(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),中野好之・太田喜一郎(共訳)
『人生についての断章』(みすず書房,1979年2月 249pp.)

(原著: Mortal and Others; American Essays 1931-1935, v.1:
ed. by Harry Ruja, London; George Allen & Unwin Ltd., 1975 )
編者序文 → 松下訳
Mortal and Others; American Essays
1931-1935, v.1, 1975
 1930年代初期に、『ニューヨーク・アメリカン』をはじめとするハースト系の新聞の文芸欄にかなりの数にのぼる文筆家や芸術家がエッセイを寄稿した。執筆者の中には、オルダス・ハックスリー、G.K.チェスタートン、ハヴロック・エリス、V.サックヴィル・ウェスト、レベッカ・ウェスト、フィリップ・ワイリー、ジェイムズ・サーバー、H.L.メンケン、ガートルード・アサートン、ロバート・ベンチリー、オグデン・ナッシュ、ルイス・ブラウン、ルードウィック・ルーウィソーンのような、英米両国のすぐれた作家たちがいた。
 バートランド・ラッセルもそのレギュラーをつとめ、1931年7月22日から1935年5月2日にかけて、合計156篇のエッセイを寄稿した。1933年の1年間だけでも、彼は、事実上1週間に1篇の割で、50篇ものエッセイを寄せた。(右写真出典:R. Clark's The Life of B. Russell, 1975)
 もともと新聞の読者を対象としていただけに、ラッセルの筆になる一連のエッセイは、不況、ナチの勃興、禁酒法、「ニューディール」政策などの当時の諸問題にしばしばふれている。ラッセルはそれゆえに現代の問題にかなり言及しているが、そのテーマは、愛、結婚、自由、個性、性格、親としての問題、戦争と平和、同胞愛、進歩、知識、真理、科学、倫理、教育など、人類永遠の問題をあつかっている。プラトンは、時代を超越して万物を見る人間が哲学者であると言っているが、ラッセルは、1哲学者として、つまり20世紀の生んだ個性ある偉大な思想家の1人として、長い充実した一生を通じて、哲学以外の多岐にわたる分野で精力的に活躍し、すぐれた業績を残した人間として、本書のエッセイを執筆した。ラッセルの数学者、論理学者、教育者、道徳家、社会改革論者、平和運動家としての活動の経験が、これらのエッセイの中に生きている。
 新聞紙上にはじめて彼のエッセイが発表されたころには、ラッセル卿の名はアメリカにおいて広く知られていた。彼は1896年にアメリカ生れの彼の最初の妻をともなってはじめてアメリカを訪れ、3ヵ月にわたる滞米期間中に妻の親戚縁者に会い、ブリン・マー大学とジョンズ・ホプキンズ大学で講演した。彼は1914年、1924年、1927年、1929年、1931年にもアメリカを訪れている。(松下注:1931〜1935年に発表されたエッセイについて述べているため、その直前までの訪米しか触れていないが、周知のように、1938年〜1944年まで、家族とともに米国に滞在している。)
 この5(松下注:=1931〜1935年のまちがい)にわたる訪米中に新聞紙上に掲載された彼のエッセイのうち、今まで7篇のみが本に収められた。またこの一連のエッセイのうちの2,3篇がイギリスの雑誌に掲載され、1篇が翻訳のうえドイツの雑誌に載った。彼のエッセイはこの程度にしかあつかわれず、その大部分は読み捨てという新聞の宿命と運命をともにし、忘れ去られてきた。私は、彼のエッセイをこのままにしておくことに忍びず、出版社の諸氏と相談の結果、再度出版におよべば、公正にして賢明なる読者の賛同を得られるものと思い、新しい世代の読者に本書を編んだ次第である。
 2巻よりなる本書(訳注:全2巻のうちの後半は、1979年2月現在未刊)(松下注:第2巻は、1998年になってようやく、別の出版社 Routledge からだされている。)には、今のわれわれに無関係な問題をあつかった何篇かのエッセイと、ラッセルが存命中に彼が出版した何冊かの本に収録された4篇をのぞいて、ハースト系の新聞に掲載された彼のエッセイのすべてが含まれている。また私の知るかぎりではイギリスの Time and Tide 誌に掲載されたエッセイ(「お説教について」)を本書にはじめて収めた。このエッセイと未出版のいくつかのエッセイを本書にのせた理由は、これらのエッセイは、ラッセルがハースト系の新聞に寄稿していたころに書かれ、文体も体裁も同じものであったからである。
 ラッセルのエッセイは気取りがなく、しばしばさり気なく書かれているが、彼の天与の才とも言える機知、皮肉、明快さ、学識、道徳意識、大胆さ、そしてなかんずく彼の叡知が行間にくみとれる。今こそわれわれは、40年前に彼のエッセイをはじめて読んだ人々のように、その1点のくもりもない合理主義と人類への関心からなにものかを学び取らねばならない。また、彼の持前の機知は、エッセイのいたるところで躍動し、読者を十分に楽しませてくれる。
 編集者としての私の仕事は編集のなかに気がつくままに、今ではあまりなじみのない難解な言葉に数個の説明的な注をつけたり、ある程度私の考えで語頭の大文字やコンマやスペリングやハイフンをなおすぐらいにとどめた。私は、折にふれて長い文章やパラグラフを短いものにしたり、きわめて例外的に文章を書きなおして文意を明確にした。
 本書を出版するにあたって、私は編集者として、マックマスター大学のバートランド・ラッセル資料室のケネス・M.ブラックウェル氏の本計画への激励と、ロンドンのバリ・ファインバーク・アンド・コンティニュアム社の協力に感謝する。
 おわりにラッセル卿は本書の出版計画を知り許可を与えてくださったが、本書の出版を見ずに他界されたことをこに記し、本書を今は亡き卿の霊に捧げるものとする。
  カリフォルニア州サン・ディエゴにて
   ハリイ・ルージャ
In the early 1930s, the New York American and other newspapers owned by William Randolph Hearst published a literary page to which a large number of writers and artists contributed. Among them were some distinguished authors, both English and American: Aldous Huxley, G. K. Chesterton, Havelock Ellis, V. Sackville-West, Rebecca West, Philip Wylie, James Thurber, H. L. Mencken, Gertrude Atherton, Robert Benchley, Ogden Nash, Lewis Browne, and Ludwig Lewissohn.
Bertrand Russell was one of the regulars, contributing a total of 156 essays from 22 July 1931 to 2 May 1935・ In one year alone (1933), he contributed fifty items, virtually one each week.
Intended as they were for a newspaper audience, his essays made frequent reference to the events and problems of the day, the Depression, the rise of Nazism, Prohibition, the 'New Deal', and so on, but to a large extent, though many of the allusions are temporal, the themes are perennial: love, marriage, freedom, individuality, character, parenthood, peace and war, brotherhood, progress, knowledge, truth, science, ethics, education, and so on. After all, they were written by a philosopher - 'the spectator of all time and all existence,' in Plato's phrase - by one of the great minds and personalities of the twentieth century, by a man who by the end of his long and full life had pursued with vigour and even distinction five or six careers in addition to that of philosopher: mathematician, logician, educator, moralist, propagandist for social reform, and agitator for peace - and all these roles to a degree find expression in these essays.
When the essays first appeared, Lord Russell (as by then he was) was no stranger to America. He had first visited the United States in 1896 with his first wife, herself an American, staying for three months, meeting her relatives and lecturing at Bryn Mawr College and at Johns Hopkins University. He had come to the States again in 19l4, 1924, 1927, 1929, and 1931.
Of all the essays which appeared during those five years in this series, only seven have ever been reprinted in a book. A few of the essays were reprinted also in certain British magazines, and one, in translation, appeared in a German magazine. This is the extent of it! By far the greater proportion of the essays have suffered the fate of yesteryear's newspaper: oblivion. They do not deserve oblivion. The publishers and I are confident that the candid and judicious reader will agree with this judgement, and it is for this reason that we make them available to a new generation of readers.
We include in the present two-volume collection all of the Hearst essays except some which dealt with transitory issues and the four which were reprinted in Russell's books during his life-time. We are reprinting for the first time an essay ('On Being Edifying') which appeared to our knowledge only in the British journal, Time and Tide. We include it in this collection and also include some previously unpublished essays because they were written at about the same time as the Hearst essays and are similar to them in style and format.
Though unostentatious and sometimes even casual, the essays reveal Russell's genius: his wit, his irony, his perspicuousness, his erudition, his moral sensitivity, his boldness - why not say it? - his wisdom. Our generation has as much urgent need for his rational clarity and his sense of concern for mankind as that generation that first read the essays forty years ago. Moreover, they are a delight to read, for Russell's love of fun keeps bubbling over in them all.
I have exercised my editorial privileges lightly, supplying a few explanatory notes for the more transitory and recondite allusions here and there and indulging, in modest degree, my own prejudices relating to capitals, commas, spelling, hyphens, and the like. I have occasionally broken some of the longer sentences and paragraphs into shorter ones and very occasionally recast sentences to enhance clarity.
I have Mr Kenneth M. Blackwell, archivist of the Bertrand Russell Archives at McMaster University, to thank for his encouragement on this project and Barry Feinberg and Continuum I Ltd of London for making it a reality. I may be permitted to add that Lord Russell knew of the project and approved it, but death prevented his seeing it realised. I dedicate the volume to his revered memory.
HARRY RUJA
San Diego, California