(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),日高一輝(訳)『ヴェトナムの戦争犯罪』
(河出書房,1967年11月 328pp. 河出ワールド・ブックスn.16)

(原著:War Crimes in Vietnam, 1967)

序論冒頭
Introduction, n.1
 西洋の,特に米国の,人種的偏見は,後進諸国の「国内問題」(内政問題)であると考えられている諸問題にたいするアメリカの責任を明らかにすることはきわめて難かしいというような雰囲気をつくりだした。
 ヴェトナム戦争は,東南アジアに固有のものと考えられる後進性と貧困と野蛮とが生んだ不可避かつ悲劇的な産物であるとみなされている。今行なわれている紛争のルーツは,暗い過去にもとめられる――即ち,南と北の間の古くからの紛争が浚渫(しゅんせつ)される(松下注:川底からさらうように,かき集められる)
 こうした見方からすれば,アメリカの干渉は偶然のこととなる。ヴェトナム人民は憐れなやつらであると考えられ,彼らの事件にアメリカ人はいやいやながら,不幸にも巻き込まれてしまった(とアメリカ人は考えるのである)
> (左右の写真2枚:『ヴェトナムの戦争犯罪』邦訳書口絵より)
 人種的偏見は,このようにヴェトナム戦争の歴史的起源を取り違えるばかりでなく,また,病院,学校,堰堤(えんてい)など,(非軍事の)民間施設を爆撃したアメリカ人パイロットが戦犯行為を犯したかどで非難される際には,野蛮なそして好戦的な野次をとばして(非難を)黙らせようとするのである。「ヴェトコン」(ベトナム民族解放戦線をアメリカ側が蔑称していう言い方)の捕虜が即座に銃殺される時,米国の新聞,上院,多くの公職についた人物は,完全に沈黙をたもつ。そうさせるのが即ち,この人種差別主義者がささえているアメリカ人の世界観なのである。しかも同時に,こうしたやからは,もしそのパイロットたちがその犯罪行為の故に裁判にかけられると,北ヴェトナムの都市を破壊することを要求するのである。戦時捕虜の取扱いに関する1949年のジュネーヴ協定をアメリカが破ったことは,長い間,公式に記録された事項となっている。たとえば1965年12月1日のニューヨーク・タイムズにはこう報じられている――「ジュネーヴにある赤十字国際委員会は,捕虜取扱いに関する国際協定を米国が侵犯していることを再び訴えた……」
 ナパーム弾や白燐爆弾をもって一般民衆を毎日爆撃している事実にたいして無頓着であるのは勿論のこと,こうした条理明白な訴えに対してすら無頓着であるのを見せられては,全くぞっとする。
 わたくしがここで立証したいと思う重要な事実は,ヴェトナム戦争は米国の責任であるということである。この基本的な事実こそが,全ての人にとって,この残虐戦争を理解するための中心をなすものである。この戦争を理解するためには,われわれはアメリカを知らねばならない――といってそれはヴェトナム人民の歴史を無視するということではない。
 ヴェトナムの文化は豊かである,そしてその起源は古代に始まる。口づたえの伝説は,英雄的な伝統を語りついでいる――むかし封建支那(注:封建主義の時代の中国)を撃退したことを語る昔話にいたっては,特にそうである。しかしながら,歴史の動きはいつものことながら速いので,今日のヴェトナムは,古代の伝統よりは,現在の世界により多く結びついている。過去百年のヴェトナムの国としての歴史は,ヴェトナムをして世界舞台にひき上げた。ヴェトナムとその闘争の苦しみを理解するためには,「第3世界」を変質させつつあり,さほどめざましくはないけれども西洋自身をも変えつつある一群の反植民地勢力の中に存在するヴェトナムを知らなければならない。
 どんなに深くその過去を調べたとしても,もしわれわれがヴェトナムのもつ意義を無くしてしまうことをやめないならば,とうていヴェトナムを理解しえないだろう。逆説的に言えば,ヴェトナムに国際的意義を与えたのはむしろアメリカであるといえる。
 ヴェトナムにおけるアメリカの役割が始まったのは,ゴ・ディン・ジエム(政権)と,周知の悪名高い関係を結ぶにいたる以前のことではあるが,ここで注目しなければならないのは,フランスは,ヴェトナムの文化的遺産をほとんどあとかたもなく抹消してしまった責任者であるということである。第2次世界大戦前に,フランスは,尊大かつ独立先行で,その植民地政策を遂行したのである。英国のライバルであったフランスは,19世紀中にヴェトナムに手をつけ,さらに新たに中国に接近しようとしたのである。現地人たちをキリスト教徒にするためヴェトナムに来たフランス人宣教師たちを,危害を加えようとする現地人の襲撃から守るためにという口実で,1840年代にすでにフランス海軍が南ヴェトナムに入ってきて,ヴェトナムを征服して植民地とするフランスの行為が真剣に始められた。(→ 松下訳:未開人をキリスト教化しようと(キリスト教の信者に変えようと)していたフランス人宣教師を,未開人からの仕返しから守るためという口実で,1840年代にフランス海軍は南ヴェトナムへと入っていった。フランスによるヴェトナムの征服(植民地化)が本格的に始められたのである。)わずか数十年の間に,全ヴェトナムだけでなく,ラオスやカンボディアまでが,フランスに支配され,植民地にされた。「インドシナ」という巨大な混合体の各地方がそれぞれの法律上の地位や政府組織をもっていたのに,フランス人はいたるところでそれを無視し,現住民を隷属させるため実に残酷な仕打ちをしたのであった。かれらの支配は絶対であって,議論の対象にしてはならないとされていた。かれらは,その植民地たるインドシナのどこででも法律や規則を決定することを自分たちの権利であるとした。
 そうして,組織を解体させられたゲリラが,だんだんとフランスにたいする抵抗を始めるようになり,それが20世紀に継続されることとなった。
The racism of the West, especially that of the United States, has created an atmosphere in which it is extremely difficult to make clear the responsibility of America for problems which are held to be 'internal' to the underdeveloped countries. The war in Vietnam is looked upon as the inevitable and tragic product of backwardness, poverty and savagery -- supposedly indigenous to South East Asia. The roots of the current conflict are sought in the dark past: ancient conflicts between north and south are dredged up. The American intervention is, on this view, fortuitous. The Vietnamese people are thought to be pitiable creatures, into whose affairs the Americans have reluctantly and unfortunately been invited.

『ヴェトナムの戦争犯罪』口絵より
Racism not only confuses the historical origins of the Vietnam war; it also provokes a barbarous, chauvinist outcry when American pilots who have bombed hospitals, schools, dykes and civilian centres are accused of committing war crimes.  It is only the racist underpinning of the Armerican world-view which allows the U.S. press, the Senate and many public figures to remain absolutely silent when 'Vietcong' prisoners are summarily shot; yet at the same time these bodies demand the levelling of North Vietnamese cities if the pilots are brought to trial for their crimes. American violations of the 1949 Geneva Conventions on the treatment of prisoners of war have long been a matter of public record. It was reported, for example, in the New York Times of December 1, 1965, that 'the International Committee of the Red Cross in Geneva . . . complained again that the United States was violating an international accord on the treatment of prisoners. . .' The indifference shown to this clear indictment- not to mention the indifference to daily bombardments of civilian populations with napalm and white phosphorus - is appalling.
The fundamental fact which I wish to establish here is that the Vietnam War is the responsibility of the United States. This elementary truth is central to any understanding of this cruel war. To understand the war, we must understand America, though this is not to ignore the history of the Vietnamese people. Vietnamese culture is rich and dates from antiquity. Oral legends continue heroic traditions, particularly those which tell of the ancient repulsion of feudal China. But history's movement, ever faster, is such that the Vietnam of today is less connected to her ancient heritage than to her present world. The past hundred years of Vietnam's national life have brought her on to the world stage. To understand Vietnam and the agony of her struggle, we must see Vietnam amidst the constellation of anti-colonial forces which are transforming the Third World and, less dramatically, the West itself. Vietnam will not be understood, no matter how deeply we probe her past, unless we cease to isolate her meaning. It is America that has given Vietnam an international significance.
While the beginnings of the American role in Vietnam precede the notorious involvement with Ngo Dinh Diem, it must be noted that France deserves the credit for nearly obliterating the Vietnamese cultural heritage. Before the Second World War, France managed her own colonial affairs with arrogant self-reliance. A rival to Britain, she probed Vietnam in the nineteenth century while seeking new access to China. On the pretext of protecting French missionaries from the reprisals of the savages they sought to Christianize, French naval vessels sailed into South Vietnam in the 1840s. The colonial conquest was begun in earnest. Within a matter of decades, not only the whole of Vietnam, but also Laos and Cambodia had been brought under French colonial rule. Although each region of the vast amalgam, 'Indo-China,' had a different de jure status and governmental structure, everywhere the French were ruthless in securing the submission of the native population. Their rule was not to be The disputed, and it was their arbitrary right to determine the laws and regulations of every part of the colony. Sporadic, disorganized guerrilla resistance opposed the French and continued into the twentieth century.