(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


バートランド・ラッセ(著),河合秀和(訳)『ロシア共産主義』
(みすず書房,1990年4月。145pp.)

* 原著:The Practice and Theory of Bolshevism, 1920.
第2版のための序言的なノート
Prefatory note to the 2nd edtion

 この本は1920年に書かれたものだが、2点を除いて訂正なしで再版される。つまり私は、自分が筆者ではなかった一つの章(松下注:ラッセルと結婚直前だったドラ・ブラックが書いた章 Pt.1, chap.4: Art and Education)を除いた。他方、新しい用語法にならって多くの箇所で「共産主義」という語を「社会主義」に変えた。1920年には、この2つの言葉の間に今日存在しているような鋭い区別はまだなかったから、このように訂正しなければ間違った印象を与えることになるであろう。いま書くなら、いくつかのことでは違った言い方をするであろうが、すべての主要な点で、私は1920年の私のロシア共産主義観を今もそのまま持ち続けている。それ以後のロシア共産主義の発展は、私がかつて予想したものとそれほど異なったものではなかった。
 1948年10月記

Although this book was written in 1920, it is being reprinted without change, except in two respects. On the one hand, I have omitted a chapter of which I was not the author; on the other hand, I have found it necessary, in order to conform to modern usage, to alter the word 'Communism' to 'Socialism' in many places. In 1920, there was not yet the sharp distinction between the two words that now exists, and a wrong impression would be made but for this change. If I were writing now, some things would be differently said, but in all major respects I adhere to the view of Russian Communism which I took in 1920, and its subsequent development has been not unlike what I expecte.
October. 1948