(本館へ)  (トップへ)  (初心者のページへ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),市井三郎(訳)『社会改造の原理』
(河出書房新社版『世界の大思想』v.26,1969年8月刊。pp.1-155.)

(原著: Principles fo Social Reconstrucition, 1916)
第3章「制度としての戦争」n.2
War as an institution

 良きにつけ悪しきにつけ、世の中に大きい影響力をもつ人々は、通常、三重の欲望に支配されている。第一に彼らは、自分が秀でていると感じる能力を、存分に発揮できるような活動を欲望する。第二に彼らは、抵抗を克服することに成功した、という感覚を欲求する。そして第三に、自分の成功の故に他人から尊敬を受けることを欲するのだ。第三の欲望は、時として欠けていることがある。偉大であった人々のうち、ある者たちは「最後の病患」(市井氏訳注:他人の賞賛を博したい、という欲望を英語の慣用でこのように呼ぶ)をわずらわず、成功したという自分自身の感覚に満足したか、あるいはただ単に、困難な努力をした喜びだけに甘んじた。しかし通例は、右の三つがすべて存在するものなのである。
 ある人々の才能は特殊化されているために、彼らの活動の選択は、彼らの能力の性質によって限定されてくる。また他の人々は青年時代において、きわめて広範囲な潜在的適性をもっているために、彼らの選択は主として、世論がどのような種類の成功にどのような度合の尊敬を与えるか、ということによって決められることになる。
 同じ三重の欲望が、例外的な才能をもたない人々の内にも、程度こそ劣るが存在するのがふつうである。しかしそのような人々は、自分の個人的な努力で非常に困難な何事かを成就する、といったことはありえない。彼ら一人一人にとっては、偉大なことを達成した感覚とか、強い抵抗を克服した勝利感、といったものを獲得することは不可能なのである。彼らの個々の生活は、単調で冒険に乏しいものなのだ。朝起きると、彼らはオフィスか田畑へ出かけてゆき、夕方になると、疲れて口数も重くなりながら、白けて単調な妻子との生活へもどってくる。確実な安全が最高に良きことである、と信じる彼らは病気や死亡に関する保険に入り、非常な昇進の望みはないが、クビになる恐れのまずない就職口を見つけている。ところが確実な安全というものは、ひとたび達成されると、倦怠という復讐をもたらすのである。冒険や空想、スリル、といったことへの要求は、やはりなくはないのだが、ふつうの賃銀労働者の身で、どうしてそれらの要求を満たすことができるだろうか? たとえ満たせるとしたところで、妻や子供のいろんな要求が優先し、それを無視することはかなわぬのである。秩序と優れた組織、というものの犠牲となったこれらの人々に、なんらかの、突如たる危機の瞬間に、ある自覚がやってくる。俺は国家の一員なんだ。祖国は危険をおかそうとしている。困難きわまる壮途につき、勝算も定かならぬ闘いに向かう、というたぎらんばかりの情熱をいだき、シナイ山やエデンの園へ遠征軍を派遣して、冒険心と空想力とをかきたててくれる。祖国のやることは、ある意味では俺のやることなんだ。また祖国の受難は、俺の受難でもあるのだ、と。私人として慎重に慎重をかさねてきた長年月は、公共の狂気へがむしゃらに跳びこむことで、復讐されてゆく。私人として遵守することを学んだ倹約、秩序、配慮、といったおぞましい義務のすべては、公事には適用しなくていいものとみなされる。自己のために無謀であることは悪徳だろうが、国家のために無謀であることは、愛国心にあふれた高貴な行動なんだ、と。文明が否定してきたもろもろの旧い情熱は、大波のように抑え難くその強度を増してゆく(松下注:all the stronger なおさら/surge up (感情が)湧き上がる/for repression/したがって、「旧い情熱は、抑圧されているために、なおさら湧き上がる」とでも訳すべき)。瞬時のうちに、空想力と本能はいく世紀をも往時へさかのぼり、閉じこめられてきた心の牢獄の中から、森に住んだ野性人が解き放たれてゆく。これが、戦争熱というものの、奥深い心理現象なのである。・・・。

 The men who have an important influence in the world, whether for good or evil, are dominated as a rule by a threefold desire: they desire, first, an activity which calls fully into play the faculties in which they feel that they excel; secondly, the sense of successfully overcoming resistance; thirdly, the respect of others on account of their success. The third of these desires is sometimes absent: some men who have been great have been without the "last infirmity." and have been content with their own sense of success, or merely with the joy of difficult effort. But as a rule all three are present. Some men's talents are specialized, so that their choice of activities is circumscribed by the nature of their faculties; other men have in youth, such a wide range of possible aptitudes that their choice is chiefly determined by the varying degrees of respect which public opinion gives to different kinds of success.

The same desires. usually in a less marked degree. exist in men who have no exceptional talents. But such men cannot achieve anything very difficult by their individual efforts; for them, as units, it is impossible to acquire the sense of greatness or the triumph of strong resistance overcome. Their separate lives are unadventurous and dull. In the morning they go to the office or the plough, in the evening they return, tired and silent, to the sober monotony of wife and children. Believing that security is the supreme good, they have insured against sickness and death, and have found an employment where they have ' little fear of dismissal and no hope of any great rise. But security, once achieved, brings a Nemesis of ennui. Adventure. imagination, risk, also have their claims; but how can these claims be satisfied by the ordinary wage-earner? Even if it were possible to satisfy them, the claims realization comes, in some moment of sudden crisis. that he belongs to a nation, that his nation may take risks, may engage in difficult enterprises, enjoy the hot passion of doubtful combat, stimulate adventure and imagination by military expeditions to Mount Sinai and the Garden of Eden. What his nation does, in some sense, he does; what his nation suffers, he suffers. The long years of private caution are averaged by a wild plunge into public madness. All the horrid duties of thrift and order and care which he has learnt to fulfil in private are thought not to apply to public affairs: it is patriotic and noble to be reckless for the nation, though it would be wicked to be reckless for oneself. The old primitive passions, which civilization has denied, surge up all the stronger for repression. In a moment imagination and instinct travel back through the centuries, and the wild man of the woods emerges from the mental prison in which he has been confined. This is the deeper part of the psychology of the war fever.