(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


バートランド・ラッセル(著),毛利可信(訳) 『意味と真偽性−言語哲学的研究』
(文化評論出版,1973年1月。417pp.)


*原著: An Inquiry into Meaning and Truth, 1940)

原著者はしがき
An Inquiry into Meaning and Truth, 1940, preface.

(本書を出版した1940年のラッセル:From R. Clark's The Life of B. Russell, 1975.)

 本書の内容は数年間にわたって発展,形成され,いくつかの大学における講義の形にまとめられたものである。まず,1938年,オックスフォード大学での「言語と事実」という連続講義においてその一部を扱ったのであるが,それを基として,1938〜1939年にシカゴ大学で,また,1939〜1940年にカリフォーニア大学(ロサンジェルス校)で講義演習を行なった。この2つの演習での討論は,当面の諸問題に対する私の考察を深める一方,当初私がこのテーマの言語的側面を偏重したのを是正するのにあずかって力があった。それらの演習に参加された教授・学生諸氏の綿密かつ好意的な批判によって,私の誤謬を除去することができた(とそう見るのは甘すぎるかも知れないが)のであってそれらすべての方々に対しここで感謝の意を表したい。とくにシカゴでは,カルナップ,モリス両教授がしばしば演習に参加され,また大学院生のあるものは哲学的思考にすぐれていたので,その演習は,まさに,討論による協力がいかに実り多いものになり得るか,ということの恰好のモデル・ケースであったと言えよう。さて,上の2つの演習に参加されたノーマン・ドルキー氏は,原稿を全部通読され,綿密かつ示唆的な批判を与えてくださった。同氏のご厚意に深く感謝する。最後に,1940年夏,私はそれまでの資料に,全面的再検討を加え,それをまとめて,(ハーヴァード大学で)このウィリアム・ジェイムス講義(William James lectures)を行ったのである
 読者がただちに看取されるであろうように,私は方法論的には,現在のどの学派にもまして,論理実証主義に共感するものである。ただし,この学派に比して私の方がバークリーとヒュームの業績を重視するところが異なっている。すなわち,本書の内容は,現代論理学の生み出した方法に,ヒューム的展望を組み合わせることによってできたものと言えよう。
 バートランド・ラッセル  

 


This book has developed gradually over a period of years, culminating in a series of academic appointments. In 1938 I treated part of the subject in a course of lectures on 'Language and Fact' at the University of Oxford. These lectures formed the basis for seminar courses at the University of Chicago in 1938-1939 and the University of California at Los Angeles in 193--1940. The discussions at the two seminars did much to widen my conception of the problems involved and to diminish the emphasis which I originally placed on the linguistic aspects of the subject. I have to express a collective obligation to those, both Professors and pupils, who, by detailed friendly criticism, helped (I hope) in the avoidance of errors and fallacies. More especially at Chicago, where the seminar was often attended by Professors Carnap and Morris, and where some of the graduate showed great philosophic ability, the discussions were models of fruitful argumentative cooperation. Mr. Norman Dalkey, who attended both seminars, has since read the whole book in manuscript, and I am greatly indebted to him for his careful and stimulating criticism. Finally, during the summer of 1940, I prepared these William James Lectures partly from accumulated material, and partly from a re-consideration of the whole subject.
As will be evident to the reader, I am, as regards method, more in sympathy with the logical positivists than with any other existing school. I differ from them, however, in attaching more importance than they do to the work of Berkeley and Hume. The book results from an attempt to combine a general outlook akin to Hume's with the methods that have grown out of modern logic.