(本館)  (トップ)  (初心者のペーへ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),江上照彦(訳)『結婚論』
(社会思想社,1955年12月。260 pp.)

(原著: Marriage and Morals, 1929.)
序文・冒頭
Introduction
 古代,現代をとわず,1つの社会を特色づける2つの要素がある。それらはきわめて重要なもので,たがいに密接な関連をもっている。その1つは経済制度であり,もう1つは家族制度である。
 こんにちにおいても2つの有力な学派があり,その一方はあらゆる現象を1つの経済的因果関係から説明するのに反して,もう一方の学派は,家族もしくは性的因果関係によって説明しようとする。前者はマルクス学派であり,後者はフロイト学派である。
 私はどちらの学派にも属さない。というのは,経済と性との相互関係というものは,私にとってはどちらがより本質的な原動力になっているのか,区別することができないからである。たとえば,産業革命というものが,性のモラルに大きな影響をあたえてきたし,また将来もあたえるだろうということは疑いない事実だ。しかし,また一方,ピューリタンの性倫理というものが,産業革命のある部分の心理的な原因として,働いたのである。したがって私は,経済的,もしくは性的ファクターのいずれを重視しようとするのでもなく,また,事実上,この両者をはっきりと切り離すこともできない。
 経済とは本来,食物の獲得にかかわりのある問題であり,とくに人間のばあいには,食物を個人のためにのみ確保するという場合はほとんどない。それはたいていの場合,家族のために求められるのであり,したがって,家族制度が変化するにつれて,経済的動機もまた,変化してゆくものである。もし,プラトンの国家論でのべられているように,国家が子弟をその両親からひきはなして育てるならば,生命保険はいうまでもなく,個人預金のあらゆる形態はほとんど影を消してしまうにちがいない。いいかえれば,もし国家が父親の役割を横取りしたならば,事実上,国家が唯一の資本家になるだろうということだ。極端な共産主義者たちは,これとは逆のかたちで,もし国家が唯一の資本家になるならば,従来考えられてきたような,家族形態は存在できなくなるだろう,としばしば主張してきた。たとえ,この考えが極端すぎるとしても,個人の財産と家族の間にある密接な関係を否定することはできないだろう。そして,このつながりは相関的なものであって,どちらが原因で,どちらが結果であるというようなことを断言することはできない。


 

 



In characterising a society, whether ancient or modern, there are two elements, rather closely interconnected, which are of prime importance: one is the economic system, the other the family system. There are at the present day two influential schools of thought, one of which derives everything from an economic source, while the other derives everything from a family or sexual source, the former school that of Marx, the latter that of Freud. I do not myself adhere to either school, since the interconnection of economics and sex does not appear to me to show any clear primacy of the one over the other from the point of view of causal efficacy. For example: no doubt the industrial revolution has had and will have a profound influence upon sexual morals, but conversely the sexual virtue of the Puritans was psychologically necessary as a part cause of the industrial revolution. I am not prepared myself to assign primacy to either the economic or the sexual factor, nor in fact can they be separated with any clearness. Economics is concerned essentially with obtaining food, but food is seldom wanted among human beings solely for the benefit of the individual who obtains it; it is wanted for the sake of the family, and as the family system changes, economic motives also change. It must be obvious that not only life insurance but most forms of private saving would nearly cease if children were taken away from their parents and brought up by the State as in Plato's Republic; that is to say, if the State were to adopt the role of the father, the State would, ipso facto, become the sole capitalist. Thoroughgoing Communists have often maintained the converse, that if the State is to be the sole capitalist, the family, as we have known it, cannot survive; and even if this is thought to go too far, it is impossible to deny an intimate connection between private property and the family, a connection which is reciprocal, so that we cannot say that one is cause and the other is effect.