バートランド・ラッセルのポータルサイト

バートランド・ラッセル『反俗評論集-人類の将来』(松下彰良・訳)

Bertrand Russell: Unpopular Essays, 1950

Back(前ページ) 第7章_イントロ索引 Next(次ページ)
Contents(総目次) full text

知的戯言の概要(1943) n.35

 私は、政府の行為によって一般(国民)に信じられるようにできる不合理(な事柄)(absurdities)には全く限界がない(訳注:独裁政府は国民を簡単に騙せる)と信じている。私にそこそこの(十分な)軍隊をもたせ、かつそれに対して普通の人々(注:the lot of the average man 平均的な人々の集団)にあてがわれ よりも多くの給料を支払い、よりよい食物を与える力(権限/権力)を持たせたごらんなさい。そうすれば、私は30年以内に、国民の多数(過半数)に、2かける2は3になるとか、水は熱くなると凍り、冷たくなると沸とうするとか、あるいは、その他、国家の利益になるような不合理を信じさせることを引き受けよう(undertake to)。もちろん、これらの信念が生成された場合でも、人々はお湯を沸かしたい時に、やかんを冷蔵庫のなかにいれようとはしないであろう。冷たさが水を沸とうさせるというのは、恐れおののいた調子で表明される(ところの)神聖かつ神秘的な日曜日の真理( a Sunday truth)であり、日常生活ではそれにもとづいて行動することはないものである。 起こりそうなことは、この神秘的な教義をすこしでも言葉の上で否定することは不法とされ、頑固な異端者は火刑台で「凍らせられる」ということになるであろう。 (政府)公認の教義を熱烈に受け入れない者は、教えたり、何らかの権力の座についたりすることを許される者はまったくいないであろう。非常に高い地位にある役人(最高幹部)が、酒に酔っ払って(in their cups)、これらのこと全てはなんとたわけたことかと、お互いにささやきあうことができるだけだろう。そうして、彼らは笑い、再び酒を飲むだろう。こうしたことは、決して現代のいくつかの政府のもとで起こっていることの戯画化とはほとんど言えないであろう。(注:単なる冗談ではなく、実際に起こっていることであって、真剣に考えなくてはいけない事態である、ということ)

Outline of Intellectual Rubbish (1943), n.35

I am persuaded that there is absolutely no limit to the absurdities that can, by government action, come to be generally believed. Give me an adequate army, with power to provide it with more pay and better food than falls to the lot of the average man, and I will undertake, within thirty years, to make the majority of the population believe that two and two are three, that water freezes when it gets hot and boils when it gets cold, or any other nonsense that might seem to serve the interest of the State. Of course, even when these beliefs had been generated, people would not put the kettle in the ice box when they wanted it to boil. That cold makes water boil would be a Sunday truth, sacred and mystical, to be professed in awed tones, but not to be acted on in daily life. What would happen would be that any verbal denial of the mystic doctrine would be made illegal, and obstinate heretics would be "frozen" at the stake. No person who did not enthusiastically accept the official doctrine would be allowed to teach or to have any position of power. Only the very highest officials, in their cups, would whisper to each other what rubbish it all is; then they would laugh and drink again. This is hardly a caricature of what happens under some modern governments.


ラッセル英単語・熟語1500
(掲載日:2023.05.09/更新日: )