(本館へ)  (トップへ)  (初心者のページへ)

Portal Site for Russellian in Japan


大竹勝(訳)『宗教は必要か(荒地出版社,1959年3月刊。264pp.
ラッセル著作集第1巻/原著: Why I am not a Christian, and Other Essays, 1957)

(米国版)目 次 (CONTENTS)

★邦訳書画像
Preface by Bertrand Russell
Editor's Introduction

なぜ私はキリスト教徒でないか(Why I Am Not a Christian)
 キリスト教徒とは何か/神の存在/第一原因による証明法/
 自然の法則による証明法/神の意向による証明法/
 神のための道徳的証明法/不公平の償いとしての証明法/
 キリストの性格/キリストの教えの欠点/道徳的な問題/
 感情的な要素/どのように教会は進歩を遅らせたか/
 恐怖が宗教の根底/われわれは何をしなければならないか


Seems, Madam? Nay. It Is A Free Man's Worship On Catholic and Protestant Skeptics Life in the Middle Ages The Fate of Thomas Paine Nice People Tbe New Generation Our Sexual Ethics Freedom and the Colleges Can Religion Cure Our Troubles? Religion and Morals Appendix: How Bertrand Russell Was Prevented from Teaching at The College of the City of NeW York Index  宗教は文明に有益な貢献をなしたか(Has Religion Made Useful Contributions to Civilization? )
 キリスト教と性/宗教に対する異議/霊魂と不滅/
 偏狭の根源/自由意志の教義/正義の観念


 何を信ずるか(What I Believe)
  1.自然と人間 2.善い生活 3.道徳律
  4.救済 5.科学と幸福


Do We Survive Death?  死後も生存するか()
 自由人の信仰()
 トマス・ペインの宿命()
 上品な人々()
 新しい世代()
 われわれの性道徳()
 カトリックとプロテスタントの懐疑哲学者たちについて()
 中世期の生活()