バートランド・ラッセルのポータルサイト


バートランド・ラッセル「教条的宗教の衰退原因」

出典:牧野力(編)『ラッセル思想辞典

Source: Principles of Social Reconstruction, 1916, chapt. 7: Religion and the Churches



 以下は牧野力氏による要旨訳(ただし、少し字句を修正)に英文(原文)を添付したものです。なお、訳文の順序と原文(英文)の順序は変えられていますので、ご注意ください。



ラッセル関係電子書籍一覧
 ギリシア・ラテンの古典の研究(The study of classical texts)、初期の教会史、コペルニクス天文学、物理学、ダーウィンの生物学、比較人類学は、キリスト教カトリック派の教義の体系(the edifice of Catholic dogma)のいずれかの部分を次々と打ち崩し、遂には、自ら考える、教育を受けたほとんどの人々にとって、キリスト教の中で擁護すべき点は、ある内面的な精神、ある漠然とした希望、そして明確ではないが、ある道徳的義務感を人々に与える点だけとなった。・・・
 中世以後、世界が経て来たほとんど全ての変革は、新しい知識の発見とその普及によるものである。 教会は、あらゆる場面で思想の進歩に反対したのと同じ強烈さで、政治的進歩にも反対した。教条的宗教の衰退は、近代世界における重要な事実の一つである。
( The study of classical texts and early Church history, Copernican astronomy and physics, Darwinian biology and comparative anthropology, have each in turn battered down some part of the edifice of Catholic dogma, until, for almost all thinking and instructed people, the most that seems defensible in some inner spirit, some vague hope, and some not very definite feeling of moral obligation. ...
Almost all the changes which the world has undergone since the end of the Middle Ages are due to the discovery and diffusion of new knowledge. ...
Churches have almost everywhere opposed political progress with the same bitterness with which they have opposed progress in thought. ...
... The decay of dogmatic religion is, for good or evil, one of the most important facts in the modern world. ... )