万人のための安心安全(安定)

 安心安全(安定),それが社会的不正を伴わぬ場合にのみ美徳となる。従って,単に恵まれた少数者のためではなく,万人のための安心安全(安定)がなければならない。これは実現可能であるが,現在の競争社会が存続する限りは不可能である。

Security would be good if it were not accompanied by injustice; there should, therefore, be security for all and not only for a fortunate few. This is possible, but not while the present competitive system survives.
出典:Bertrand Russell: On economic security, July 1, 1932. In: Mortals and Others, v.1 (1975)
詳細情報:http://russell-j.com/ESECRITY.HTM

<寸言>
自分たちの利益や権力欲が中心であっても,国民のため,国民の生命を守るため,世界平和のため、などと連呼しても、むなしくひびく。
しかし,そういった言葉を余り疑問をもたずに,受け入れている国民が多すぎるように思われるが・・・?