「結果が全てだ」としてプロセスを軽視する人々 ー政治家とスポーツマン

result-and-process (生産)過程に喜びがあるところにはスタイルがあり,生産活動は,それ自体,美的特質を持つに至るだろう。しかし,人間が機械に同化し,仕事自体ではなく仕事の結果のみを価値あるものとするならば,スタイルは消え,機械に同化した人間には(同化していない人間)よりも自然に思えるが,実際はただより野蛮なものがそれに取って代わる。

Where there is delight in a process, there will be style, and the activity of production will itself have aesthetic quality. But when men assimilate themselves to machines and value only the consequences of their work, not the work itself, style disappears, to be replaced by something which to the mechanised man appears more natural, though in fact it is only more brutal.
In praise of artificiality, Sept. 9, 1931. In: Mortals and Others, v.1 (1975)
http://russell-j.com/ARTIFICI.HTM

<寸言>
tpp-hantai_jiminto スポーツや政治の世界では,「結果が全てだ」とよく言う人がいます。もちろん,結果は大事です。しかし,それを自分に言い聞かせるだけであれば実害はそれほど大きくないかもしれないですが、家族や第三者など、周囲に強制するならとても大きな害悪を待ちちらします。

通常,「手段」という言葉は,「ある目的を実現するためのもの」という意味合いで使われています。これに対し,プラグマティストのJ.デューイは,個々の目的「より高次の」目的のための「手段」にすぎないとします。
最高次の目的を「人類の幸福」におくことに対しても異論を唱える人はいると思われますが,このエッセイの中でラッセルは,(常識的な意味合いで)人類の幸福を最重要なものとし,(科学技術や機械等の利用において)手段と目的をとりちがえないよう,警鐘をならしています。80年前に書かれたものですが,傾聴に値すると思われます。