(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),東宮隆(訳)『西洋の智恵−図説・西洋哲学思想史』
(社会思想社,1968年6月(上巻)及び9月(下巻) 304pp(上巻)及び293p.(下巻)

(原著: Wisdom of the West, 1959)
序詞(プロローグ)
Wisdom of the West, 1959, Prologue

 哲学者が仕事中ということは、何をやっていることなのであろうか。これはじつに妙な質問だが、その答えとして、まず仕事中の哲学者がやっていないことは何か、それを述べてみることから始めることができるであろう。私たちの周囲の世界には、かなりよくわかっていることがたくさんある。たとえば、蒸気機関の働きなどを考えてみるがよい。これは力学と熱力学の分野に属していることである。さらに、人体がどのようにでき、どのような働きを営むかについても、私たちはいろいろなことを知っている。これは解剖と生理学で研究される問題である。あるいは最後に、星の動きのような、多くのことのわかっているものを考えてみるがいい。これは天文学の部類に属することである。このような、境界のはっきりした知識は、科学のうちのどれかに属するものである

 しかしながら、これらの知識の分野のすべても、周囲をとり巻く未知のものの領域に接している。境界領域にはいりこんでさらにこれを越えると、科学から思弁の分野に移る。この思弁活動も一種の探究であり、これこそ、とりわけ、哲学本来のものである。後にわかるように、科学の各種の分野も、すべて、この意味での哲学的探究として出発した。ひとたび1個の科学が、しっかりとした基礎をえるようになるや、それは、境界領域の問題と方法の問題とを除けば、多少とも独立した進みかたをするものである。しかし、或る意味で、この探究方法はただそれだけで進むものではない。それはひたすらに進んで、新たな仕事を見つけ出す。

 同時に、私たちは、哲学と、ほかの各種の思弁とを、区別しなければならない。本来、哲学は、私たちの悩みを解決しようとするものでもなければ、私たちの魂を救おうとするものでもない。それは、ギリシャ人も言うように、一種スリルゆたかな観光旅行そのものである。このようにして、そこには、原則として、ドグマの問題もなければ、儀式もなく、どんな種類の聖なる実体もない。その点では、たとえ個々の哲学者が手に負えぬほどドグマ的であっても、である。じっさい、未知なものに対して取りうる態度には2つある。1つは、書物か、神秘か、あるいはほかの霊感の根源になるものを、知っていると称する人たちの言葉を、(そのまま)受け入れるやりかたである。今1つは、出ていってみずから探究するやりかたで、これが科学と哲学の道である(右イラスト:1985年4月28日、松下宅で開催された第56回「ラッセルを読む会」案内状より)

 最後に、哲学の特徴として独特なものを1つあげよう。誰かが、数学とは何かという問を発した場合、私たちはこの人に、たとえばそれは数の科学だという辞書の定義を、議論の種として与えることができる。これは、議論に関するかぎり、今さらその余地のない言葉であり、その上、質問者が数学を知らなくてもすぐわかる言葉である。定義は、このように、ひとまとまりの明確な知識の存在する分野なら、どんな分野についても、与えることができる。しかし、哲学は、このように定義することはできない。どんな定義にも、議論の余地があり、それはすでに1つの哲学的態度の具現である。哲学とは何かということを見つけ出す道は、哲学を実践するよりほかにない。人びとが従来このことをどのようにやってきたか、これを示すのが本書の最大のねらいである。

 ものを考える人たちが、いつかは自分に問いかける疑問で、科学にはちょっと解答の出せぬものがたくさんある。それにまた、自分でものを考えようとする人たちは、うらない師のくだす即答などを鵜呑みにしたくない。このような疑問を探り、ときにこれを解決することが、哲学の課題である。

 このように、私たちは、人生の意味は何かというような疑問を、と言ってもじっさい人生にそもそも意味など無いかもしれぬが、自分に問いかけたい気持になることがある。世界には目的があるのか、歴史の展開はどこかに達するのか、それとも、このようなものは愚にもつかぬ疑問であるのか。

 つぎに、自然は事実、法則に支配されているのか、あるいは、そう考えるのも、事物をなんらかの秩序のあるものと見るのが好きなためにすぎないのか、こういうような疑問が出てくる。さらに、世界は、精神と物質という、相異なる2つの部分に分かれているのか、そうならば、これらが結びつくのはどのようにしてであるか、という総括的疑問が出てくる。

 また私たちは、人間のことをどう言うべきであるか。人間は、天文学者の目に映るような、ちっぽけで取るに足らぬ遊星の上を、どうすることもできずにうごめいている1点の塵であるか。それとも、人間は、化学者の考えそうな、何か巧妙なやりかたで作りあげられた1個の化学製品であるか。それとも、けっきょく、人間とは、ハムレットの目に映ったような、理性に秀で、限りない知力を持ったものであるか。人間とは、ひょっとしたら同時に、これら総てであるのか。

 これと並んで、善悪に関する倫理的な疑問が出てくる。甲の善い生きかたと、乙の悪い生きかたがあるのか、それとも、どのように生きるかなどということは、どうでもよいことなのか。かりに善い生きかたがあるとすれば、それはどのようなもので、どうしたら、そういう生きかたができるようになるのか。知恵と呼べるものが何かあるのか、それとも、このようなものと見えるのは、単に空しい気の迷いにすぎないのか。

 以上は、解き難い謎のような疑問である。実験室で実験をやっても、これらの疑問を解くわけにはいかぬし、何ものにも頼らぬ気分の持主は、万能薬を調剤するものの言葉などを拠りどころにはしたがらない。このような人びとにとって、哲学史は、どんな解答でも与えうるかぎりの解答を供してくれるものである。このむつかしい問題を学ぶにあたって、私たちは、自分以外の人たちが一度はこれらの問題について何を考えたかを教えられるのである。それ故、私たちはこれらの問題についての理解をいっそう深めるようになる。これらの人たちの、哲学との取り組みかたこそ、かれらの生きかたの重要な一面をなすものだからである。けっきょく、このことによって、私たちは、ほとんど何の確実な知識も持たなくても生きてゆく道を、教えられることもあるのである

What are the philosophers doing when they are at work? This is indeed, an odd question, and we might try to answer it by first setting out what they are not doing. There are, in the world around us, many things which are understood fairly well. Take, for instance, the working of a steam engine. This falls within the fields of mechanics and thermo-dynamics. Again, we know quite a lot about the way in which the human body is built and functions. These are matters that are studied in anatomy and physiology. Or, finally, consider the movement of the stars about which we know a great deal. This comes under the heading of astronomy. All such pieces of well defined knowledge belong to one or other of the sciences.

But all these provinces of knowledge border on a circumambient area of the unknown. As one comes into the border regions an beyond, one passes from science into the field of speculation. This speculative activity is a kind of exploration, and this, among other things, is what philosophy is. As we shall see later, the various fields of science all started as philosophic exploration in this sense. Once a science becomes solidly grounded, it proceeds more or less independently, except for borderline problems and questions of methocd. But in a way the exploratory process does not advance as such, it simply goes on and finds new employment.

At the same time we must distinguish philosophy from other kinds of speculation. In itself philosophy sets out neither to solve our troubles nor to save our souls. It is, as the Greeks put it, a kind of sightseeing adventure undertaken for its own sake. There is thus in principle no question of dogma, or rites, or sacred entities of any kind, even though individual philosophers may of course turn out to be stubbornly dogmatic. There are indeed two attitudes that might be adopted towards the unknown. One is to accept the pronouncements of people who say they know, on the basis of books, mysteries or other sources of inspiration. The other way is to go out and look for oneself, and this is the way of science and philosophy.

Lastly, we may note one peculiar feature of philosophy. If someone ask the question what is mathematics, we can give him a dictionary definition, let us say the science of number, for the sake of argument. As far as it goes this is an uncontroversial statement, and moreover one that can be easily understood by the questioner though he may be ignorant of mathematics. Definitions may be given in this way of any field where a body of definite knowledge exists. But philosophy cannot be so defined. Any definition is controversial and already embodies a philosophic attitude. The only way to find out what philosophy is, is to do philosophy. To show how men have done this in the past is the main aim of this book.

There are many questions that people who think do at some time or other ask themselves, where science cannot yield an answer. Neither will those who try to think for themselves be willing to take on trust the ready answers given by soothsayers. It is the task of philosophy to explore these questions, and sometimes to dispose of them.

Thus, we may be tempted to ask ourselves such questions as what is the meaning of life, if indeed it have any at all. Has the world a purpose, does the unfolding of history lead somewhere, or are these senseless questions? Then there are problems such as whether nature really is ruled by laws, or whether we merely think this is so because we like to see things in some order. Again, there is the general query whether the world is divided into two disparate parts, mind and matter, and, if so, how they hang together. And what are we to say of man? Is he a speck of dust crawling helplessly on a small and unimportant planet, as the astronomers see it? Or is he, as the chemist might hold, a heap of chemicals put together in some cunning way? Or, finally, is man what he appears to Hamlet, noble in reason, infinite in faculty? Is man, perhaps, all of these at once?

Along with this are the ethical questions about good and evil. Is there a way of life that is good, and another that is bad, or is it indifferent how we live? If there be a good way of life, what is it, and how can we learn to live it? Is there something we may call wisdom, or is what seems to be such mere empty madness? All these are puzzling questions. One cannot settle them by carrying out experiments in a laboratory, and those of an independent frame of mind are unwilling to fall back on the pronouncements of dispensers of universal nostrums. To such as these the history of philosophy supplies what answers can be given. In studying this difficult subject we learn what others at other times have thought about these matters. And so we come to understand them better, for their way of tackling philosophy is an important facet of their way of life. In the end this may show us how to live though knowing little.

(1981年4月19日,松下宅で開催された第19回「ラッセルを読む会」案内状より)