russellian-j のすべての投稿

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.14

 知識人は,我々も知っているように,聖職者の精神上の子孫である。しかし,教育の普及は知識人から権力を奪いとってきた。知識人の権力は迷信に依存している。つまり,伝統的な(神のキリストへの)顕現(注:三位一体説など)や聖なる書物に対する敬意に依存している。これらのもののなかで,いくらかのものが英語を話す国々に生き残っている。たとえば,(英国の)戴冠式(即位式)での礼拝に対する英国人の態度とか,米国憲法に対するアメリカ人の敬意にそれを見ることができる。だからこそ(英国の)カンタベリー大主教(大僧正)や(米国の)最高裁判所判事が,今もなお,いくらかの学者の伝統的権力を持っているのである。しかし,こうしたものは,エジプトの聖職者や(古代の)中国の儒者の持っていた権力の亡霊(a pale ghost 青白い幽霊)に過ぎない。

Chapter III: The Forms of Power, n.14

The intellectual, as we know him, is a spiritual descendant of the priest ; but the spread of education has robbed him of power. The power of the intellectual depends upon superstition : reverence for a traditional incantation or a sacred book. Of these, something survives in English-speaking countries, as is seen in the English attitude to the Coronation Service and the American reverence for the Constitution ; accordingly, the Archbishop of Canterbury and the Supreme Court Judges sill have some of the traditional power of learned men. But this is only a pale ghost of the power of Egyptian priests or Chinese Confucian scholars.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_140.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.13

 現実あるいは想像上の学問(学識)あるいは知恵を通して権力が得られる場合には,非常に異なったタイプの性格が前面に出てくる。この権力形態の最も重要な二つの実例は,伝統的な中国(注:traditional China = ancient China 古代中国)とカトリック教会である。その権力形態は,過去,大部分の時代に存在していたが,現代世界ではその形態は減少している。キリスト教会を別にすれば,英国ではこのタイプの権力はほとんど生き残っていない。とても奇妙なことだが,学問(学識)として通るものの力(権力)が最大となるのは,最も野蛮な社会においてであり,文明が進むにつれて,そうしたカは着実に減ってゆく。私が「学問(learning 学識)」という時,もちろん,魔術師や祈祷師(medicine men 呪術医)の学問(学識)のような,(当時)学問と称せられていたものも,私は含めている。(チベットの)ラサ大学では,博士の学位をとるためには20年にわたる研究が必要であり,この学位はダライ・ラマの地位以外のあらゆる高位の職に就くのに必要である。このような状態は,西暦一千年のヨーロッパの状態とほとんど同じである。当時は,法王シルヴュスター二世は本を読むという理由で魔術師(a magician)だと言われ(噂さされ),その結果,人々に形而上的な恐怖を与えて教会の権力を増すことができたのである。

Chapter III: The Forms of Power, n.13

A very different type of character comes to the fore where power is achieved through learning or wisdom, real or supposed. The two most important examples of this form of power are traditional China and the Catholic Church. There is less of it in the modern world than there has been at most times in the past; apart from the Church, in England, very little of this type of power remains. Oddly enough, the power of what passes for learning is greatest in the most savage communities, and steadily decreases as civilization advances. When I say “learning” I include, of course, reputed learning, such as that of magicians and medicine men. Twenty years of study are required in order to obtain a Doctor’s Degree at the University of Lhassa, which is necessary for all the higher posts except that of Dalai Lama. This position is much what it was in Europe in the year 1000, when Pope Silvester II was reputed a magician because he read books, and was consequently able to increase the power of the Church by inspiring metaphysical terrors.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_130.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.12

 世襲の権力は英国の(いわゆる)「紳士」という観念を生んだ(生じさせた)。この紳士という観念は長い歴史をもった概念のいくらか退化した形態であり,それは(その歴史)は,族長の魔術的な属性から王の神性を経て騎士道や名門貴族(blue-blooded aristocrat)にまで至っている。賞賛される資質は,権力が世襲の場合には,閑暇(暇)や疑問にふされることのない卓越性から出てくるような資質である。権力が君主的なものというよりむしろ貴族的なものである場合,最高の礼儀作法には,自分より劣った者(身分の低い者)に対する穏やかな自己主張に加えて,同等の者(同等の身分の者)に対する慇懃な態度(宮廷式の振る舞い)が含まれる。しかし,広く行われている礼儀作法(マナー)がどんなものであれ,人がその礼儀作法によって判断されるのは,ただ権力が世襲である場合だけである(あるいは,最近はそうであった)。モリエール(作)の「町人貴族(bourgeois gentilhomme)」が笑うことができるものとなるのは,彼(その町人貴族)が社交上の上品な態度(social niceties)を学ぶ以外にはすることをまったくもっていない男女の社会(社交界)に闖入した時のみである。「紳士」についての称賛方法として(現在)生き残っているものは,相続される富(財)に依存しており,もし政治的権力だけでなく経済的権力も同様に,父から子へ渡されることがなくなれば,そういったものは急速に消滅するに違いない。

Chapter III: The Forms of Power, n.12

Hereditary power has given rise to our notion of a “gentleman.” This is a somewhat degenerate form of a conception which has a long history, from magic properties of chiefs, through the divinity of kings, to knightly chivalry and the blue-blooded aristocrat. The qualities which are admired, where power is hereditary, are such as result from leisure and unquestioned superiority. Where power is aristocratic rather than monarchical, the best manners include courteous behaviour towards equals as an addition to bland self-assertion in dealing with inferiors. But whatever the prevalent conception of manners may be, it is only where power is (or lately was) hereditary that men will be judged by their manners. The bourgeois gentilhomme is only laughable when he intrudes into a society of men and women who have never had anything better to do than study social niceties. What survives in the way of admiration of the “gentleman” depends upon inherited wealth, and must rapidly disappear if economic as well as political power ceases to pass from father to son.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_120.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.11

 組織のタイプが異なれば,異なるタイプの個人(人間)を組織のトップに持ってくる(=異なるタイプの人間がトップに就く)。また,社会の状態が異なれば異なるタイプの個人(人間)が社会のトップに就く
(注:みすず書房版の東宮訳では「組織のタイプがいろいろ違うにつれて,個人のタイプも違ってくるし,社会状態も違ってくる」とひどい誤訳となっている。”to the top”の意味がわからなかったようである。)
一つの時代は,その時代の傑出した個人によって歴史上に姿を現し,その時代のはっきりした性格も,そうした傑出した人々の性格に由来する傑出するために必要な資質が変化するに連れ,傑出した人物のタイプも変化する。
(注:東宮氏は “As” を「~のように」と訳してしまっている。)
 12世紀にレーニンような人物が存在したと考えることもできるし,また,現代においてリチャード獅子心王のような人物がいると考えることもできる(「想定可能」である)。しかし,歴史はこうした人物を知らない(歴史上知られていない)。
ここでしばらくの間,権力のタイプの違いによって生み出される個人の種類の違いについて考察してみよう。

Chapter III: The Forms of Power, n.11

Different types of organization bring different types of individuals to the top, and so do different states of society. An age appears in history through its prominent individuals, and derives its apparent character from the character of these men. As the qualities required for achieving prominence change, so the prominent men change. It is to be presumed that there were men like Lenin in the twelfth century, and that there are men like Richard Coeur de Lion at the present time; but history does not know of them. Let us consider for a moment the kinds of individuals produced by different types of power.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_110.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.10

 我々の主題についてのもう一つの区分(区別)は,組織の持つ権力と個人の持つ権力との間にあるもの(区分)である。一つの組織が権力を獲得する方法と,個人が組織の中で権力を獲得する方法とは,全く別の事柄である。この二つは,もちろん,相互に関係を持っている。(即ち,)もしあなたが総理大臣(首相)になりたければ,まずあなたはあなたが属する政党の中で権力を獲得しなければならないし,あなたの政党は,国民(国家)の中で権力を獲得しなければならない。しかし,もしあなたが世襲原則主義が衰える前(の時代)に生きていたとしたら,あなたは,国民の政治的支配を獲得するのためには,どうしても王の相続者(継承者)でなければならなかったであろう。けれども,王の継承者であることは(だけでは),あなたが他の諸国民を征服することを可能にはしないだろう。そのためには,王の後継者にしばしば欠けている資質を必要としただろうからである。現代において,これと似た状況は,経済の領域にいまだ存在しており,経済界(経済の領域)では,財閥(富豪階級)は,大部分,世襲(制)である。フランス社会党が敵対的に論議している200のフランスの財閥家のことを考えてみるとよい。だが,財閥の間での王朝(注:時々に,力のある財閥が国家を支配する体制)は,かつて王位において持っていたのと同程度の永続性を有していない。なぜなら,財閥家(富豪階級)の者たちは,王権神授説(注:支配者の権力は神から授かったものであるという考え方)を広範な国民に受け入れさせることができなかったからである。新興の金融の大立者(注:a rising financial magnate)が,息子に生れたからというだけで大立者にいる者を,貧乏にした(没落させた)としても,もしそれが規則に従い,また,破壊的な革新を(社会に)もたらすというようなことがなければ,それを不敬だとは誰も考えない(のである)。

Chapter III: The Forms of Power, n.10

Another division of our subject is between the power of organizations and the power of individuals. The way in which an organization acquires power is one thing, and the way in which an individual acquires power within an organization is quite another. The two are, of course, interrelated : if you wish to be Prime Minister, you must acquire power in your Party, and your Party must acquire power in the nation. But if you had lived before the decay of the hereditary principle, you would have had to be the heir of a king in order to acquire political control of a nation ; this would, however, not have enabled you to conquer other nations, for which you would have needed qualities that kings’ sons often lack. In the present age, a similar situation still exists in the economic sphere, where the plutocracy is largely hereditary. Consider the two hundred plutocratic families in France against whom French Socialists agitate. But dynasties among the plutocracy have not the same degree of permanence as they formerly had on thrones, because they have failed to cause the widespread acceptance of the doctrine of Divine Right. No one thinks it impious for a rising financial magnate to impoverish one who is the son of his father, provided it is done according to the rules and without introducing subversive innovations.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_100.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.9

 権力の,伝統的な(権力),革命的な(権力),むきだしの(の権力)といった区別は,心理的なもの(区別)である。私は,権力が古代の形式(形態)を有しているというだけの理由でそれを伝統的(な権力)と呼びはしない。(即ち)伝統的な権力はまた,一部は慣習によっている尊敬も集めなければならない(注:親がある権力を尊敬していれば,子供もそれを引き継いで尊敬する,という慣習の力を言っている)。この尊敬が衰えにるつれて,伝統的な権力は徐々にむきだしの権力へと移ってゆく。その過程は,ロシアにおいて,1917年の勝利(革命成就)の瞬間まで革命運動が次第に成長していった過程において,見ることができた(注:was to be seen 見られた)。

 私が権力を革命的な(もの)と呼ぶのは,その権力が,たとえばプロテスタンティズムとか共産主義とか国家の独立に対する欲求とかいったような,新しい信条や綱領や感情によって連帯している大きな集団に依存している場合である。(また)私が権力をむきだしの(もの)と呼ぶのは,単にその権力が個人または集団の権力愛の衝動のみから出てきたもので,積極的協力ではない,恐怖(心)からの屈従だけを国民から(注:from its subjects 被支配者)勝ち得ている場合である。(また)この権力が赤裸々さ(むきだしであること)は程度問題だということは,後にわかるであろう。民主主義国において,政府の権力は,対立する諸政党との関係においてはむきだし(なもの)ではないが,信念の固い無政府主義者に関してはむき出し(なもの)となる。同様に,迫害が存在するところでは,教会の権力は,異端派に対してはむきだしになるが,正統派である罪人に関してはむきだしにならない。

Chapter III: The Forms of Power, n.9

The distinction between traditional, revolutionary, and naked power is psychological. I do not call power traditional merely because it has ancient forms: it must also command respect which is partly due to custom. As this respect decays, traditional power gradually passes over into naked power. The process was to be seen in Russia in the gradual growth of the revolutionary movement up to the moment of its victory in 19I7.

I call power revolutionary when it depends upon a large group united by a new creed, programme, or sentiment, such as Protestantism, Communism, or desire for national independence. I call power naked when it results merely from the power-loving impulses of individuals or groups, and wins from its subjects only submission through fear, not active co-operation. It will be seen that the nakedness of power is a matter of degree. In a democratic country, the power of the government is not naked in relation to opposing political parties, but is naked in relation to a convinced anarchist. Similarly, where persecution exists, the power of the Church is naked in relation to heretics, but not in relation to orthodox sinners. 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_090.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.8

 伝統的な形態の権力が終ると,むきだしの権力ではなくて,多数の人々あるいは相当の数にのぼる少数派(a large minority of the population 大衆の過半数を超えることはないが,かなりの数の少数派)の積極的な同意を得ている革命的権威(権力)によって(権力が)継承されることがある(注:commanding 集めている)。たとえば,独立戦争時のアメリカにおいてはそうであった。G. ワシントンの権威には,むきだしの権力の特徴となるようなものは一つもなかった。同様に,宗教改革の時には,カトリック教会にとって代わるために新しいキリスト教会が創設されたが,その成功は(物理的な)力よりもずっと(精神的な)同意によっていた(のおかげであった)。革命的権力は,もしむきだしの権力をあまり使わずに自己の確立に成功しようとするならば,どうしても伝統的な権力の場合よりずっと活発かつ積極的な民衆の同意が必要である。
 1911年に中華人民共和国(の成立)が宣言された時,外国の教育を受けた中国人たちが議会制定の憲法を発布したが,民衆はこれに無関心であったために,この(新しい)中国の政体は,敵対する督軍たち(各省の軍政長官たち)の下に,急激にむきだしの権力をもったものとなった。後に中国国民党(Kuo-Min-Tang)によってなしとげられたような(国家)統一は,ナショナリズムによるものであって,議会主義によるものではなかった。同様なことは,ラテン・アメリカにおいて,しばしば起こっている。
 これらすべての事例において,議会の権威は,もし成功するに足るだけの民衆の支持があったとすれば,革命的なものであったであろう(であったと言うこともできるであろう)。しかし,実際において勝利を得た純粋な軍事力は,むきだしのもの(権力)であった。

Chapter III: The Forms of Power, n.8

When a traditional form of power comes to an end, it may be succeeded, not by naked power, but by a revolutionary authority commanding the willing assent of the majority or a large minority of the population. So it was, for example, in America in the War of Independence. Washington’s authority had none of the characteristics of naked power. Similarly, in the Reformation, new Churches were established to take the place of the Catholic Church, and their success was due much more to assent than to force. A revolutionary authority, if it is to succeed in establishing itself without much use of naked power, requires much more vigorous and active popular support than is needed by a traditional authority. When the Chinese Republic was proclaimed in 1911, the men of foreign education decreed a parliamentary Constitution, but the public was apathetic, and the regime quickly became one of naked power under warring Tuchuns (military governors). Such unity as was afterwards achieved by the Kuo-Min-Tang depended on nationalism, not parliamentarianism. The same sort of thing has happened frequently in Latin America. In all these cases, the authority of Parliament, if it had had sufficient popular support to succeed, would have been revolutionary; but the purely military power which was in fact victorious was naked.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_080.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.7

 伝統や同意に基礎を置いていない権力を,私は「むき出しの(裸の)」権力と呼ぼう。「むき出しの」権力の特徴は,伝統的な権力の特徴とはとても異なっている。そうして,伝統的な権力が依然として残っているところでは,政体の性格は,殆んど無制限なほど,その政体(体制)の与える安心・安全(security)あるいは不安・危険(insecurity)の感情に依存している。

 むきだしの権力は,通常,軍事的なものであり,国内の暴政の形をとるか,外国征服の形をとるか,いずれかであろう。むきだしの権力の重要性は,特に後者(外国征服)の形をとった場合,非常に大きなものであり,現代の多数の「科学的」歴史家が進んで認める以上の重要性を持っている,と私は考える。

 アレクサンダー大王ジュリアス・シーザーは,彼らの戦闘によって,歴史の進路( course 進行)を全体的に変えたもしアレクサンダー大王が存在しなかったとしたら(注: But for the former),福音書もギリシア語で書かれることはなかったであろうし,キリスト教もローマ帝国全域で説かれることもなかったであろう。またもし,シーザーが存在していなかったならば,フランス人も,ラテン語に由来する言語(注:フランス語)をしゃべることはなかったであろうし,カトリック教会もほとんど存在しなかったであろう。白人のアメリカン・インディアンに対する軍事的優位は,剣の力(武力)の実例であることはもっと否定できないものである。(もっと否定できない実例である)。

 武カによる征服は,他のいかなる単一の力(注:any other single agency)によるよりも,文明の普及に関係を持ってきた。にもかかわらず,軍事力は,大部分の場合,何らかの他の権力形態 - たとえば,富とか技術的知識とか狂信主義とかー に基礎をおいている。とはいえ,常にそうであると,私は言おうとしている(示唆しようとしている)わけではない。たとえば,スペイン王位継承戦争において,モールバラ将軍の天才(才能)は,あのような結果に到達するためには必須であった。しかし,これは一般的な規則の例外と見なすべきものである。

Chapter III: The Forms of Power, n.7

Power not based on tradition or assent I call “naked” power. Its characteristics differ greatly from those of traditional power. And where traditional power persists, the character of the regime depends, to an almost unlimited extent, upon its feeling of security or insecurity.

Naked power is usually military, and may take the form either of internal tyranny or of foreign conquest. Its importance, especially in the latter form, is very great indeed — greater, I think, than many modern “scientific” historians are willing to admit. Alexander the Great and Julius Caesar altered the whole course of history by their battles. But for the former, the Gospels would not have been written in Greek, and Christianity could not have been preached
throughout the Roman Empire. But for the latter, the French would not speak a language derived from Latin, and the Catholic Church could scarcely have existed. The military superiority of the white man to the American Indian is an even more undeniable example of the power of the sword. Conquest by force of arms has had more to do with the spread of civilization than any other single agency. Nevertheless, military power is, in most cases, based upon some other form of power, such as wealth, or technical knowledge, or fanaticism. I do not suggest that this is always the case; for example, in the War of the Spanish Succession Marlborough’s genius was essential to the result. But this is to be regarded as an exception to the general rule.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_070.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.6

Japan’s Prime Minister Shinzo Abe, center, and his cabinet ministers, escorted by a Shinto priest, arrive at the Grand Shrine of Ise, central Japan, for offering a new year’s prayer Monday, Jan. 5, 2015. Japanese Prime Minister Abe said Monday that his government would express remorse for World War II on the 70th anniversary of its end in August. (AP Photo/Kyodo News) JAPAN OUT, MANDATORY CREDIT

 このことから(このような考察から),私たちは,伝統的な権力と新興の権力との間に存在する重要な区別に気づく。伝統的な権力は習慣のカを味方に(on its side 自分の側に)している。伝統的な権力(の側)は,絶えず,自分たちを正当化する必要はないし(正当であると主張あるいは証明する必要はないし),伝統的権力を覆すほど強力な敵はまったく存在しないということを絶えず証明しなければならないということもない。さらに,伝統的な権力は,反抗(抵抗)は邪悪であるということを示すと主張する宗教的あるいは準宗教的な信念と,ほとんど変わることなく,結びついている。従って,伝統的な権力は,革命時の権力や強奪された権力(usurped power)が可能であるよりも,ずっと大きな度合いまで,世論に頼ることができる(のである)。このことから,(可能性として)多少とも 正反対の結果が二つある。(即ち)一方では,伝統的な権力は,自分は安泰だと感じているので,反逆者を監視することはなく,また,あまり積極的な政治的暴政を行うことは避けそうである。逆に,古い制度が依然として残っているところでは,権力者がともすれば陥りがちな不正は大昔からの慣習の是認を受けており,従って人民(大衆)の支持を勝ち得ようと望む新しい形態の政府の下でありそうであるものよりも,ずっと目立つものである可能性がある。フランスの恐怖政治時代は革命的な類の暴政をよくあらわすものであり,コルグエ(注:強制労役。フランス革命前に封建領主が課した税金代りの強制労働)は伝統的な類の暴政を例証している。

Chapter III: The Forms of Power, n.6

This brings us to a very necessary distinction, between traditional power and newly acquired power. Traditional power has on its side the force of habit; it does not have to justify itself at every moment, nor to prove continually that no opposition is strong enough to overthrow it. Moreover it is almost invariably associated with religious or quasi-religious beliefs purporting to show that resistance is wicked. It can, accordingly, rely upon public opinion to a much greater degree than is possible for revolutionary or usurped power. This has two more or less opposite consequences : on the one hand, traditional power, since it feels secure, is not on the look-out for traitors, and is likely to avoid much active political tyranny ; on the other hand, where ancient institutions persist, the injustices to which holders of power are always prone have the sanction of immemorial custom, and can therefore be more glaring than would be possible under a new form of government which hoped to win popular support. The reign of terror in France illustrates the revolutionary kind of tyranny, the corvee the traditional kind.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_060.HTM

ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.5

 法の力はこうした(権力の)複雑さを例証するだろう。法の最高権力(究極的な力)は,国家の強制力である。直接の物理的な強制力は(若干の制限はあるが)国家の特権であるというのは文明社会の特徴であり,法とは,国家が自国民を扱うにあたって,この特権を行使する際の一揃いの規則である。しかし,法が罰(刑罰)を用いるのは,望ましくない行為を物理的に不可能にするためだけでなく,(ある方向に)誘導する物としても罰を用いるたとえば,罰金は行為を不可能にはせずに,ただ,その行為をあまり魅力のないものにするだけである。
【注:どういうわけか,みすず書房版の東宮訳では,この一文「a fine, for example, does not make an action impossible, but only unattractive. 」は訳出されていない。】
 さらに,これはもっとずっと重要なことであるが,法は,一般民衆の感情によって支持されていない場合には,ほとんど無力である。それは,禁酒法施行下のアメリカ合衆国や,1880年代のアイルランド月光党員がアイルランド住民の大多数の共感を得た時の例を見れば,わかるであろう。【注:つまり,米国では,禁酒法に賛成する国民が少なかったので守られなかった。また,地主に苦しめられていた貧しいアイルランドの小作農が秘密の団体をつくり,夜,月光のもと,地主に襲いかかった事件にも共感が集まった。】
 それゆえ,法が有効な力となるかどうかは,警察権力よりも,世論や(民衆の)感情によりいっそう依存するのである。法に賛成する感情の度合いは,社会の最も重要な特徴の一つである

Chapter III: The Forms of Power, n.5

The power of the Law will illustrate these complexities. The ultimate power of the Law is the coercive power of the State. It is the characteristic of civilized communities that direct physical coercion is (with some limitations) the prerogative of the State, and the Law is a set of rules according to which the State exercises this prerogative in dealing with its own citizens. But the Law uses punishment, not only for the purpose of making undesired actions physically impossible, but also as an inducement; a fine, for example, does not make an action impossible, but only unattractive. Moreover –and this is a much more important matter– the Law is almost powerless when it is not supported by public sentiment, as might be seen in the United States during prohibition, or in Ireland in the ’80’s, when moonlighters had the sympathy of a majority of the population. Law, therefore, as an effective force, depends upon opinion and sentiment even more than upon the powers of the police. The degree of feeling in favour of Law is one of the most important characteristics of a community.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_050.HTM