(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),津田元一郎(訳)『宗教から科学へ』
(元々社,1956年2月。205p. 民族教養新書/荒地出版社,1956年12月。198p.)


(原著:Religion and Science, 1935)

第1章「闘争の原因」冒頭
Chap.1: Grounds of conflict

 宗教と科学は、社会生活の2つの側面である。宗教が人類の精神史上、古くから社会生活に重要な役割を果してきたのに対し、科学はギリシア人やアラビア人の間に間歇的に存在した後、16世紀になり突如重要な意味をもつようになり、それ以来、次第にわれわれの世界の思想や機構を作り上げるようになった。宗教と科学との間には、長い闘争が続けられてきたが、この数年前まで科学がいつも勝利を示していた。しかし、ロシアやドイツに、科学にもとづく新しい布教活動手段をもった新宗教(松下注:マルキシズムとナチズムのこと)が台頭するようになって、その勝敗の帰趨は、科学の台頭した頃と同じく疑わしくなった。そして今日まで、伝統宗教によって科学的知識に対してなされた戦いの原因と歴史を検討することが再び重要になってきた。(右ページ挿絵出典:Human Society in Ethics and Politcs, 1954.)

 科学は、観察手段やそれにもとづく推論により、まず世界に関する個々の事実を発見し、さらに、事実相互を結びつけ、(うまくいけば)未来の出来事を予示する法則を発見しようとする試みである。このような科学の理論的側面に結びついて、科学(的)技術が存在する。それは、かつては不可能であったか、あるいは少なくとも科学以前の時代にはずっと高価であった慰みや奢侈(しゃし)を生みだすのに、科学的知識を利用する。科学者以外の人々に対しても科学が極めて重要な意味をもつのは、このような技術的側面に於てである

 宗教は、社会的にみると、科学より複雑な現象である。歴史上偉大な宗教は、いずれも3つの側面をもっている。すなわち、(1)教会、(2)教義、(3)個人道徳の捉、である。時代と場所の相違により、これら3つの要素の重要性の度合いは大いに変化した。ギリシアやローマの古代宗教は与えられるまで、個人道徳に関しては言うべきものをもたなかった。イスラム教に於ては、教会は世俗の君主ほど重要な意味を持たなかったし、近代のプロテスタンティズムには、教義の厳しさを緩和させる傾向がある。しかし、これら3つの要素はいずれも、その比重には差があっても、社会現象としての宗教には欠くことができないものである。そして、この社会現象こそ、科学との闘争に於て、主にかかわりをもつものである。純粋に個人的な宗教は、科学が反駁しうる主張を避けるのをいとわない限り、科学が最も進歩した時代にも静かに生きつづけるにちがいない


RELIGION and Science are two aspects of social life, of which the former has been important as far back as we know anything of man's mental history, while the latter, after a fitful flickering existence among the Greeks and Arabs, suddenly sprang into importance in the sixteenth century, and has ever since increasingly moulded both the ideas and the institutions among which we live. Between religion and science there has been a prolonged conflict, in which, until the last few years, science has invariably proved victorious. But the rise of new religions in Russia and Germany, equipped with new means of missionary activity provided by science, has again put the issue in doubt, as it was at the beginning of the scientific epoch, and has made it again important to examine the grounds and the history of the warfare waged by traditional religion against scientific knowledge.
Science is the attempt to discover, by means of observation, and reasoning based upon it, first, particular facts about the world, and then laws connecting facts with one another and (in fortunate cases) making it possible to predict future occurrences. Connected with this theoretical aspect of science there is scientific technique, which utilizes scientific knowledge to produce comforts and luxuries that were impossible, or at least much more expensive, in a pre-scientific era. It is this latter aspect that gives such great importance to science even for those who are not scientists.
Religion, considered socially, is a more complex phenomenon than science. Each of the great historical religions has three aspects: (1) a Church, (2) a creed, and lar ru (3) a code of personal morals. The relative importance of these three elements has varied greatly in different times and places. The ancient religions of Greece and Rome, with until they were made ethical by the Stoics, had not very much to say about personal morals; in Islam the Church has do so been unimportant in comparison with the temporal monarch; in modern Protestantism there is a tendency to relax the rigors of the creed. Nevertheless, all three elements, though in varying proportions, are essential to religion as a social phenomenon which is what is chiefly concerned in the 'conflict with science. A purely personal religion so long as it is content to avoid assertions which science can disprove, may survive undisturbed in the most scientific age