ロックフェラーにおける「欠乏への恐怖(心)」- 極貧経験

 所有欲物あるいは所有権(物に対する権利)をできるだけ多く持ちたい(所有したい)という願望は,必需品に対する欲求と(不足への)恐怖とが結びついたところにその根源がありそうな動機です。私は,かつて,飢饉のために死ぬことをやっとのことで免れたエストニアから来た二人の少女と友達になったことがありました。彼女たちは私の家族と一緒に住み,当然のこと,食べるものは十分ありました。しかし,二人は,暇さえあれば,近所の畑に行って,じゃがいもを盗み,それを貯えました。ロックフェラーも幼年時代に極貧を経験しましたが,大人になっても,同様な(エストニアの少女と似たような)生活ぶりをしました。同様に,絹のビザンチン風の(高級な)ソファーに座っているアラブの首領たち(chieftains)も砂漠(の苦しい生活)が忘れられず,いかなる物質的な必要性もはるかに越えた財宝を貯えました。しかし,所有欲についての精神分析がどのようなものであれ,所有欲が大きな動機の一つであるということは誰にも否定できません。特に,有力な動機のなかに属しています。なぜなら,所有欲は,すでに申し上げたとおり,際限のない動機の一つだからです。どれだけ多く物を手に入れても,人は常にもっと欲しがるものであり,飽満(満足しきること)というのは常につかむことができない夢なのです。

Acquisitiveness – the wish to possess as much as possible of goods, or the title to goods – is a motive which, I suppose, has its origin in a combination of fear with the desire for necessaries. I once befriended two little girls from Estonia, who had narrowly escaped death from starvation in a famine. They lived in my family, and of course had plenty to eat. But they spent all their leisure visiting neighbouring farms and stealing potatoes, which they hoarded. Rockefeller, who in his infancy had experienced great poverty, spent his adult life in a similar manner. Similarly the Arab chieftains on their silken Byzantine divans could not forget the desert, and hoarded riches far beyond any possible physical need. But whatever may be the psychoanalysis of acquisitiveness, no one can deny that it is one of the great motives – especially among the more powerful, for, as I said before, it is one of the infinite motives. However much you may acquire, you will always wish to acquire more; satiety is a dream which will always elude you.
出典:Bertrand Russell: What Desires Are Politically Important? 1950
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0944WDPI-040.HTM

<寸言>
『ラッセル著作集3『自由と組織II』(みすず書房,大淵和夫・鶴見良行・田中幸穂・共訳)より

「彼(ロックフェラー)の発言,思想,感情は,その母から来ている。しかしながら,彼の行為はその父から来ているのだ。そして父から受けついだところに加えて,幼年時代の不快な生活につちかわれた大へんな用心深さがあったのである」