(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),大竹勝(訳)「何を信ずるか」
[『(宗教は必要か)』(荒地出版社,1977年5月。253pp.)pp.66-109 に所収.

(原著:What I Believe, 1925.)

II.善い生活
II The Good Life

 いろいろな時代,またいろいろな人々の間に,善い人生(生活)についての多様な概念があった。ある程度まで,意見の相違には議論の余地があった。これは人間が与えられた目的を達成する手段に関して意見の相違があった場合であった。人によっては,刑務所が罪悪をなくする善い方法であろうと考えるものもいるし,また別な人は,教育のほうがもっと善いと考える人もいる。こういった種煩の相違は,十分な証拠によって決定されうる。しかしこの方法では判断できない意見の相違もある。トルストイはあらゆる戦争を強く非難した,しかし正義のために戦争をする軍人の生活は極めて気高いという意見を持つ人々もいた。この場合,おそらく目的に関する真の意見の相違が含まれていたのである。軍人をほめる人々は,通常,罪人を罰することそれ自体善いことだと考える。トルストイはそうは考えない。そのような問題に関しては,いかなる証明法(論証)も可能ではない。それゆえ,わたしは,善い人生(生活)についてのわたしの意見が正しいと証明することはできない。わたしは,わたしの見解を述べることができるだけであり,またできるだけ多くの人に同意してもらいたいと希望するだけである。善い人生(生活)に関するわたしの見解は次のとおりである. 

 善い人生(生活)とは愛によって鼓舞され,知識によって導かれる人生である。
There have been at different times and among different people many varying conceptions of the good life. To some extent the differences were amenable to argument; this was when men differed as to the means to achieve a given end. Some think that prison is a good way of preventing crime; others hold that education would be better. A difference of this sort can be decided by sufficient evidence. But some differences cannot be tested in this way. Tolstoy condemned all war; others had held the life of a soldier doing battle for the right to be very noble. Here there was probably involved a real difference as to ends. Those who praise the soldier usually consider the punishment of sinners a good thing in itself; Tolstoy did not think so. On such a matter no argument is possible. I cannot, therefore, prove that my view of the good life is right; I can only state my view, and hope that as many as possible will agree. My view is this: The good life is one inspired by love and guided by knowledge.