(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan


江森巳之助(訳『神秘主義と論理』
(みすず書房,1959年5月刊。276+ii pp.)


(原著: Mysticism and Logic, 1918)

目次
原著まえがき(1917年9月)
Preface to Mysticism and Logic, 1918.

 以下の諸論文を発表した時期はまちまちである。これらをとりまとめて再び上梓することを許して下さった、当時の出版者の方々に感謝する。
 「神秘主義と論理」は Hibbert Journal の1914年7月号に、「自由教育における科学の地位」は The New Statesman 誌の1913年5月24日号ならびに同31日号に発表した。「自由人の信仰」と「数学の研究」とは、Longmans, Green & Co. 出版の古い論集である Philosophical Essays (絶版中)に載った。2つとも、書いたのは1902年であるが、最初に世に出たのは、前者は1903年の Independent Review 誌であり、後者は New Quarterly 誌の1907年11月号であった。理論的倫理学の領域では、今の私の立揚は、「自由人の信仰」で主張したところと全く同じであるとはいえない。というのは、善悪の客観性について、今では当時ほどの確信が持てないからである。しかし、この論文で示唆した、人生に対する一般的態度そのものは、おおむねまちがっていないと思う。内面的敗北を避けなければならないものとすれば、そこに示された態度こそは、緊張と困難とに満ちた時代に処して、なんらの独断的宗教的信念を持合せていない人々の、持すぺき態度であろう。
 「数学と形而上学者たち」は、1901年に書き、アメリカの雑誌 The International Monthly に「数理哲学における最近の業績」(Recent Work in the Philosophy of Mathematics)という標題で発表された。その後の業績に照して見れば、この論文の若干の点は修正を必要とする。そういう所は脚注に指摘しておいた。編集者から、「できるだけロマンチックに」書いてくれ、と頼まれたものだ、といえば、この論文の調子をある程度お察し願えるであろう。
 上記の諸論文は完全に一般向であるが、次の諸論文はやや専門的である。まず、「哲学における科学的方法について」は、1914年のオクスフォードでのハーバート・スペンサー記念講演であって、それを出版した Clarendon Press 社が本書に再録することを認めてくれた。「物質の究極的諸要素」は、1915年初めマンチェスター哲学協会で行なった講演で、同年7月 Monist 誌に掲載された。「感官与件の物理学に対する関係」は、1914年1月に書き、Scientia, an International Review of Scientific Synthesis (Eugenio Rignano 氏が編集し、ロンドンの Williams & Norgate, ボローニャの Nicola Zanichelli およびパリの Felix Alcan の書肆が共同で毎月発行している)の同年の第4号に載せられた。「原因という概念について」は、1912年11月アリストテレス協会の会長就任にさいしての演説であって、同協会の1912〜1913年度の会報に発表された。「直知による知識と記述による知識」も、アリストテレス協会での講演の原稿で、1910〜1911年度の会報に出たものである。
 ロンドンで 1917年9月
The following essays have been written and published at various times, and my thanks are due to the previous publishers for the permission to reprint them.
The essay on 'Mysticism and Logic' appeared in the Hibbert Journal for July, 1914. 'The Place of Science in a Liberal Education' appeared in two numbers of The New Statesman, May 24 and 31, 1913. 'A Free Man's Worship' and 'The Study of Mathematics' were included in a former collection (now out of print). Philosophical Essays, also published by Messrs Longnans, Green & Co. Both were written in 1902; the first appeared originally in the Independent Review for 1903, the second in the New Quarterly, November, 1907. In theoretical Ethics, the position advocated in 'A Free Man's Worship' is not quite identical with that which I hold now: I feel less convinced than I did then of the objectivity of good and evil. But the general attitude towards life which is suggested in that essay still seems to me, in the main, the one which must be adopted in times of stress and difficulty by those who have no dogmatic religious beliefs, if inward defeat is to be avoided.
The essay on 'Mathematics and the Metaphysicians' was written in 1901, and appeared in an American magazine, The International Monthly, under the title 'Recent Work in the Philosophy of Mathematics'. Some points in this essay require modification in view of later work. These are indicated in footnotes. Its tone is partly explained by the fact that the editor begged me to make the article 'as romantic as possible'.
All the above essays are entirely popular, but those that follow are somewhat more technical. 'On Scientific Method in Philosophy' was the Herbert Spencer lecture at Orford in 1914, and was published by the Clarendon Press, which has kindly allowed me to include it in this collection. 'The Ultimate Constituents of Matter' was an address to the Manchester Philosophical Society, early in 1915, and was published in the Monist in July of that year. The essay on 'The Relation of Sense-data to Physics' was written in January, 1914, and first appeared in No. 4 of that year's volume of Scientia, an International Review of Scientific Synthesis, edited by M. Eugenio Rignano, published monthly by Messrs Williams and Norgate, London, Nicola Zanichelli, Bologna, and Felix Alcan, Paris. The essay 'On the Notion of Cause' was the presidential address to the Aristotelian Society in November, 1912, and was published in their Proceedings for 1912-13・ 'Knowledge by Acquaintance and Knowledge by Description' was also a paper read before the Aristotelian Society, and published in their Proceedings for 1910-1911.
London, September, 1917