B.ラッセルのポータルサイト

ラッセル「キューバ危機(1962年)」

出典:牧野力(編)『ラッセル思想辞典

Source: Unarmed Victory, 1963, by Bertrand Russell, part II, chap.2: the days of crisis

 下記は牧野力氏による要旨訳に少し手を入れ、英文を追加したものです。


ラッセル著書解題
 キューバ危機(1962年)に関するの(米ソ間の武力衝突回避を求める)意見は、私が共産主義が好きだからではない。私が好んでいるのは民主社会主義であり、共産主義者が「民主的」という言葉を誤用していることに私は激しく反対している。 東ドイツの政権は、共産主義者によってドイツ民主共和国(he Greman Dmocratic Republic')と記載される時、その時は、実際、東ドイツは外国軍隊(ソ連軍)によって作り上げれられた独裁政権であることから、私は怒りを感じるが、しかし、他のあらゆる国際問題よりも、核戦争防止が遥かに重大と考えるので、この問題(核戦争防止)があてはまる場合には、いつも、当然のこと、より一層平和的な側(more pacific party.)を支持すべきである(is due to)、と私は考える。
 以前とは違い(以前はそうではなかったが)、フルシチョフ首相(アメリカによる)キューバ封鎖に対抗しない決心をした点が、彼の敵(ケネディ大統領)よりも称賛に値すると考えたのは、核戦争防止の観点からにほかならない。

( I must repeat what I have said elsewhere, that my opinions as to the Cuban crisis are not due to any love of Communism. My own preference is for democratic socialism, and I am vehemently opposed to the Communist misuse of the word 'democratic'. When the East German regime is described by Communists as 'the German Democratic Republic', when, in fact, it is an autocratic regime established by alien military force, I feel indignant, but I think that the prevention of nuclear war is an issue which transcends in imprortance all other issues in international affairs and, whenever this issue is relevant, I feel that support is due to the more pacific party. It is only for this reason that since, though not before, Khrushchev decided not to challenge the blockade, I have thought him praiseworthy than his opponents. )