(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),勝部真長・長谷川鑛平(共訳)
『ヒューマン・ソサエティ−倫理学から政治学へ』
(玉川大学出版部,1981年7月刊。268+x pp.)

(原著: Human Society in Ethics and Politics, 1954)
第二部第2章 政治的に重要な欲望 n.1

松下訳にさしかえ
Part II, Chap. 2: Politically Important Desires
What Desires Politically Important?, 1950
( Nobel Prize Acceptance Speech )
 虚栄心は非常に大きな力を有している動機(原動力)である。子供と多くの関わりを持っている人であれば,彼らは常に何かふざけたことをやっては,「ほら,見て!」と言うのを見知っている。「ほら,見て!」(見て欲しい)というのは人間の心の最も基本的な欲求の一つである。それは,ふざけた行為から死後の名声の追求まで,数限りない形態をとりうる。ルネサンス期イタリアに一人の小公子(小君子)がいて,死の床で聖職者から何か懺悔しなければならないことはないか(あるか)と尋ねられた。彼は,次のように応えた。「はい,一つあります。私は,ある折に,皇帝と教皇との訪問を同時に受けました。私の邸宅内の塔のてっぺんからの眺めを見せるためにお二人を塔のてっぺんに案内しましたが,二人とも同時に投げ落として不滅の名声を自分に与える(不滅の名声を得る)機会を見逃して(怠って)しまいました。」 歴史(書)は,その聖職者がその小公子に赦免を与えたかどうかは物語っていない。虚栄心の厄介なことの一つは,虚栄心がエサとするもの(を食べる)とともに虚栄心も成長して大きくなるということである。話題にされればされるほど,ますます話題にされたがる。有罪を宣告された殺人犯は,新聞に掲載された自分の裁判記事を見ることを許され,もし報道の仕方が不適切なもの(注:ここでは内容よりは取り扱いが小さいもの)を見つけると,憤慨する。そして他のいろいろな新聞にも自分のことが載っているのを見つければ見つけるほど,報道が貧弱であったその新聞に対して,彼はますます腹を立てる。政治家や文士も事情は同じである。彼らが有名になればなるほど,新聞切抜き業者は彼らを満足させることがますます難しくなることがわかる。3歳の幼児から,渋面(しかめっつら)を示せば世界中が震え上がる(昔の)君主にいたるまで,人間生活の全領域に及ぶ虚栄心の影響力は,いくら誇張しても誇張し過ぎることがないほどである。人間は,同じような欲求が神にもあるとする不敬を犯してさえおり,神は不断の礼賛を渇望していると思いこんでいるしだいである。(注:これは皮肉)

Vanity is a motive of immense potency. Anyone who has much to do with children knows how they are constantly performing some antic, and saying "Look at me". "Look at me" is one of the most fundamental desires of the human heart. It can take innumerable forms, from buffoonery to the pursuit of posthumous fame. There was a Renaissance Italian princeling who was asked by the priest on his deathbed if he had anything to repent of. "Yes", he said, "there is one thing. On one occasion I had a visit from the Emperor and the Pope simultaneously. I took them to the top of my tower to see the view, and I neglected the opportunity to throw them both down, which would have given me immortal fame". History does not relate whether the priest gave him absolution. One of the troubles about vanity is that it grows with what it feeds on. The more you are talked about, the more you will wish to be talked about. The condemned murderer who is allowed to see the account of his trial in the press is indignant if he finds a newspaper which has reported it inadequately. And the more he finds about himself in other newspapers, the more indignant he will be with the one whose reports are meagre. Politicians and literary men are in the same case. And the more famous they become, the more difficult the press-cutting agency finds it to satisfy them. It is scarcely possible to exaggerate the influence of vanity throughout the range of human life, from the child of three to the potentate at whose frown the world trembles. Mankind have even committed the impiety of attributing similar desires to the Deity, whom they imagine avid for continual praise.