, while Russia has grown worse, the West also has lost much of the freedom which it formerly enjoyed.
出典: Symptoms of Orwell’s 1984,(1954).
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1070_SoO-020.HTM

<寸言>
ロシア革命により一党独裁とKGBによる監視社会ロシアが出現。
ソ連崩壊後は、崩壊前に比べ自由はましたようであるが、プーチンに対する批判だけは厳しく取り締まられている。
一方、中国はあいかわらず共産党による一党独裁である。
これに対し、ロシアには大きな政党が4つ(統一ロシア-保守主義;ロシア連邦共産党-共産主義;ロシア自由民主党-民族主義;公正ロシア-社会民主主義)ある。