B.ラッセルのポータルサイト

ラッセル「旧教(カソリック)と新教(プロテスタント)の違い」

出典:牧野力(編)『ラッセル思想辞典

Source: Marriage and Morals, 1929, chapt. 5: ceptical Essays, 1928, chap.5: Christian Ethics

 ルーテル(注:Martin Luther マルチン・ルッター, 1483-1546)は「結婚は火刑より優れている」という言葉に感動した。情熱に動かされて、愛する尼僧と致命的な大罪を犯しかねないのを恐れて独身の誓いを破り、結婚した。
 新教(プロテスタント)は、旧教(カトリック)の特徴である独身賛美を捨て、ある条件付で結婚を容認した。だが、新教は旧教以上に姦通を恐れ、旧教より一掃厳しい道徳的非難の対象にしたので、姦通を犯した者は救われない立場に追い込まれた。この実例は、現代アメリカに見られる。
 キリスト教教育の洗礼を受けてきた西欧人は、陥りがちな先入観をなるべく排除しながら、旧教と新教との双方のキリスト教倫理全体を再検討する必要がある。

(Luther was much impressed by the text “It is better to marry than to burn”, and was also in love with a nun. He inferred that, in spite of vows of celibacy, he and the nun had a right to marry, since otherwise, given the strength of his passions, he would have been led into mortal sin. Protestantism accordingly abandoned the praise of celibacy, which had been characteristic of the Catholic Church, and wherever it was vigorous it also abandoned the doctrine that marriage is a sacrament, and tolerated divorce in certain circumstances. But Protestants were more shocked than Catholics by fornication, and altogether more rigid in their moral condemnations. )