(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


東宮隆(訳)バートランド・ラッセル(著)『権力−その歴史と心理』
(みすず書房,1959年4月。342+viii pp. ラッセル著作集 n.5)

(原著: Power, a new social analysis, 1938)
第18章「権力をいかに飼いならすか」
(松下訳に変更)
Chap.18: The Taming of Power

・・・。カトリックの異端審問(注:正統信仰に反する教え(異端)を信じているとの容疑をかけられた者に対するカトリック教会による宗教裁判)における拷問の根底にあったものは,自白させたいという欲求であった。古代中国では,容疑者を拷問にかけるのは,習慣的なものになっていたが,それは人間性豊かなある皇帝が,いかなる者も,自白したのでなければ,有罪の判決を受けることはないと布告したからであった。警察の権力を飼いならす(おさえておだやかなものにさせる)ために必須のことは,いかなる状況においても,決して自白を証拠として採用してはならないということである。
 けれども,このような改革は,必要であるが,決してそれだけでは十分ではない。すべての国々の警察制度は,容疑者にとって不利な証拠を集めることが公衆の利益になる事柄であり,容疑者にとって有利な証拠を集めることは全くこの容疑者に関わる私的な関心事に過ぎないという仮定に,その基礎を置いている。罪を犯した人間が 有罪の判決を受けることよりも,無実の人間が放免されることのほうが重要だとはよく言われることである。しかし,いかなるところにおいても,警察の任務は犯罪の証拠を探すことであり,無罪の証拠を探し出すことではない。かりにあなたが,不当にも殺人罪に問われ,しかもあなたに不利な,一見して十分な証拠があるとしてみたまえ。そうなると,国家の資源の全体があなたに不利な入手可能な証拠を探し出すために動員され,国家は最も有能な法律家を雇って,陪審員の心中にあなたにとって不利な偏見を植えつけようとする。他方,あなたのほうは,あなたを助けてくれる公の組織は何一つなしに,自分の無罪を証拠立てるものを集めるために,私的財産を費やさなければならない。あなたが貧乏だと言い立てれば,(国選)弁護人の割当てもあるであろうが,しかしその弁護人は,検事ほど有能ではない。かりにあなたがようやく無罪放免になったにしても,映画や日曜新聞にあなたの記事がのり,ただ破産を免れることができるに過ぎないであろう(注;同情が集まるからなのか?)。しかし,(実際は)不当な有罪の判決を受けるほうがずっと多そうである。
 法律を遵守する市民が,警察の不当な迫害から保護されるべきだとすれば,二つの警察力と,二つの捜査課刑事部がなくてはならない。一つは,現在のように,犯罪を立証する意図をもったものであり,いま一つは無罪を立証するためのものでなくてはならない。・・・。



... The desire to obtain a confession was the basis of the tortures of the Inquisition. In Old China, torture of suspected persons was habitual, because a humamitarian Emperor had decreed that no man should be condemned except on his own confession. For the taming of the power of the police, one essential is that a confession shall never, in any circmstances, be accepted as evidence.
This reform, however, though necessary, is by no means sufficient. The police system of all countries is based upon the assumption that the collection of evidence against a suspected criminal is a matter of public interest but that the collection of evidence in his favour is his private concern. It is often said to be more important that the innocent should be acquitted than that the guilty should be condemned, but everywhere it is the duty of the police to seek evidence of guilt, not of innocence. Suppose you are unjustly accused of murder, and there is a good prima facie case against you. The whole of the resources of the State are set in motion to seek out possible witnesses against you, and the ablest lawyers are employed by the State to create prejudice against you in the minds of the jury. You, meanwhile, must spend your private fortune collecting evidence of your innocence, with no public orgarnization to help you. If you plead poverty, you will be allotted Counsel, but probably not so able a man as the public prosecutor. If you succeed in securing an acquittal, you can only escape bankruptcy by means of the cinemas and the Sunday Press. But it is only too likely that you will be unjustly convicted.
If law-abiding citizens are to be protected against unjust persecution by the police, there must be two police forces and two Scotland Yards, one designed, as at present, to prove guilt, the other to prove innocence; ...