バートランド・ラッセルのポータルサイト



「ラ博士帰国す」
『東京朝日新聞』1921年(大正10年)7月31日付

Empress of Asia  加奈陀太平洋汽船エム・エシア号(松下注:正確には,Empress of Asia* 右写真出典)は三十日,東西の名士数名を載せて正午晩香波(=バンクーバー)に向かって出帆した。之より先は,昨夜東京より来濱(=横浜に来て),グランドホテルに滞在中であったラッセル博士は,愛人ブラック嬢とパワー(松下注:Eileen Power のこと)女史とに助けられ徒歩で其疲れた身体を桟橋に現したが,見送り人には改造社の山本氏,大杉榮氏,其他二十余名で,殊に大杉氏の無造作な浴衣姿が人目を惹き,大哲人ラッセル博士と東洋の社会主義者との最後の堅い握手が交わされた。
 「機会があったら又日本へ」という名残りの言葉と共に,船は奏楽の裡に徐々と埠頭を離れた。
 尚此の日の船では楽聖エルマン氏,比島上院議長ケソン氏,比島大学教授エフゼラピー氏,米国駐在?比島委員長等の諸名士があった。(横濱電話)

* This photo from Robert D. Turner's Pacific Empresses, shows Empress of Asia as she looked in 1937 at the time of the Shanghai evacuations. She and her sister ship, Empress of Russia -- both completed in 1913 -- were built to sail between Vancouver, B.C., and the Orient. Both of the Empresses served as armed merchant cruisers in WWI and as troop transports in WWII. The Russia survived WWII, but she (=Empress of Asia) was destroyed by a fire in dry-dock one month after the war ended(From: The Role of the CPR Ships in World War II, Part Two).