(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


バートランド・ラッセル(著),寮佐吉(訳)『原子のABC』
(新光社,1925年9月 3+6+205p. 19cm.)

 * 原著:The ABC of Atoms, London; Kegan Paul, 1923. 175 p. 20 cm.)

『原子のABC』第1章冒頭

 眼で見たり手で触ったりすると、普通の物体は連続しているように思われる。たとえば、ダイニング・テーブルでも私たちが座る椅子でも、何ら欠けている所のない、連続した表面をしているように見える。もし椅子に非常に多くの孔(あな)があいているとしたら、その上に座るのは危険なことのように思われる。しかし、私たちが固体と呼んで満足しているものは、その実私たちが思っているようなものではないということを、科学は私たちに知らしめる。事実、固体とは、アイルランド人による、網(net)の定義、すなわち「網とは、糸で結ばれた多くの孔(穴)」と似ている。固体とは、網の結び目だけ残し、結び目をつなぐ糸を全部切取った状態である、と想像すればよいだろう。
 科学は、物質を構成している(最小)単位を見つけようと努力することによって、次から次へと絶えずより小さな粒子へと導かれて行く。一番大きい単位は分子である。分子は一般に各種の異なっている元素の原子が集ってできている。たとえば、水の1分子は水素の2原子と酸素の1原子とでできている。化学的方法によって水の分子を酸素と水素の原子に分解することができる。次に1個の原子は1個の太陽と数個の惑星からできている一種の太陽系であることがわかった。原子を構成する太陽系においては、その太陽と数個の惑星との間の空虚なる部分は、太陽や惑星が占めている空間よりも非常に広漠たる空間であるから、固体が満たしていると私たちが思っている体積の大部分は、その実、空の空なるものである。1個の原子を作っている太陽系においては、惑星を電子と呼び、太陽を(原子)核と呼ぶのである。核は水素原子の場合には、簡単であるけれども、その他の場合には簡単なる構造を有していない。水素を除いたあらゆる他の元素の原子核は、数個の電子と数個の水素原子の核とが集まって出来ているもののようである。(水素原子核はまたプロトンと呼ばれている。)

Chap. 1: Introductory, n.1

To the eye or to the touch, ordinary matter appears to be continuous; our dinner-table, or the chairs on which we sit, seem to present an unbroken surface. We think that if there were too many holes the chairs would not be safe to sit on. Science, however, compels us to accept a quite different conception of what we are pleased to call 'solid' matter; it is, in fact, something much more like the Irishman's definition of a net, 'a number of holes tied together with pieces of string.' Only it would be necessary to imagine the strings cut away until only the knots were left.
When science seeks to find the units of which matter is composed, it is led to continually smaller particles. The largest unit is the molecule, but a molecule is as a rule composed of 'atoms' of several different 'elements.' For example, a molecule of water consists of two atoms of hydrogen and one of oxygen, which can be separated from each other by chemical methods. An atom, in its turn, is found to be a sort of solar system, with a sun and planets; the empty regions between the Sun and the planets fill up vastly more space than they do, so that much the greater part of the volume that seems to us to be filled by a solid body is really unoccupied.
In the solar system that constitute an atom, the planets are called 'electrons' and the Sun is called the 'nucleus.' The nucleus itself is not simple except in the case of hydrogen; in all other cases, it is a complicated system consisting, in all likelihood, of electrons and hydrogen nuclei (or protons, as they are also called) .